※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

EV充電器サービスを手がけるユアスタンド、ニッパツパーキングシステムズの機械式駐車場にMode 3 EV充電器が設置可能に。遠隔制御でDR対応充電実現。

配信元:PRTIMES
EV充電器サービスを手がけるユアスタンド、ニッパツパーキングシステムズの機械式駐車場にMode 3 EV充電器が設置可能に。遠隔制御でDR対応充電実現。

 日本は2030年代半ばまでにガソリン車の新車販売を禁止する動きや、脱炭素社会に向けてEV(電気自動車)に注目が集まっており、マンションやオフィスビルなどへのEV充電設備の導入が急がれています。特に都心部では機械式駐車場が多く、二多段式駐車装置の昇降横行式の場合、上下左右の動きをしますので、パレット上に余計な付属品を置いてはいけないというのが原則です。

 

 国が目指すEVシフトに乗り遅れないためには、機械式駐車装置へのEV充電器導入はクリアしなければならない課題であったことから、実際の使用状況を想定した上で最大限安全を確保したMode 3充電器の開発に成功しました(*3)。また、OCPPという国際標準プロトコルによる遠隔制御が可能です。

 

 ※1 リリース予定時期:2023年秋

 ※2 DR(デマンド・レスポンス)とは、消費者が賢く電力使用量を制御することで、電力需要パターンを変化させることです。

 ※3 一部設置不可機種あり。

 

 2022年6月のプレスリリースでは、ニッパツ製機械式駐車場の全パレットに充電コンセント設置可能になったということを発表しましたが、今回は充電コンセントではなく、Mode 3充電器の設置が可能になりました。ニッパツパーキングシステムズが開発した充電器にユアスタンドの充電システムを導入することで輪番充電による電気制御ができ、EV充電の利用者は分単位で「YSアプリ」からクレジットカード決済ができます。



 Mode 3充電器では、充電設備と自動車側との確実な接続確認と、自動車側の確認による通電開始などを行うCPLT機能が内蔵されており、漏電保護の検知もついています。また、充電ケーブルを搭載しているため車載ケーブルを取り出す手間が省け、充電時の利便性にも優れています。そして、出力は最大5.6kWまで切り替え可能ですので、充電時間が短縮されます。



■「第4回マンション総合EXPO」開催日程とユアスタンドの出展ブース番号

 2023年5月25日から2日間にわたって開催される「第4回マンション総合EXPO」に出展しEV充電器の設置を検討している方や、興味のある方へ管理システムの仕組みについてモックアップを使いながらご説明をいたします。

 

 ・開催日程:2023年5月25日(木)、26日(金)の2日間

 ・会場  :東京ビッグサイト 西1・2ホール

 ・アクセス:りんかい線(国際展示場駅から徒歩約7分)

 ゆりかもめ(東京ビッグサイト駅から徒歩約3分)

 ・ユアスタンド出展ブース番号:B2-15



 【ユアスタンド株式会社概要】

 代表者  :代表取締役社長 浦 伸行

 所在地  :〒231-0013 神奈川県横浜市中区住吉町2-24-2 住吉24ビル3階

 事業内容 :マンション、職場への電気自動車充電スタンドの導入・運用

 電話番号 :045-225-9755

 

 【株式会社 ニッパツパーキングシステムズ】

 代表者  :代表取締役社長 樋口 卓郎

 所在地  :横浜市西区北幸2-8-19 横浜西口Kビル6F

 事業内容 :駐車装置及びその付属品・部分品の設計、製造、販売、施工、賃貸借、

 維持補修に関する事業

 電話番号 :045-326-2890

 

 ユアスタンド株式会社

 広報担当:デニス・チア/ 菊池圭祐

 E-mail   :dennis.chia@yourstand-ev.com/ keisuke.kikuchi@yourstand-ev.com

 電話番号:045-225-9755

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000071105.html

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

株式会社 PR TIMES

所在地

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します