話題のテスラ新型SUTは何が正解だった!? 渾身のパフォーマンスのはずが!!


 2019年11月22日、テスラがEV(電気自動車)ピックアップトラック「サイバートラック」のアンヴェールイベントをロサンゼルスの会場で開催した。

 シングルモーターの2WDモデルと、デュアルモーターの4WD、トリプルモーターの4WDの3モデルがあり、価格はそれぞれ3万9900ドル(12月6日時点では日本円で433万3924円)、4万9900ドル(542万0120円)、6万9900ドル(759万2513円)からとなっている。同社Webサイトで受注を受け付けており、100ドルで申し込み可能としている。

 実はこの最新モデル、ウィンドウが高い防弾性能を誇ると謳っていた。しかし、そのデモストレーションでまさかのガラス破損という事態が起きてしまったのだ。

 今回はそんなテスラの最新モデルを紹介しつつ、あまりなじみのない防弾ガラスとはそもそもどんな物なのか? 破損したらダメなものだったのかなどを解説していきたい。

文/高根英幸
写真/Tesla

【画像ギャラリー】初お目見えでまさかの事態に遭遇した、テスラ「サイバートラック」をチェック!


■ベンチャー企業としては成功したテスラ

 現時点ではEVベンチャーで唯一成功していると言える企業、テスラ。その躍進の理由は既存の自動車メーカーにはない大胆な発想と、それを実現させる決断力、そして民衆を惹き付ける商品力とその見せ方にある。

 そう、テスラCEOであるイーロン・マスク氏の話術、求心力なくしてテスラは成り立たない。斬新なアイデアが盛り込まれたクルマを開発するだけでなく、それがいかにこれまでにない素晴らしいクルマであるかをアピールして購買欲を煽るのが、テスラのやり方なのである。

 そもそもベンチャー企業なので、投資家から資金を集めてEVの開発や生産を開始したが、企業規模が大きくなった現在では、ファンを育て、予約を集めて予約金を払ってもらうことにより資金を集め、開発や生産設備への投資を可能にしてきた。

■テスラが新たに送り出した斬新なピックアップトラック

 モデルXやモデル3はこうした方法で生産された、テスラ独自のビジネスモデルなのである。そして先日、また新たなモデルが発表された。それがピックアップトラック型のニューモデル「サイバートラック」というワケだ。このクルマにはテスラだけにEVであるだけでなく、ピックアップトラックとしても、これまでにない斬新さが盛り込まれた。

発表された「サイバートラック」。そのデザインはなんとも個性的なものとなっていた

 北米は雨が少ない気候(と言っても広いので実際には気候も幅があるが)とあって、日本よりもオープンデッキなピックアップトラックが使いやすい。しかも乗用車であるSUVと違って商用車のカテゴリーになるため、税金が安く維持費の負担が少ないこともあって人気のカテゴリーだ。

 燃料価格が日本よりも安いことから、フルサイズの大排気量車を豪快に乗り回すユーザーは依然として多い。ピックアップトラックは北米ではSUT(スポーツ・ユーティリティ・トラック)とも呼ばれ、日本のSUVのように人気のカテゴリーなのだ。つまり北米におけるピックアップトラックは、日本の軽自動車と同じくその地域で独自に発展した、その市場だけの固有種のような存在と言える。

 だから、ガソリンの安い北米でEVのピックアップトラックを発売するなら、単に燃料費が安く済むとか、環境に優しいというだけでなく、インパクトのあるアピールが必要だ。そこでマスクCEO率いるテスラは、サイバートラックにインパクトのある要素を盛り込んだのである。

 スタイリングデザインは個人で好みが分かれるところ、好き好きと言える部分だが、まるで30年前のTVゲームから飛び出してきたような、物凄く単純にポリゴン処理されたような大胆なデザインはインパクト十分ではある。

 先日の発表会はインターネットでライブ中継され世界中で視聴されたが、そこでハプニングが起こったことはどこかのニュースで目にしていることだろう。

次ページは : ■防弾ガラスがまさかの破損! でも防弾ガラスとしては正解?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ