【ロッキー&ライズはC-HRを打倒できるか?】新コンパクトSUV戦争の行方


 2019年11月5日に発売されたダイハツとトヨタの新型コンパクトSUV、ダイハツロッキーとトヨタライズ。

 前評判が高く、早くもヒットの予感がするが、もともとこのコンパクトSUVクラス市場では、トヨタC-HRとホンダヴェゼルが熾烈な販売争いと繰り広げてきてきた。

 2016年12月の発売以来、2017年、2018年とSUV販売ナンバー1を獲得したのはC-HRだが、2019年4月に登場した新型RAV4にSUV販売ナンバーの座を奪われている。ちなみにヴェゼルは、2015年、2016年にSUV販売ナンバー1だった。

 C-HRは、2019年10月18日にマイナーチェンジし、再びSUVナンバー1の座をつこうかとしている矢先に、ロッキー&ライズがデビューしたという状況だ。

 はたして、ロッキー&ライズはC-HR、ヴェゼルを抜いて、SUVナンバー1の座につくことができるのか? 最新の受注状況やC-HR、ヴェゼルとの販売争い、営業マンの生の声など、流通ジャーナリストの遠藤徹氏がレポートする。

文/遠藤徹
写真/ベストカーWEB編集部 トヨタ ダイハツ

【画像ギャラリー】ロッキーとライズはどこが違う詳細写真


ロッキーとライズはどこが違う?

ダイハツが開発・生産する。ダイハツ版はロッキー、トヨタ版はライズとなる。写真はロッキー
ダイハツからOEM供給を受けるトヨタライズ

 2019年11月5日、ダイハツロッキー&トヨタライズが発売となった。両モデルは兄弟車で、ダイハツが開発・生産し、トヨタ販売店に「ライズ」の名称でOEM供給すると同時にダイハツも「ロッキー」のブランドを自社の販売ネットワークで発売を開始している。

 当然、兄弟車だから、ボディパネル、エンジンなどの基本コンポーネントは共通だが、従来のOEM供給の兄弟車とは大きく手法が違っている。基本コンセプトは同様だが、内外装のデザイン、価格帯、カラーリングなどに違いを持たせているのだ。

ロッキーとライズでは顔が違う。ボンネット、ヘッドライトは同一で、グリルとバンパーがそれぞれ異なるデザインになっている。ロッキーは六角形グリルとなる
ヘッドライトはフルLEDで、ロッキーのPremiumとGグレード、ライズのZグレードはLEDシーケンシャルターンランプ付きフォグランプはライズではZグレードがLEDフォグランプ+LEDイルミネーションランプ付き。ロッキーではPremiumとGグレードがLEDフォグランプ+LEDイルミネーションランプ付きになる

 エクステリアデザインはフロントグリルがロッキーだと横長の6角形大型格子状グリルなのに対して、ライズはほかのトヨタ車によく使われている大型台形ハニカムグリルと、その下のブラックメッキ、バンパー組み込みのエアダムの組み合わせとなっており、ロッキーとライズでは顔つきがかなり違う。

 両サイドのフォグランプもロッキーが角型、ライズは丸型を配している。横長のヘッドランプは同じデザインを採用。

 アルミホイールのデザインも違いを持たせ、ライズは回転式スポークで動きを持たせ、ロッキーは左右均等なスポークですっきり感を持たせている。

 室内は同じ黒基調のフロントシート回りを赤線で囲み、コンソール部分はメタルメッキ板デザインでまとめている。

価格はライズの方が2万6000~14万円安い

リアコンビネーションランプのデザインはロッキー、ライズ共通。ランプの点灯パターンも共通 。写真はロッキー。ロッキーのPremiumとGグレード、そしてライズのZグレードにはLEDリアフォグランプ(右リアのみ)が標準装備になる
アルミホイールはロッキーとライズではデザインが異なる

 車両本体価格はロッキーが170万5000~242万2200円に対して、ライズは167万9000~228万2200円で、ライズの方が2万6000~14万円安い。

 これは装備内容の違いによるもので、ロッキーの方が多少ワイルド感を強調し、ライズはシンプルでおとなしめの仕立てとしている。

 両車のカタログを見ると差別化を図っているのがよくわかる。ロッキーは若いカップルがレジャーに出かける雰囲気。ライズは家族連れが遊びに出かけるようなコンセプトを強調。

 装備内容の一例はロッキーだと2トーンカラーや車線変更時の後方確認をアシストする「ブラインドスポットモニター」を標準装備した最上級グレードの「プレミアム」を独自に設定。

 ライズは「スマートアシスト」を搭載しないエントリーグレード「X」をラインアップしているなどの違いがある。

 ボディのカラーリングはロッキーがモノトーン8色、2トーン3色でテーマカラーは、コンパーノレッド、ライズはモノトーン8色、2トーン3色でテーマカラーはレーザーブルークリスタルシャインとなっている。

次ページは : 先行予約開始1カ月の受注台数はロッキーが3500台、ライズが6500台

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ