3.11の救援・復旧を支えた働くクルマとサムライ達の知られざる物語【救援ルート啓開編】

3.11の救援・復旧を支えた働くクルマとサムライ達の知られざる物語【救援ルート啓開編】

 自動車の受け皿は、いうまでもなく道路だ。道路が通じていなければ、緊急車両も入っていけず、救援物資も運べない。そのことを誰よりもよく知っているから、3.11における国土交通省東北地方整備局の動きは迅速だった。

 1車線・緊急車両のみの通行でもいい、とにかく救援ルートを開くことを「啓開」というが、あの東日本大震災の大混乱の中で、ズタズタになった道路網の啓開に挑み、次々と救援ルートを開いていった、「くしの歯作戦」と称する東北地方整備局の道路啓開のオペレーションは、めざましい成果をあげた。

 そこには、世間でいう「お役所仕事」のイメージはみじんもない。仙台市青葉区の東北地方整備局を訪ね、川嶋直樹企画部長(当時)、林崎吉克道路部道路調査官(当時)に「くしの歯作戦」の舞台裏を聞いた。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部  写真/フルロード編集部・東北地方整備局
*2011年8月発行「フルロード」第4号より

【画像ギャラリー】支援ルートを切り開け!! 東北大震災で活躍した東北地方整備局のエピソード(15枚)画像ギャラリー

3月11日の発災~東北地方整備局の初動の立ち上げ

 東北地方整備局の建物は築56年。マグニチュード9.0は、この建物の壁や廊下、階段などに今も爪跡を残し、「危険箇所」も散見される。

 「立っていられないくらい、めちゃくちゃに揺れました。しかも長かった……。室内は物が散乱して大変な状況でしたが、うちの防災課長は、まだ揺れが収まっていない段階から『災対室に行って!』と召集をかけていました」。

 ちなみに、この防災課長は女性で、その後も震災に動じず的確な判断を下してめざましい働きを見せる、東北地方整備局のサムライの一人である。

 災対室(災害対策室)は、ふだんは使われていないが、災害が起きれば、ここが対策本部となる。大小のDLPディスプレイが数多くしつらわれ、各テレビ局のニュースから国道のライブカメラの映像に至るまで、さまざまな情報収集が可能だ。

大小の多数のモニターで各地のリアルタイムの状況を確認しながら対策を立てる災害対策室。ふだんは使われていない

 災害対策室に集まった幹部や職員は、さすがに呆然自失の呈だったが、ほどなくして情報収集に取りかかる。

 「私どもには『みちのく号』というヘリコプターがあるのですが、これを無人で飛ばすことを防災課長が進言しました。無人というのは、無人操縦ということではなくて、私どもの職員を待たず、委託しているパイロットなどフライトクルーだけで飛ぶことです。

際どいタイミングで飛ばせたヘリが貴重な情報源に……

 これは宮城沖地震を想定しての行動計画に則った措置でもありますが、被災した格納庫からなんとかヘリを表に出し、みちのく号は地震発生から37分後には飛び立っています。

 ご存じのように、その直後に仙台空港は津波で冠水しましたから、本当にきわどいところでした。ヘリからの映像はライブでこの災対室の大型ディスプレイに映し出すことができるのですが、あとからわかったことには、青葉山にある中継局が被災したため、映像はほとんど見ることができませんでした。

ヘリからの情報は極めて深刻だった。津波で流された橋は沿岸部に集中していることがわかった

 ただ、クルーが逐次伝える被災状況を聞いただけでも、これはとんでもないことが起きていると実感しました。また、ヘリと同時に、青森、岩手、宮城、福島の各県庁に課長クラスのリエゾン(情報連絡員)を派遣しました。

 3月11日の夜には、私どもの徳山(日出男)局長(当時)が3つの方針を打ち出します。

 太平洋沿岸に大被害が予想されるので、最悪の状況を想定して準備しなければならない。それにはまず第一に情報収集をしっかりやるということ、二番目が救援・輸送ルートを迅速に啓開するということ、そして三番目が自治体や被災者支援をするということです。

道路啓開は自衛隊や警察などの協力も得て迅速に進められた

 自治体や被災者支援というのは、東北地方整備局の本来の仕事からすればかなり異例のことですが、これは国土交通省の大畠章宏大臣(当時)から、『第一に人命救助。続いて輸送路の確保。予算は考えないでいいし、国交省の所管にとらわれなくてもいい、局長判断で考えられることは全部やってほしい』という明確な方針を受けてのことです。

 震災により各地で自治体機能が失われている状況がありましたから、それを我々ができる限り補完しようということです。

 大畠大臣から『国交省の大臣になったつもりで頑張ってほしい、現場にすべて任す』と言っていただいたことで、我々は非常に動きやすくなりました」。

次ページは : 「すべて現場に任す」の言葉を受け、救援ルートの啓開に挑む