2022年のF1 18インチ化でなにが変わる? パワーダウンを狙ったE10燃料とは

 2022年、F1の 18インチ化でなにが変わる? そしてパワーダウンを狙ったE10燃料とは

 来月2月にはF1の新車が発表されるが、注目されるのはそのスタイリングだ。エアロに頼っていたフォルムがグランドエフェクトになり、さらにホイールも18インチになった。そして燃料がE10に変更されることでエンジンパワーと燃料消費がかなり変わるはずで、レースにはどう影響するのか? 元F1メカニックの津川哲夫氏に解説していただいた。

【画像ギャラリー】期待の高まるF1 2022年の新しいクルマで、大胆に変わるホイールやサスペンション、燃料をチェック(5枚)画像ギャラリー

■新車公開は2月からだが、戦略的にテスト初日に公開するチームも

 2021年のチャンピオンが先日のアブダビ最終戦の最終ラップで大騒ぎの末に決まったばかりなのに、それから1カ月もしないうちに2022年のまったく新しいF1が動き始めた。

  2月中旬には既に3チームの新車発表日が決まっていて、下旬にはバルセロナテストが始まる。開幕前にわずか2回しかないテストチャンス、新車を無駄なく効率良く走らせなければ、開幕に向けて新車の仕上げは極めて難しい。

 そもそもエアロもサスペンションも、そしてホイールとタイヤもこれまでとは全く異なり、まさにこのバルセロナテストが全くの初サーキット走行となるわけで、どのチームも走行データは全て未知の領域なのだ。

■18インチの扁平タイヤ化でF1マシンの特性はどう変わる?

 全てが新しいこのF1、これまでと特に違うパーツのひとつが18インチホイールの採用だ。これまでは13インチホイールであったが、ついに近代的な大径ホイールと扁平タイヤへと変更されたのだ。

  この18インチホイールそして扁平タイヤは、普通に考えれば「だからどうした? スポーツカーでは常識だろう」といわれそうだが、これが結構な難物なのだ。ホイール径は5インチも増加してタイヤの扁平率も大きく変り、タイヤの側面、ショルダー部分の厚みは極めて薄くなる。幅も直径も若干これまでよりも増し、タイヤ・ホイールは重さも増加している。

2021年型のフェラーリSF21に装着された18インチホイール。タイヤの側面、ショルダー部分の厚みは極めて薄くなったが、違和感はあまりない

 また、安全性の向上を図るため車体の衝撃耐久など強度剛性も強化され、全体的に重量は増加し、最低重量は何と790kgにまで増えている。昨年から38kgの増加だ。この重くなった車体を扁平タイヤが全て受け止めるのだが、これまでの13インチから充填空気容量は減少し、タイヤでのサスペンション効果は極めて少なくなる。したがって路面からの振動はタイヤでの緩衝が少なくなり、ダイレクトにサスペンションに伝わる。

 ちなみに殆どのF1チームは身内にF2チームを持っており、昨年から18インチタイヤを使っているF2チームからのデータはもちろん充分に持っているはずだが、エアロもパフォーマンスも大きく違うF2からのデータはあくまで基本的なものでしかない。実際タイヤにかかるストレスは、F1とF2では大きく違うのだから。

■足回りは18インチ化だけではなく、サスペンションにも規制変更が

 2022年、今年からF1は今までと違った振動形態を想定したサスペンションが必要になる。また前後サスペンションともに、サスペンションのアッパーアームのマウントブラケットに規則変更があり、これまでの様な上方へのエクステンションは規制され、ごく通常のダイレクトマウント方式になる。したがってこれまでの様な特殊なサスペンションアーム様式ではなく、見た目にはスタンダードなアーム構成になりそうだ。ただしこれはあくまでも予想で、マウント方式が規制されているだけでジオメトリーはもちろん自由であり、サスペンションの構成も自由だからどんな形になるかは新車を見てのお楽しみだ。

 この規則もまたサスペンションアームが後方エアロを乱す渦流の増加に繋がるのを抑えるためだ。

2022年はサスペンションの一部が変更になる。サスペンションの構成も自由だからどんな形になるかは見てのお楽しみだ。写真は2020年メルセデスAMG W11

  18インチタイヤは構造もコンパウンドも異なり、グリップだけでなく温度制御・管理もピレリのデータからシミュレーションはできているはずだが、データが豊富であったこれまででさえ、その制御・管理は難しく、各チームとも頭を悩ましてきたところなのだ。

 そうなると若干でも有利なのは、例えばタイヤ開発に協力してきたアルピーヌだ。ルノー自体がF2にも係わっており、データは多少なりとも手持ちは多いかもしれない。

  タイヤ管理とエアロは重要な関係にあり、ダウンフォースと出力デリバリーのバランスを走行状況に応じて巧みに制御管理できなければ、異常な温度変化をもたらす。特にハイパワー化している昨今、リアタイヤのオーバーヒートやフロントタイヤの冷え過ぎ等、様々な現象を引き起こしてタイヤを痛めてしまう。

 昨年タイヤの温度管理に苦労したメルセデス、もちろんその苦悩はトップエンドでの話だが、タイヤ管理とその交換作戦で昨年のチャンピオンシップを逃している。今シーズン、新規則下のW13でどこまでその制御・管理を向上させるのか?

 また昨年まではグリップ管理に長けたレッドブルだが、新エアロ規則下でどこまでその優位性を保って行けるか?

 そして、他チーム以上に時間をかけて開発をしてきたフェラーリの復活はあるのか? などなど興味は尽きない。

次ページは : ■10%のエタノール含有に改正されたE10燃料とは

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ