R33スカイライン4ドアGT-Rパトカー仕様も現役で活躍!! 神奈川県警白黒パトカーの実力!!!

R33スカイライン4ドアGT-Rパトカー仕様も現役で活躍!! 神奈川県警白黒パトカーの実力!!!

 先日の佐賀県警察のセドリックなどのパトカー特集に続き、今回は神奈川県警察への取材を敢行した。全国で活躍するパトカーの中には県費で導入されたものも多く存在し、国費モノパトカーの更新サイクルである7~8年を超えて活躍し続ける車両も多いのだ。今回ご紹介する神奈川県警では、2023年現在でもなんと日産クルーパトカーや中期型セドリック、さらにはR33オーテック架装の4ドアスカイラインGT-Rが活躍しているのだ。その詳細に迫った!!

文・写真/有村拓真

箱根駅伝の交通規制に先立って、R33GT-R4ドアパトカーが走行。このようなシーンで見かける機会があるのだ
箱根駅伝の交通規制に先立って、R33GT-R4ドアパトカーが走行。このようなシーンで見かける機会があるのだ
【画像ギャラリー】パトマニア大注目!! 神奈川県警の超レアパトカーを詳細取材、細部に迫った!!(12枚)画像ギャラリー

最後の1台 神奈川県警察本部自動車警ら隊で活躍する日産クルー

 日産クルーは1995年にデビューした。タクシー用途を主として開発されたモデルだ。総排気量約2,000cc、エンジンはRB20Eを搭載している。タクシー用途として製造された車両なので、後部座席左側のドアは乗降しやすいように大きく造られており、結果的に被疑者を車内へ乗せやすい(?)利点も。パトカーとしては1996年頃に国費で配備された昇降機がないタイプのMT仕様、後年、昇降付きでAT仕様のタイプも国費で配備されたが、一部の県には交通取締仕様も存在し、レーダーを載せた仕様のほか、滋賀県警には覆面タイプ(反転灯付)まで存在した。当時、対するトヨタは150系クラウンパトカーが国費で導入され、警ら用(昇降機付)の初期はMT車が、後年にはAT車が導入されたが、交通仕様はパトカー覆面ともにMT仕様のみが導入されていた。

2023年現在でも現役のクルー。他県では絶滅したということだが、神奈川県警では第一線でしっかり稼働している。地域総務課地域指導室、通称『チームはやぶさ』に所属する
2023年現在でも現役のクルー。他県では絶滅したということだが、神奈川県警では第一線でしっかり稼働している。地域総務課地域指導室、通称『チームはやぶさ』に所属する

 今回取材した車両はAT仕様車で2001年登録、県費で導入された。同車が活躍している部署は職質のプロ集団である地域総務課地域指導室、通称『チームはやぶさ』だ。より高度な職質技術を武器に神奈川県内の治安維持のため日夜奮闘している。

90年代に製造された車両に最新の警察無線などが備わっているのは違和感があるが、コンパクトに装備されている。AT仕様だ
90年代に製造された車両に最新の警察無線などが備わっているのは違和感があるが、コンパクトに装備されている。AT仕様だ

 車歴20年超という車両ながら現在も第一線で活躍しており、クラウンと違ってコンパクトなボディを生かした機動性の高さは現場からの評価も上々だという。

次ページは : レアもの中期型セドリックパトカーは今も現役!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号