マツダ3 SKYACTIV-Xで元は取れるのか? 約68万円高い夢を買う意味

 世界初のSPCCI(火花点火制御圧縮着火)方式を採用した新エンジン「SKYACTIV-X」を搭載したマツダ3が2019年12月5日に発売された。

 しかし、価格を見ると、SKYACTIV-Xを搭載したXグレードは319万8148~368万8463円と300万円オーバー。

 同グレードの1.8LディーゼルXDに比べ40万7407円高、同グレードの2Lガソリンの20Sに比べ68万2407円高、最も安いマツダ3の1.5S(222万1389円)と比べると、97万6759円も高いのだ。

 はたして、マツダ3のSKYACTIV-X搭載車は、なぜこんなに高いのか? 価格に見合った性能や魅力を備えているのか? 価格差、テクノロージーの両面から、自動車テクノロジーライター・高根英幸氏が解説する。

文/高根英幸
写真/ベストカー編集部 ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】マツダ3 SKYACTIV-X搭載車と他グレードの違い詳細写真


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ