これが…パトカーマニア垂涎「魔改造が得意な佐賀県警」か…2代目プリウスやランクル、セドリックの白黒が現役活躍中!!

無骨な100系ランクルパトカーに感じた違和感の正体は!?

 最後にご紹介するのは100系ランドクルーザーパトカーだ。ランクルのパトカー自体、全国的にもあまり導入されておらず、100系ランクルは高速隊の事故処理車として一部の県警に国費で配備されている程度である。ちなみに福井県警察には120系ランクルプラドのパトカーが存在している。

 佐賀県の山間部など積雪する地域を管轄する警察署に配備されたランクルパトカーは、その性能にふさわしい場所で活躍している。しかしなにかがおかしい。目を凝らすとドアや屋根に「何か」が取り付けられていた跡や金具が存在する。

 担当者に話を伺うと、元は機動隊の現場指揮官車だったものを改造し白黒パトカーに仕上げたという。現場指揮官車とは『DJポリス』でおなじみの屋根の櫓から警察官が指示を出すあの警察車両だ。リア扉も国内仕様には存在しない観音開きとなっており、市販車両ではないことがわかる。

佐賀北警察署古湯警察官駐在所にて活躍するランドクルーザー。元は機動隊の指揮官車だったというから驚きだ
佐賀北警察署古湯警察官駐在所にて活躍するランドクルーザー。元は機動隊の指揮官車だったというから驚きだ

 新たにランクルクラス等の4WD車を新規導入するとなると高額になってしまうため、このような導入の経緯になったようだ。

 このように佐賀県警察では古参車両をはじめ、公用車など様々な車両を独自の架装技術でパトカーとして新たな魂を込めている。県警架装担当者らの技術は、相当レベルが高いものだとうかがい知ることができる。そしてこれらのパトカーを取り扱う警察官らもまた、愛情を持って車両を運用しているのだ。ドライバーの皆さんはこれらの車両のお世話にならないように引き続き安全運転で!!

【画像ギャラリー】佐賀に残るマニア垂涎のレアパトカー、魔改造パトカー最後の活躍を追う!(9枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します