路上展示走行はアウトコースがまくり切る? ありえないシーンに興奮!!

路上展示走行はアウトコースがまくり切る? ありえないシーンに興奮!!

 先日、西鉄旅行の企画で西鉄バス北九州と北九州市営バスの西日本車体工業製の58MC型路線バスで営業所を巡るツアーが2日間にわたり催行された。記者は直接参加して取材はしていないものの、バスマガジンweb読者に参加してもらい、撮影した写真の提供を受け、聞き取り取材をすることができた。今回は門司と青葉の両営業所を回る。

文:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】撮り鉄が58MCを撮影するとこうなった!後半も15枚収録(15枚)画像ギャラリー

恒見営業所から門司営業所へ!

 西日本車体工業製・西鉄バス北九州と北九州市営バスの58MC2台で行く営業所巡りツーは砂津(小倉営業所)から恒見営業所へとやってきたのは前回お伝えした。記者が直接取材したわけではないが撮り鉄が「本業」のバスマガジンweb読者が撮影全コマを提供してくれたので話を聞いた。

三角形の停留所形状を生かして西鉄と市営がバス停に停車演出
三角形の停留所形状を生かして西鉄と市営がバス停に停車演出

 そもそも北九州市営バスの路線車が西鉄の営業所に入ること自体があり得ない光景で、市営バスが路線を持っていない門司区内を西鉄とタンデムで走るなど通常はない珍しい光景だ。

 その姿も撮影しておきたいところだが、いかんせんツアーに参加しているので乗車していては撮影は無理だ。そんな「マニア心」にも応えるのが西鉄旅行の演出だ。これについては後述する。

田野浦に市営バスが!

 門司営業所は営業上の停留所名は「田野浦」で、構内にバス停があり三角形の2辺をバスホームとして使用している。

田野浦停留所に市営バスが停車することはあり得ないレアな演出
田野浦停留所に市営バスが停車することはあり得ないレアな演出

 門司営業所では西鉄車も市営車もわざわざ田野浦バス停に付ける演出を見せた。市営バスが田野浦バス停に停まっている姿も通常ではあり得ない。

 そして門司営業所から門司港レトロ地区に行き、全員降ろされる。カーブの出口付近で降ろされた40名はそれぞれのレンズの焦点距離により撮影に備える。その間に2台の58MCは「回送」でもう一度カーブの入り口側に回る。

門司港でスタート展示!競艇ではありません

西鉄がアウトコースからまくりを決めにかかる(という演出)
西鉄がアウトコースからまくりを決めにかかる(という演出)

 カーブ入口付近で他の車がこないタイミングを見て、2車線を使い2台の58MCが並ぶように信号待ちをする。青になった瞬間、2台の58MCがカーブめがけて突進してくる。とはいえ路線バスなのでそれなりの遅さだ。

市営がイン逃げを決めて勝ち(という演出)
市営がイン逃げを決めて勝ち(という演出)

 インコースは市営、アウトコースに西鉄が構え、最初はアウトコースの西鉄が市営をまくっていくように並ぶが、コーナーの出口では市営がイン逃げ切りで1着!周回方向は逆だがまるで競艇の1周1マークを見ているようだ。

次ページは : イン・アウトを入れ替えてもう1周!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ