【今やHVは珍しくないのになぜ売れる??】販売No.1奪還!! プリウスの長所と課題

 2019年の国内登録車販売台数ナンバー1は、プリウスが2年ぶりに返り咲いた。現行の50系プリウスは2015年12月の登場から5年が経ち、熟成の域へ入っているが、毎年TOP3にはランクインしており、その販売は、いまだ絶好調だ。

プリウス販売台数(2015年から2019年)

 しかし、昨今のクルマにおいて、ハイブリッドエンジン車は、もはや珍しくない。それでもなぜ、プリウスばかりが売れるのか。本記事では、プリウスの長所、そして短所にも迫ってみようと思う。

文:吉川賢一、写真:トヨタ

【画像ギャラリー】首位に返り咲きしたプリウスと2019年登録台数3位までのクルマをみる


プリウスの長所とは?

・街乗りから高速走行まで、十分な動力性能。燃費も良く、静粛性も高い。

プリウスは燃費よく、 静粛性がいいクルマである

 ガソリンタンク容量は43リットル、カタログ燃費がJC08モードで37.2km/L(Sグレード)、実燃費をイジワルに半分と考慮しても、1度の給油で約700kmは走行可能だ。

 燃料もレギュラーガソリンであり、エコノミーである。クルマにそれほど乗らない方であれば、月に一度、6,000円程度(※レギュラーガソリン単価140円で試算)の燃料給油で済むかもしれない。

 2019年登録台数2位の日産ノートは、37.2km/L(e-POWER S 2WD)、3位のシエンタは28.8km/L(ハイブリッド)、アクアが38.0km/L、フィットe-HEVが38.6km/L、いずれもJC08モード燃費である。

ノート e-POWER X Vセレクション(2019年登録台数2位)

 ボディサイズが1ランク上のプリウスなのに、大差がつかないことを考えれば、プリウスが驚異的であることがおわかりいただけるであろう。

・マイチェンでエクステリアが落ち着いた雰囲気に。

 吊り目で昆虫のような50系前期のエクステリアは好き嫌いが別れたが、2016年にこのモデルがバカ売れしていたことを考えると、案外受け入れられていたと考えるのが正しいのかもしれない。

 ただ、2018年のマイナーチェンジでフェイスチェンジを行い、プリウスPHVにも似たそのデザインは、より万人受けするようになったと考えらえる。

4代目プリウス(2018年マイナーチェンジ)

・「アースコンシャスな人」という良いイメージが手に入る

 先進的なイメージがあり、環境性能も高く、そして最も売れている。こうしたステータスが、プリウスを買えば手に入る。

 何やら安全装備もたくさんついているし、なんなら向かいの家もプリウスだし、うちもプリウスがいいや、という思考が働くことも考えられる。「ナンバー1のクルマ」を買えば間違いない、といった安心感が得られるのだ。

プリウスの課題 とは?

 日本市場にあわせたコンセプトで、お客様の方を向き、改良を加えながら製品の完成度を上げているプリウスに、クルマとしての弱点はない。 

使い勝手が良く、定員5名しっかり乗れる車内。

 使い勝手の良いボディサイズ、5名がしっかりと乗れるパッケージング、低燃費、走行性能も良く、ステータス性もあり、「何かお薦めのクルマがないか?」と問われたら、ひとまず「プリウスはどうでしょうか?」となるのは必然だ。

 インテリアにプラスチックが多いとか、センターコンソールがダサい、デザインが嫌いなど、個人の好き嫌いが出る部分に「良い悪い」をいうのはナンセンスだし、そうした些細な部分は課題ではない。

 唯一あるとすれば、「プリウスミサイル」のようなレッテルだろう。ひとたびプリウスが関係する交通事故や交通違反がおきると、メディアやSNSなどによって、狙ったかのように取り上げられてしまう。

 「本日のプリウス」なんていうハッシュタグがある位だ。SNSによる風評は恐ろしい。こうしたSNSの情報に触れた人には、プリウスは敬遠されてしまう可能性もある。

 ちなみに、筆者は「プリウスミサイル」(※シフトがNの状態でアクセルを踏み、シフトをDに入れると急発進する)の実験を30系プリウスで行ったことがある。

一時期、話題になったプリウスのシフトレバー

 Nレンジの状態でアクセルペダルを踏むと、先代30型ではピーという警告音とインパネに「Nレンジです」という画面表示が出る。そのままアクセルペダルを踏み込んだ状態で、Dレンジに入れなおすと、たしかに急発進はできる。

 しかし、この動作はプリウスに限った話ではない。アクセルオンでエンジン音がしないクルマだと、同様の現象を再現できるし、警告音に反応できないドライバーだと起きてもおかしくはない。

 シフトがどこに入っているのか分かりにくい点が悪い、という指摘もあるが、インパネには大きく現在のシフトポジションが出ているし、プリウスが悪いわけでなない。

まとめ

 2020年に入ってからも、プリウスは6000~7000台も売れ続けている。5年目を超えたクルマが、これほどに売れ続けているのは驚異的なことだ。「良いクルマは売れる」ということを、証明して見せている。

 数年後、次期型のプリウスが登場するとき、一体どんな姿で登場してくるのか楽しみだ。

【画像ギャラリー】首位に返り咲きしたプリウスと2019年登録台数3位までのクルマをみる

最新号

ベストカー最新号

【今夏やってくる!?】ヤリスクロスオーバー&キックス最新情報|ベストカー4月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、新型ヤリスクロスオーバーのエクステリアデザイン最新情報と、新型キックス含めた日産SUV新車攻勢の最新情報をお届け。  そのほか、予算200万円から250万円までで買える軽自動車&コンパ…

カタログ