【ジムニー、RAV4…】売れ筋とはひと味違う味の濃さで選ぶ実力派SUV 5選


 今や世界的なブームにあるSUV。

 SUVとは「スポーツ多目的車」の略で、かつては“クロカン”(こちらはクロスカントリーの略)と呼ばれた悪路走破性に特化した4WD車も広義のSUVに含まれるケースが多い。

 つまり、SUVはその名の通り、実は明確な定義はなく、それゆえさまざまな個性や味を持ったモデルが存在しているのだ。

 現在の売れ筋SUVは、舗装路での使用を基本としたシティ派が中心だが、そうしたモデルとは一線を画す、オン/オフ双方の道を走れる高い性能を有した味の濃いSUVを紹介したい。 

文:渡辺陽一郎
写真:編集部
ベストカー 2019年10月26日号

【画像ギャラリー】まだまだある! 個性あふれる持ち味のSUV


ジムニー「日本の狭い悪路を走るオフローダーならではの味」

スズキ ジムニー(2018年7月登場)/価格帯:148万5000-187万5500円

 ジムニーは日本の狭く曲がりくねった林道に最適なオフロードSUVだ。この悪路指向のメカニズムがジムニーの持ち味になる。

 例えばボール&ナット式のステアリングは、悪路のデコボコを絶妙に受け流すが、舗装路を走る時の反応は最新の現行モデルでも少し鈍い。

 カーブを漠然と曲がれば旋回軌跡が外側へ膨らむが、若干早いタイミングで内側へ切り込むと、想定どおりのラインを滑らかに通過できる。

 ちょっとしたコツが必要な運転感覚も、ジムニーの持ち味だ。

ランドクルーザープラド「ゆったりした乗り味で悪路の疲労も少ない」

トヨタ ランドクルーザープラド(2009年9月)/価格帯:360万3600-546万2600円

 悪路走破を重視した本格的なオフロードSUVで、後輪駆動ベースの4WDを搭載する。

 注目される持ち味は、足回りの動きだ。オフロードSUVの典型で、ゆったりと柔軟に伸縮する。路上のデコボコを直接伝えず、悪路を長時間走り続ける用途にも適する。

 悪路走破力は抜群だ。厳しい使用環境では、ドライバーが疲れたり、走破力が低いがために悪路で立ち往生すると、乗員の生命が脅かされる。

 無事に帰還するために妥協のない開発を行い、それがプラドの持ち味になっている。

次ページは : トヨタ RAV4「悪路と舗装路の両方で高次元な走り味」

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ