【名門パルサーはなぜ復活しないのか】日産が小さくて安くて速いクルマを作らない事情

 1990年代の日本では、今では考えられないほどに、スポーツカーが大流行していた。若者達は自動車メーカーのワークスチームが繰り広げるレースなどに夢中になり、速いスポーツカーを手に入れて楽しんでいた。そんな中で、日産が投入した渾身の一台が、比較的コンパクトなボディに強烈なエンジンを積んだパルサーだった。

 当時絶大な人気を得た、パルサーに代表される、ニッサンの小さくて安くて速いクルマ。もう、こうったクルマを日産が作ることは、ないのだろうか。
文:吉川賢一 写真:日産

■日本仕様パルサー、ティーダ、欧州仕様パルサー【写真ギャラリー】


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ