『頭文字D』伝説のクルママンガ 名勝負列伝04 AE86対ランエボIV編


 クルママンガの金字塔、『頭文字D』の名勝負を振り返る本連載の4回目、今回は、拓海のハチロクが当時の最新マシンであったランエボIV(4)とバトルを繰り広げるストーリー。「こりゃ勝てない」、「絶対に勝てないな」、と読者に思わせておいて……結果、どうなったのか? ハチロクとハイパー4WDとの熱戦を紹介していこう(第8巻 Vol.86「ハイテクVS.スーパーテクニック」~第9巻Vol.93「赤城山決戦」より)。
文:安藤修也 マンガ:しげの秀一

■連載第1回 激闘の「vs.RX-7(FD3S)編」はこちら
■連載第2回 ハンデ戦「vs.シビック(EG6)編」はこち
■連載第3回 至高の存在「vs.RX-7(FC3D)編」はこちら

【名勝負登場車種】

■先行:トヨタ・スプリンタートレノ(AE86型)
→ドライバーは藤原拓海。高橋涼介に勝利した後、初アウェイとなる碓氷峠へ乗り込んでシルエイティも撃破。ホームじゃなくても速いことを証明したが、本人は当然、自覚なし。今回のバトル前に洗車をして清々しい顔をするシーンは拓海ファン必見! 超可愛い。

■後追い:三菱・ランサーエボリューションIV
→ドライバーは岩城清次。ランエボだけで構成されるチーム「エンペラー」のナンバー2。愛車を見て「ゾクゾクするほどキレイだ」と絶賛するのは、まわりから見るとキモいが、クルマ好きならその気持ちわからなくもない。ただ、「FR小僧どもをいじめてやろうぜ」などと、FRに親を殺されたのかのような、こじらせ発言を日常的に放っている。

【バトルまでのあらすじ】

 成長を続ける拓海は、碓氷峠でシルエイティに勝ち、妙義山でもS14シルビアとの雨のダウンヒルバトルを制した。だが、妙義のバトル後に、コースへ乱入してS14をブチ抜いたランエボⅣがいた。拓海が「息苦しいくらいの存在感」を感じたこのランエボは、その後も群馬県勢に対して類稀なる戦闘力を見せつける。そして、誰もが「ハチロクの勝率はゼロパーセント」と考えるハイパーマシンが、ついに秋名へ乗り込んできた!

次ページは : 【バトル考察】

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ