新型ヤリス 汚名返上の期待度は? コンパクトカーに革命を起こせるか!? 

 安っぽいヴィッツのイメージ払拭なるか!?

 トヨタ ヴィッツの後継モデル、「新型ヤリス」が2019年10月16日に世界初公開(発売は2020年2月)! ノートやアクア、そしてフィットなど登録車販売の上位を占める、売れ筋の5ナンバーコンパクトカーとして、車名も新たに再出発を図る。

 現在販売されている「ヴィッツ」は通算3代目。広い室内や使い勝手を売りとする一方、2000年に年間16万台を売り上げ、高い評価を得た初代や2代目モデルに対して「質が下がった」との指摘もあった。

 税金が安く、質の高い軽自動車が人気を集め、さらに高価格化が進むなかで、コンパクトカーは今、非常に難しい立ち位置に置かれている。そうした背景があり、以前より元気がないのが実情だ。

 これなら軽で充分。そんなユーザーが増えるなか、コンパクトカーのパイオニアであるヴィッツが改名し、世界戦略車のヤリスとなった。

 新型「ヤリス」は、「ヴィッツ」のイメージを良い意味で払拭することができるのか。

文:渡辺陽一郎
写真:編集部

【画像ギャラリー】質は上がった? 新型ヤリスとヴィッツを写真で徹底比較!


今のヴィッツは質を下げた!? 背景にある2つの理由

2010年に発売された現行型ヴィッツ(写真は2017年改良型)。高い実用性を誇る半面、歴代モデルに対して「質」が落ちたとの指摘も

 初代ヴィッツは、スターレットの後継車種として1999年に発売。欧州などの海外でも売られ、丸みのある外観と上質な内装が特徴だった。

 2代目は2005年に発売され、内装の質や乗り心地をさらに高めた。2001年に初代フィットが発売されて好調に売れており、対抗する目的もあった。

 ところが2010年発売の現行型は、内外装、乗り心地、振動、静粛性などを悪化させた。インパネの周辺は、樹脂素材を意識させる仕上がりであった。

 フルモデルチェンジを行って、ここまで質を下げた車は珍しい。ネッツトヨタ店のセールスマンが「これでは先代型を使うお客様に、新型の購入を提案できない」と悩むほどであった。

 質を下げた理由は主に2つある。

 まずは2008年後半に発生したリーマンショックで、2009年にはトヨタが赤字決算に陥ったこと。2つ目は、2000年代中盤以降のトヨタがライバル車をあまり意識しなくなったことだ。

 それまでのトヨタは、他メーカーが好調に売れるヒット商品を生み出すと、それを駆逐するライバル車の投入や商品改良で対抗したが、3代目ヴィッツの頃には競うことを諦めてしまった。

 この後、ヴィッツはマイナーチェンジを繰り返し、内外装、乗り心地、静粛性などを改善していったが、改良で行える商品力の向上は限られる。しかも現行型は9年間も売り続けたから、設計の古さが目立っていた。

新型ヤリスは新エンジン&車体で渾身の開発

新型ヤリスのボディサイズは、全長3940×全幅1695×全高1500mm。従来型ヴィッツと比較して全長が5mm伸びただけで幅・高さは全く同じ

 そこで新型のヤリスは、新開発の直列3気筒1.5Lエンジンを搭載して、ハイブリッドにも組み合わせる。プラットフォームはTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の考え方に基づく「GA-B」と呼ばれる新しいタイプだ。

 ヤリスのボディサイズは、現行ヴィッツとほぼ同じだ。外観は前方視界を向上させるために、フロントピラー(柱)の位置を100mm以上後方に移した。

 前方視界は確かに向上して、右左折では横断歩道上の歩行者を見やすくなったが、サイドウインドウの下端を後ろに向けて持ち上げたから斜め後方と真後ろの視界は良くない。

 最小回転半径は4.8~5.1mとされ、ヴィッツが4.5~5.6mだから、おおむね良好だ。後方視界に注意すれば、コンパクトカーらしく運転しやすい。

 車内に入ると、ヴィッツの欠点だった内装の造りが向上した。部分的に柔らかいパッドも使われ、コンパクトカーとしては上質だ。メーターは見やすく、エアコンなどのスイッチを高い位置に装着したから操作性も良い。

 シートは刷新され、特に背もたれの下側から座面をしっかり造り込んだ。そのために腰が適切に支えられて着座姿勢が乱れにくく、疲労も抑えられる。

 また、ヤリスのホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2550mmだから、ヴィッツに比べて40mm長い。

 この寸法は主に前輪を前側へ押し出すことに使われ、その結果、ペダルを従来に比べて右側へ寄せることが可能になり、運転姿勢とペダルの操作性も向上。この改良は踏み間違い事故を防ぐ効果も期待できる。

なぜ新型ヤリスは路線変更? 注意点は「後席の広さ」

新型ヤリスの後席。室内の全体的な質感やシートの作りは向上したが、単純な広さでは従来型ヴィッツが上回る

 購入時に注意したいのは後席だ。現行ヴィッツは、開発のテーマに「外観はコンパクトでも広い室内空間と高いユーティリティ」があり、後席と荷室の広さにも重点を置いていた。

 しかし、ヤリスの後席はヴィッツよりも狭い。身長170cmの大人4名が乗車した場合、後席に座る乗員の膝先空間は、ヴィッツは握りコブシ2つ分だがヤリスは1つ半に減る。前後席の乗員間隔は、ヴィッツに比べて37mm少ないからだ。

 さらに、後席の床と座面の間隔も32mm減ったから、座った時に腰が落ち込む度合いも強まった。後席に座る乗員の足が前席の下側に収まるから、大人4名の乗車は可能だが、ヴィッツに比べて座り心地は窮屈だ。

 つまり、ヴィッツはファミリーユーザーも視野に入れて開発されたが、新しいヤリスはドライバーを優先させた設計だ。既存の車種でいえば、内装の質を高めたことも含めて、マツダ2(旧デミオ)やスイフトに近づいた。

 ヤリスがこのような方向に発展した背景には、同じGA-Bプラットフォームを使った今後のモデル戦略が絡む。かつてのファンカーゴのような天井の高い空間効率の優れた車種も追加されるため、ヤリスは前席優先に割り切られている。

 日本では、ルーミー/タンクが好調に売れている事情もあるだろう。この車種は約2年で開発された経緯もあり、走行性能、乗り心地、後席の座り心地が悪い。そこでヤリスを前席優先で開発したという事情もある。

 走行性能も大幅に進化する。新開発された直列3気筒1.5Lエンジンは、ヴィッツが搭載する直4・1.3Lに比べて、動力性能と燃費の両方を向上させる。従来型の改良版を搭載するヤリスの直3・1Lエンジンと比べても、新開発の1.5Lは動力性能に加えて燃費も良くなりそうだ。

ヤリスへの期待と課題 フィットとともに小型車活性化の鍵握る

新型ヤリスのリアビュー。車名とともにデザインや中身においても、従来型とは個性を大きく変えた「勝負のモデル」だ

 今後の課題はNAエンジンのアイドリングストップだ。ヤリスはハイブリッドを除くとアイドリングが停止しない。環境性能の向上やユーザーのニーズを考えると、せめてオプションでアイドリングストップを用意する必要がある。

 プラットフォームとサスペンションは新開発されるので、走行安定性と乗り心地は新型カローラなどと同じ方向へ進化する。ボディとサスペンションの取り付け剛性を高め、基本性能を向上させることで、足まわりを柔軟に動かすチューニングを行う。

 以上のようにヤリスは、ファミリーユーザーには適さないが、1~2名で乗車する用途では選ぶ価値の高いコンパクトカーになる。安全装備に加えて運転支援機能のクルーズコントロールなども用意されるから、長距離を移動するニーズも満足させられる。

 また、今は新車として売られるクルマの37%前後が軽自動車で占められ、軽乗用車の内、80%以上は全高が1600mmを超えるハイトワゴンやスーパーハイトワゴンだ。そうなると商品の性格が異なるため、ヤリスと軽自動車が競合することはない。

東京モーターショーで世界初公開された新型フィット。ヤリスと同じ2019年2月デビューとなり、両車の登場で小型車市場は大いに活性化しそうだ

 ただし、「最近のコンパクトカーには良い車が見当たらない」という理由で軽自動車に乗り替えたユーザーが、ヤリスを購入することは考えられる。ヤリスだけで軽自動車人気にストップを掛けることは不可能だが、コンパクトカーの需要を増やすことには繋がる。

 特にフィットも新型にフルモデルチェンジされるから、新型ヤリスとの相乗効果で今後はコンパクトカーが注目されそうだ。フィットは先代型と同じく空間効率が優れているので、ヤリスとは商品の性格が違う。競争しながら、共存も図れるだろう。

 また、ヤリスと新型フィットが登場すれば、マツダ2、ノート、スイフトなども黙ってはいられない。商品改良や特別仕様車の投入を行う。コンパクトカーの世界が久しぶりに活性化されて、楽しくなりそうだ。

【画像ギャラリー】質は上がった? 新型ヤリスとヴィッツを写真で徹底比較!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ