バスの発進に使うギアは2速……とすると1速の立場が無さすぎる!?

バスの発進に使うギアは2速……とすると1速の立場が無さすぎる!?

 乗用車のMT車に乗る方はよくご存じだろうが、シフトパターンはニュートラルから左上に押せば1速、下におろして2速というのが普通だ。バスをはじめとする大型車は位置は同じだがそこにあるのは2速。では1速はどこにあるのだろうか。

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)
(詳細写真は記事末尾の画像ギャラリーからご覧いただくか、写真付き記事はバスマガジンWEBまたはベストカーWEBでご覧ください)

■バスは2速発進が基本!

バスで1速はほとんど使わない
バスで1速はほとんど使わない

 現在では運転免許を取る人のほとんどがAT限定免許だそうだ。現実問題としてマニュアル車がほとんど売られていないのだから無理もない。バスも現在はほぼAT車しか売られていないが、現在のところ大型免許(二種を含む)にAT限定はない。

 よって免許を取得する際にはマニュアルトランスミッションのバスを運転することになるのだが、クラッチを踏んで乗用車のようにレバーを上に倒すとそこにあるのは1速ではなく2速だ。そしてバスは(大型車は)2速で発進するのが普通だ。

 1速はどこにあるのかというと、ニュートラルの位置から左に押して下に倒した位置にある。さすがにこの位置では使いにくいが、ほぼ使わないのでこれでよいのだ。

■トルクフルな大型車ならでは

大型車は簡単にはエンストしないトルクがある
大型車は簡単にはエンストしないトルクがある

 貨物を満載すると車利用総重量が20トンほどにもなる大型トラックや、何十人もの人と荷物を載せて走るバスは、トルクが太くなければ動かすことが困難なので、圧縮率の高いディーゼルエンジンが採用される。最近はダウンサイジングで10リッターを超えるエンジンのバスは珍しくなったものの、少し前まではざらにあった。

 そんなに大排気量なエンジンを積んでいるバスは、発進しようとする力が強力なので半クラッチに失敗してもそう簡単にはエンストしない。むしろ車重も軽いがトルクの小さいガソリンエンジンの軽自動車の方がエンストしやすいほど。

高速道路では十分に加速してハイギアにシフトする
高速道路では十分に加速してハイギアにシフトする

 そこで通常の発進では十分なトルクを得られるギア比を2速に設定しているので、1速を使用して発進する機会はほとんどない。しかし乗客満載で登り坂での発進が必要な時などのために1速がある。

■乗用車ではダメです!

AT車はレバーではなくどこかにシフトボタンがある?
AT車はレバーではなくどこかにシフトボタンがある?

 乗用車でも慣れれば2速発進ができないわけではない。シフトチェンジの回数が減るのでたとえば2-4-6速のようなシフトをすると、疑似的にAT車のようなフィーリングになる。しかし半クラッチの状態が長くなることでクラッチの負担が増し、寿命が短くなるので常用はおススメしない。

 乗用車は1速で発進することを前提に設計されているので、ぬかるみや雪道で動力を路面にあまり強いトルクを伝えないほうが発進しやすいなどの特殊な状況でもない限り、2速発進はしないほうが良い。

 マニュアルトランスミッションのバスに乗車する機会があれば、運転士が最初に入れるギアは位置こそ乗用車と同じだが、そこは2速なので知っておくとあなたも立派なバスマニアだ。

【画像ギャラリー】バスの発進に使うギアは2速だ!1速はいずこへ?(5枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!