SKYACTIV-X搭載のマツダ3はヒット商品となり得るか!??【クルマの達人になる】

 2019年12月5日についに発売された、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載したマツダ「マツダ3」。発売前からその注目度は非常に高かった。

 しかし、フタを開けてみれば、SKYACTIV-Xを搭載したXグレードは319万8148~368万8463円と300万円オーバー。1.8LディーゼルXDに比べて40万7407円高、同グレードの2Lガソリンと比べて68万2407円も高く、クルマ好きしか買わないのでは? と言われてしまっている。この価格差は、遅れて投入されるCX-30でも同じだ。

 マツダとしては自信をもって送り出したはずの新開発エンジンだが、市場の評価は狙いどおりとはいっていないようだ。マツダとして威信をかけて開発した「SKYACTIV-X」はヒット商品として大成できるのか!? 国沢光宏氏が辛口で評価する。

文:国沢光宏/写真:編集部
ベストカー2020年1月10日号

【画像ギャラリー】売る努力がもっと必要! マツダの大本命「SKYACTIV-X」搭載モデルをチェック!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ