一晩寝ても飲酒運転に!? 知っておくべきアルコールの基礎知識

一晩寝ても飲酒運転に!? 知っておくべきアルコールの基礎知識

 飲酒運転による死亡事故は、2007年9月に道路交通法の改正・施行された直後は大幅に減少してきたものの、2008年以降は減少幅が縮小して下げ止まり傾向にあるという。警察庁の発表によると、2020年中の飲酒運転による交通事故件数は、2522件、そのうち死亡事故件数は159件。これは恐ろしい数字だ……。

 クルマは巨大で恐ろしい凶器にもなる。ほんのちょっとなら……といった軽い気持ちでハンドルを握ることで誰かの一生を台なしにしてしまう可能性があるので、くれぐれも飲酒したら運転しないようご注意を。

 ここで、いま一度、飲酒運転の危険性を知って、「飲んだら、乗らない。乗るなら、飲まない」という気持ちを強くしてほしい。また、自分だけではなく、身近で飲酒運転をしようとする人がいたら止める勇気も持ってほしい。

文/室井 圭、医療監修/伊藤重範(医療法人三九会 三九朗病院 循環器内科専門医・総合内科専門医・医学博士)、写真/写真AC

【画像ギャラリー】アルコールのことを知れば、ほんのちょっとなら…の気持ちが抑えられる(13枚)画像ギャラリー

「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」のワケ

一晩寝ても飲酒運転に!? 知っておくべきアルコールの基礎知識
立った時にふらついたり、千鳥足になったり、何度も同じことを喋るなどの行動が見られたら、すでに「ほろ酔い」を通り越し、脳は「酩酊状態」に陥っている!

 先の警視庁の調べによると、飲酒運転の死亡事故率は、飲酒なしの約8.1倍。では、アルコールを摂取するとなぜ正常な運転ができなくなってしまいのだろうか?

 アルコールには脳の機能を麻痺させる作用があり、アルコールが体内に入ると注意力や判断力が低下するだけではなく、四肢の動きが緩慢になる、動体視力が落ちる、視野が狭くなるなど、正常な運転をするうえで必要なすべての身体的機能が著しく低下してしまう。

 具体的には、ビールなら中びん1本、日本酒なら1合、焼酎なら0.6合程度を飲むと、事故の可能性は約2倍になるという調査結果も発表されている。

 「自分は酒が強いから大丈夫」と思う人も多いだろうが、アルコールは体内にごくわずかでも入ると、たとえ酔っているという自覚がなくても、脳や体はいつも通りには機能できなくなってしまう。つまり、体内に少しでもアルコールが残っている時は、運転は絶対にしてはいけないのだ。航空機のパイロットや、電車の運転手の体内アルコール濃度チェックが厳しく行われるのはこういった理由からだ。

 ちなみに、航空業界での飲酒チェックが最も厳しく、呼気検査で呼気のアルコール濃度が0であることが要求されている。

「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」の違いは?

一晩寝ても飲酒運転に!? 知っておくべきアルコールの基礎知識
どんなに自分は酔っていない、正常に運転できていると主張しても、呼気内のアルコール濃度が基準値を超えていたら飲酒運転。無罪放免にしてはもらえない

 飲酒運転には「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」の2種類があり、酒気帯び運転とされるのは、呼気(吐き出す息)1リッター中のアルコール濃度が0.15mg以上検出された状態、または血液1mL中に0.3mg以上が検出された場合だ。

 また、まっすぐに歩けない、受け答えが正常にできないなど、客観的に見て、明らかに酔っている状態の場合は、呼気中アルコールの濃度にかかわらず酒酔い運転と判断される。

 飲酒検問で呼気検査に引っ掛かり、「酒を飲んでから時間が経っている」と主張したり、その場での警官とのやり取りに問題がなかったとしても、呼気内のアルコール濃度が基準値を超えていたら罰則を免れることはできない。

 呼気中アルコールは、酒が強いからといっても体内にアルコールが残っていれば検出される。「酒が強いから少し飲んでも問題はない」なんてことはないのだ。

次ページは : アルコールはどのくらいの時間、体内に残る?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ