【名門パルサーはなぜ復活しないのか】日産が小さくて安くて速いクルマを作らない事情

 1990年代の日本では、今では考えられないほどに、スポーツカーが大流行していた。若者達は自動車メーカーのワークスチームが繰り広げるレースなどに夢中になり、速いスポーツカーを手に入れて楽しんでいた。そんな中で、日産が投入した渾身の一台が、比較的コンパクトなボディに強烈なエンジンを積んだパルサーだった。

 当時絶大な人気を得た、パルサーに代表される、ニッサンの小さくて安くて速いクルマ。もう、こうったクルマを日産が作ることは、ないのだろうか。
文:吉川賢一 写真:日産

■日本仕様パルサー、ティーダ、欧州仕様パルサー【写真ギャラリー】


■「パルサー」が魅力的に映った時代とは?

 日本国内でスポーツカーが最も輝いていた1980~1990年代、日産はさまざまなスポーツタイプのクルマを登場させていた。

 スカイラインGT-R、フェアレディZ、シルビア、プリメーラ、そしてパルサーなどだ。そんな中、WRCへ参戦を前提として1990年にデビューしたのが、小さなボディに2L、230psを発生するSR20DET型ターボエンジンや、フルタイム4WDシステム「ATTESA」など、当時の日産が持つ技術を集結した「パルサーGTI-R」だ。発売時の価格はなんと227万円だった(1991年式パルサーGTI-R)。

パルサーGTI-R

 当時、日本ではラリー競技を中心としたスポーツ4WD界隈が大盛況だった。ブルーバードSSS、セリカGT-FOUR、ギャランVR-4、ファミリアGT-X、レガシーRSなどが参戦した、自動車メディア主催によるバトルレースなどは、今でも記憶に残っている方も多いはずだ。それらのクルマに憧れ、「自分もそのマシンに乗ってみたい」と、クルマを手に入れる流れが当時はあったのだ。

 圧倒的に支持されていた「コンパクトなスポーツカー」ジャンルではあったが、90年代末にかけ、ミニバンブームが沸き上がったことで、その売れ行きは急降下することになる。そして、とうとう2000年8月、「パルサー」は、日本国内のカタログから落ちてしまった。

1991年第39回サファリラリーに参戦した日産パルサーGTI-R
1997年に、N15型(5代目パルサー)の後期モデルに設定されたライトウエイトスポーツがVZ-R

■実はパルサーは消えてはいない

 パルサーの事実上の後継車は、G10ブルーバードシルフィではあるが、パルサーの小型スポーティーカーとしてのイメージは引き継がず、「環境性能の優秀な上質セダン」へと大きくコンセプトが変わった。ここで、パルサーの系譜は途絶えたことになる。

 しかし、日産はパルサーを完全終了したわけではない。オーストラリアなどでは2000年以降も「パルサー」の名称でブルーバードシルフィを販売しており、2004年登場のC11型ティーダに繋いでいる。

 またC11型ティーダは、日本国内では2012年に販売終了となっているが、その裏では、中国を筆頭に、ヨーロッパやロシアなどで、「C12型ティーダ兼パルサー」が、2011年から日産の世界戦略車として発売されていた。

 さらに2015年からは、欧州で激戦区のCセグメント市場を睨み、「C13型パルサー」を登場させている。VWゴルフ彷彿させるシャープなエクステリア、そしてすっきりとしたインテリアは、ある意味、「ニッサン離れ」した出来のよさを誇っていた。

ハッチバック車が主力の欧州市場ではパルサーは生き延び続け、2014年10月のパリサロンでは「NISMOバージョン」も公開された

 もしこれらの歴代パルサー(あるいは海外仕様のティーダ)が日本国内に順次導入されていれば、話題になっていたかもしれないが、残念ながらそうはなっていない。

■なぜ日本に「パルサー」を導入しなかったのか?

 その理由は、「日本では小さなハッチバックに需要がない」と日産が考えたからだ。

 ここ日本で、小さくて安くて速いクルマが「魅力」だったのは、残念ながら過去の話だ。現在の日本では「大きくて安くて安心できるクルマ」でないと売れない。当時のファンも年齢を重ねていくうちに、「クルマへ求める魅力」は変わっていった。「小ささと速さ」よりも、家族が幸せな顔をして、皆が安心して快適に移動ができる、「大きくて安心」なミニバンなどを選ぶようになったのだろう。

 1990年代は「速く走る=楽しい」という定義が正しいと受け止められたが、現代では「友達や仲間と一緒に過ごす=楽しい」という価値観のほうが、大勢を決めているように感じる。

 少なくとも、自動車メーカーはその流れを感じ取り、ミニバンやコンパクトワゴンを量産し、販売台数を伸ばしてきた。

 往年のクルマ好きや、走り系ジャーナリストやメディアがこぞって言う「楽しいクルマ」は、定義が偏っていると感じる。

「小さくて速いスポーツカーは乗れば楽しさが分かる」のかも知れないが、現代の価値観に即した「メリット」が欠落しているため、その「楽しいはずのクルマが売れない」という時代となっているのだ。

■まとめ

 時代に即した「楽しいクルマ」と、クルマ好きが望む「楽しいクルマ」とのつながりを、自動車メーカーや我々メディアが一丸となって見いだすことができないかぎり、当時のパルサーのような「小さくて安くて速い」クルマは、残念ながら復活することはないだろう。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ