高速のS.A.を一般道から利用する実証実験シャトルバスに乗りバスしてみた!!

高速のS.A.を一般道から利用する実証実験シャトルバスに乗りバスしてみた!!

 高速道路のサービスエリアに一般道からお買い物スポットとして利用してもらうためのシャトルバスの実証実験が行われている。このバスに乗車したのでレポートする。

文/写真:東出真
編集:古川智規(バスマガジン編集部)

高速道路SAはとても優秀なお買い物スポット?

 高速道路のサービスエリアといえばどのようなイメージをお持ちだろうか。高速道路に設けられたオアシス、休憩所であるのはもちろん、最近は設備やグルメも充実しており 目的地に向かう途中に立ち寄る場所からサービスエリアを楽しむために向かうというほどに人気ある施設になっている。

運行は富士急シティバスが担当
運行は富士急シティバスが担当

 もちろんSAを利用するには車で高速道路を使うのが基本であるが、最近は一般道から利用できる「ふらっとパーク」も各所で増えてきている。

 ただそうではなく、バスでサービスエリアに向かえうことができればどうだろうか。昨年から実証実験が行われているところがあるということで、実際どのようなことが出来るのか体験しに行ってきた。

 その実験が行われているのは、静岡県沼津市である。2022年10月より沼津駅と新東名高速道路にある駿河湾沼津サービスエリア、そして経路上にある商業施設のららぽーと沼津の3箇所を結んで実施されている。

折戸トイレ付きの高速車
折戸トイレ付きの高速車

 ららぽーと沼津は2019年10月4日にオープンした商業施設で、このエリアである沼津・長泉北部地域の周遊観光の促進のため「お出掛けシャトルバス」として実証運行が2月10日までの平日に実施されることになった。

 なお本路線は地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化事業による実証運行となっている。運行は富士急シティバスが行い、なんとトイレ付きの高速バスタイプ車両を使用している。

 まず向かったのは商業施設のららぽーと沼津である。ここから駿河湾沼津サービスエリアに向かうバスが出るので出発時間まで待機する。

 バス停は通常使用しているバス停から少し外れた場所にあり、どこにあるのか見つけるのに探してしまうほどだった。またこのバス停には椅子などはなく、待っている間は休めないのでベンチなどあればと思った。

富士山を眺めながらのプチバス旅

富士山はどこから見ても美しい
富士山はどこから見ても美しい

 出発時間を10分ほど過ぎたくらいにバスがやってきた。ここから乗車するのは筆者1人であった。現在は実証実験中であるので運賃は無料だ。他に乗客もいないのですぐ出発となった。

 ららぽーと沼津から駿河湾沼津サービスエリアを目指す。時刻表によれば約20分くらいの乗車時間のようだ。当日は晴れており車窓からは綺麗な富士山を眺めることができた。

 運行時刻表によれば、この先はまず駿河湾沼津サービスエリアの下り線に立ち寄り、その後に上り線、それから沼津駅へ向かうルートだ。

次ページは : SAを一般道から利用する!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ