クルマ漫画の泰斗しげの秀一氏登場!! 早くも大人気、最新作の主役は「86」

クルマ漫画の泰斗しげの秀一氏登場!! 早くも大人気、最新作の主役は「86」

 2017年9月から『ヤングマガジン』に連載がスタートしている『MFゴースト』(しげの秀一著)。

 本企画ではそのしげの氏に、『頭文字D』との関係や自身の自動車観、これから描きたいことなど、60分にわたってインタビューしました。

(『MFゴースト』は、マンガアプリ「コミックデイズ」で3話まで無料で試し読みができます)

文:ベストカー編集部
ベストカー2018年1/26号より


■主人公の愛車に86を選んだ理由は?

『ベストカー』本郷編集長(以下、本郷) いきなりで恐縮ですが、『MFゴースト』の第7話からトヨタ86が登場して「オオッ!」と思いました。最初から86を登場させるつもりでしたか?

しげの秀一氏(以下、しげの) そうですね。『頭文字D』を描いた時の愛車はAE86でした。前期型の白・黒のトレノ。今の愛車は赤の86、前期型のGTです。自分の愛車を主人公に乗せてしまう、それは、やっぱりクルマのことを知らないとなかなか描けないからです。

本郷 では86を選んだ理由はどのあたりにあるのですか?

しげの 「ハチロク」という響きがとてもいいことが一番の理由です。もうひとつ、主人公として扱うには86ってドンピシャじゃないですか。もちろん『頭文字D』のオマージュみたいなものもあります。

本郷 わたしたちファンからも、しげのさんの作品に86が登場するとうれしいです。

しげの 『スター・ウォーズ』のように、キーワードで読者の心をくすぐれたらと思ったんです。あと『頭文字D』のことで少し付け加えておくと、AE86はボクが有名にしたと思われているけれど、その前から『CAR BOY』とか『Option』といったカー雑誌がAE86を盛んに取り上げていて、大ブームだったんですよ。ボクの愛車が皆を引きつけるモデルだったということは、今でも幸運だったと思っています。

本郷 そうなんですね。しげのさんはAE86が発売になったと同時(1983年)に購入されたとお聞きしました。

しげの そうです。その後AE86が「峠」御用達のカリスマモデルになっていくことなど考えもせずに、単純にかっこいい、それだけで買いました。

 1984年に土屋圭市さんが富士フレッシュマンレースのAE86クラスでドリフトしながら全勝しちゃうんだけど、あれでAE86が凄いクルマなんだと皆が驚いたんですよ。

 新型86のほうは、すっかりクルマとして評価が定まってから手に入れて、作品にしたので、「後出しじゃんけんかな」と思ったりします。

しげの先生の最新作『MFゴースト』では第1話からGT-Rが激走。長年のファンも万感の思い
しげの先生の最新作『MFゴースト』では第1話からGT-Rが激走。長年のファンも万感の思い

次ページは : ■EVもハイブリッドも出場資格がない

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!