【アクティトラック生産終了へ!】素晴らしき技術の塊! 軽トラックは日本の宝だ

 1977年に初代が発売されたホンダ「アクティトラック」。ホンダ初の4輪モデル「T360」や、1967年に発売された「TN360」の後継モデルにあたる軽トラックだが、2021年6月にその歴史に幕を下ろすことが明かされた。

 日本独自の軽トラックというカテゴリーのなかでも、個性的な設計で存在感を示していたアクティトラック。今回はライバルであるスズキ「キャリイトラック」、ダイハツ「ハイゼットトラック」などと比較しつつ、いかに日本の軽トラックが独自に進化を遂げ、優れた製品であるかを紹介したい。

 またホンダには後継となる軽トラックは存在せず、アクティトラックの終了は軽トラック市場からの撤退を意味する。この撤退が今後ホンダにどのような影響を及ぼすのかも考察したい。

文/渡辺陽一郎
写真/編集部、HONDA

【画像ギャラリー】ホンダの技術が光る軽トラック「アクティトラック」とそのライバル


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ