圧倒的実力と人気を支える「壊しきり」とは? ランクルが世界中から愛される理由

圧倒的じゃないか! ランクルが世界中から愛されるワケ

 日本の警察力を高めるために設けられた警察予備隊(自衛隊の前身)への導入を目指し、1951年に初代のジープBJが世に送り出されて以来、2021年で生誕70周年を迎えたランドクルーザー。“トヨタの象徴”ともいうべきランドクルーザーが大陸の王者に君臨し続ける所以とは果たして? 新型が登場した今だからこそ、改めておさらいしておきたい。

文/FK、写真/トヨタ自動車、FavCars.com

【画像ギャラリー】奥深いランクルの魅力を堪能しよう


「壊しきり」という厳しい試験を課して他を圧倒する性能を担保

圧倒的じゃないか! ランクルが世界中から愛されるワケ
「壊しきり」をクリアして誕生した40系。トヨタのランドクルーザーへの思い入れの深さ、気合いの入れようがわかる

 1955年にランドクルーザーの名を初めて冠した20系を発売して以降、中南米・中東・東南アジアを中心に輸出地域を広げてきたランドクルーザー。当初の輸出台数は年間100台にも満たなかったが、10年後の1655年には早くも1万台を突破し、今では約170の国と地域で販売。グローバル販売台数もこれまでに累計約1060万台、年間の30万台以上にのぼっている。

 その圧倒的ともいえる信頼性や耐久性の高さも相まって、製造から50年以上が経過した40系が今でも現役で活躍する地域が多数存在するが、そんな信頼性や耐久性の高さを担保しているのが試験車が壊れるまで走り込む「壊しきり」という名の試験だ。

 約100万kmにも及ぶテスト走行を行う壊しきりの目的は“ある基準をクリアしたからOK”というものではなく、“どこでどのように壊れるのか”や“ここまでやると壊れる”ことを確認することにある。

 「行きたい時に行きたいところに行って必ず帰ってこられるクルマ」をコンセプトに掲げるランドクルーザーならではの、万が一どこかが壊れても帰ってこられるようにしなければならない設計思想を垣間見ることができる部分といえるだろう。

世界の○○で発見! こんなところにもランドクルーザー

圧倒的じゃないか! ランクルが世界中から愛されるワケ
世界の様々なシーンで活躍するランクル。それゆえ、知名度も抜群。ランクルが生活に欠かせない存在になっている地域も多い

 このように、トヨタのQuality(品質)、Durability(耐久性)、Reliability(信頼性)を象徴する存在でもあるランドクルーザー。その原点は、“世のため、人のため”というトヨタのクルマづくりにあるといっても過言ではない。

 普段、テレビで何気なく観ている番組の中でも、「こんなところでもランドクルーザーが使われているの?」と思わずにはいられないシーンを目にすることは決して少なくないはずだ。

 例えば、アフリカの国立公園では密猟取締パトロールに使用されていたり、ランドクルーザー第二の故郷というべきオーストラリアでは鉱山の地下1600mの坑内や広大な放牧牧場での牛の追い込みなどに使われていたり、某国の難民キャンプでは診療所に患者を運んだりと、ランドクルーザーは仕事や生活を営むためになくてはならない心強い相棒として活躍しているのだ。

 そう、世界中の人々の暮らしを支え続けることができるだけのフトコロの広さを持っていることこそが、ランドクルーザーが愛され続けている根底にあるのだ。

次ページは : 世界一過酷なダカールラリーではクラス無敵を誇る無類の強さを発揮