【アクセラ スイスポ エクストレイル…】コスパ超絶抜群の狙い目「先代車」4選

【アクセラ スイスポ エクストレイル…】コスパ超絶抜群の狙い目「先代車」4選

 実は最新のモデルより、“ひとつ前のモデル”が買い得な車も!? 旧型車には新型モデルが失った魅力を持ち、新型以上にコストパフォーマンス抜群な車種も存在!!

 新車購入が中心となる最新モデルは、最先端の技術が採用され、燃費・環境性能、そして安全運転支援システムでも進化を遂げているものの、価格は高い。

 一方、ひと世代古くなった先代モデルは、燃費性能や安全運転支援システムなど最新モデルに一歩譲る部分はあるが、購入価格が安く抑えることができるのが魅力だ。

 ただ、価格が安いだけにとどまらず、実は最新モデルが失った魅力をもつ先代モデルも存在するのが旧型車の奥深さ。本稿では、そうした魅力を持つ国産モデルを4台選んで紹介したい。

文:萩原文博
写真:編集部

【画像ギャラリー】アクセラはマツダ3に!! 本稿登場全4台の最新モデルも併せてチェック!!


先代アクセラ「パワフルなディーゼルでコスパ抜群!!」

マツダ 先代アクセラ(2013-2019)/全長×全幅×全高:4470×1795×1470mm、新車時価格:279万1800円(22XD プロアクティブ)

 まず、取り上げるのは現行型がマツダ3へと名称変更を行ったマツダ アクセラだ。

 2019年に販売開始された新型マツダ3は、車両構造技術「SKYACTIVビークルアーキテクチャー」を採用し、ボディの骨格から一新。

 さらに革新的燃焼技術の「SPCCI」により15.0という高圧縮比を実現。24Vのマイルドハイブリッドシステムを採用した、夢の2Lガソリンエンジン「スカイアクティブX」を搭載し注目を浴びている。

 一方、先代モデルは、2013年から販売開始され、5ドアハッチバックの「アクセラスポーツ」と4ドアセダンの「アクセラ」というボディタイプは現行型のマツダ3と同じ。

 搭載されているエンジンは、デビュー当初は1.5L&2Lガソリンエンジン、そして2.2Lディーゼルターボの3種類。

 2016年のマイナーチェンジで2Lガソリンエンジンが廃止され、1.5Lディーゼルターボエンジンが追加され2種類のディーゼルエンジンが選べた。

 そして、アクセラセダンは当初、1.5Lガソリンと2Lのハイブリッドだったが、まず2015年12月に2.2Lディーゼルターボを追加。そして2017年に1.5Lディーゼルターボを追加し、多彩なユニットが選べるのが特徴だ。

 人気の高い5ドアハッチバック車で比較するとマツダ3 ファストバックは、SKYACTIV-Xという技術の結晶といえるガソリンエンジンはあるものの非常に高価。

 ディーゼルターボエンジンは1.8Lとなり、先代の2.2Lと比べると最大トルクが低くなっている。

 それ以上に気になるのは新採用されたシャシーで、マツダ3のサスペンションはフロントがマクファーソンストラット式、リアがトーションビーム式を採用。

 一方、先代のアクセラスポーツは、リアがリッチなマルチリンク式で簡素化されたように見えてしまう。

 シャシーそのものが進化しているので、リアサスペンション形式だけでコーナリング性能が劣るとは思わないが、スペック面で物足りなさを感じてしまうはずだ。

◆先代アクセラの中古車情報はこちら

 そこで先代となったアクセラスポーツの中古車事情を見てみると、流通台数は約1030台、平均価格は3カ月前の約153万円から現在は約148万円と値落ち傾向となっている。

 そのうち2.2Lディーゼルターボ車は約158台で、最も流通台数の多い「XD」の価格帯は約60万~約200万円。100万円以下でもパワフルなディーゼル車が手に入るのは魅力だ。

次ページは : 先代フォレスター「ターボ&MTもあった傑作」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ