RAV4 30万、アクア25万超も? 今だから値引き購入が狙い目! の理由とオススメモデルたち

 いまだ収束をみない新型コロナウイルス問題。WHOがパンデミック宣言を出し、これで一気に世の中は暗~いモードになった。しかし、ちょっと待て。モノが売れなくなった今だからこそ、逆にこれはクルマの買い時なんじゃないのかとベストカーは考える。

 そこでディーラー事情に超~詳しい遠藤氏に探ってもらった。

 ※なお、経済的観点、社会に及ぼす影響の大きさ等々から、新車ディーラーでは時短対応ながらも営業を続けている。もし足を運ばれる際は、前もっての営業時間等の確認や、可能であれば来店の予約をお願いしたい。

【画像ギャラリー】RAV4 エクストレイル N-BOX フォレスター! 狙い目値引きモデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年3月のものです。本記事は2020年3月26日時点の情報であり、特に納期等についてはは変動の可能性があります
文:遠藤徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年4月26日号


■「今年だけは!」この時期にクルマが安く買える理由

 3月の決算セールが終わりに近づき、4月に入ろうとしている。新年度になると仕切り直しで新車の値引きは3月よりもきつくなり、買い時ではなくなるというのがこれまでのケースだった。

 ところが今年だけは例外で安く買える可能性が高まっている。というのは消費税増税、新型コロナウイルスなどで消費が低迷し、新車の販売が10%以上も激減し、決算セールが不発に終わろうとしているからだ。

 新年度に引き締めたら余計に新車が売れなくなってしまう恐れがある。このため多少値引きを拡大させても1台でも多く売り、自社のシェアを拡大させようと躍起になっている販売店が増えそうな状況にある。

 新型コロナウイルスが蔓延しており、ユーザーは人との接触を避けようと販売店へ出向くのを後回しにしている傾向がある。

「週末のフェアを開催しても、お客さんがあまり来ないので、例年のようなサービス企画用の新聞折り込みのチラシの配布も効果がないとみて一時止めている」(首都圏販売店各社)なのが実態である。

 こんな時に販売店に出向けて購入交渉すれば逆に大盤振る舞いで新車を買えたりするのだ。「決算セールが不発になりそうだから、4月に入っても引き締めず、3月と同じような条件で売るようにしないとますます売れゆき不振になってしまう」(首都圏トヨタ店営業担当者)とコメントする。

 狙い目になっているのは比較的古めの戦略量販車だ。各社の車種は次のとおり。

●トヨタはノア/ヴォクシー/エスクァイアの3兄弟、アクア、RAV4、プレミオ/アリオン。
●レクサスはIS、GS、LS。
●日産はノート、セレナ、エクストレイル、エルグランド。
●ホンダはN-BOX、N-ONE、オデッセイ、ヴェゼルあたりが狙い目。
●スズキはスイフト、ソリオ、アルト、スペーシア。
●ダイハツはブーン、トール、ムーヴ
●マツダはCX-5、マツダ3、マツダ2、マツダ6。
●スバルはレヴォーグ、レガシィ、フォレスター。
●三菱はRVR、アウトランダー、ミラージュ
などが上げられる。

■【トヨタ編】全系列店併売を前にRAV4をゲット

 トヨタは5月から全系列店が全車種併売になるので、兄弟車は一部改良しながら車種整理なども実施する。だから改良前の従来モデルが激安で買える。RAV4などの人気モデルでも大盤振る舞いになるので、お薦めとなる。

●具体的な“狙い目”モデルをピックアップ!

 ノア/ヴォクシー/エスクァイア、アクア、RAV4、アリオン/プレミオが買い時だ。ノア3兄弟は4月27日に一部改良するので、従来モデルを狙えば35万円引き以上が可能。

 RAV4は2019年4月に発売したばかりだが、5月の全系列店併売を前に大盤振る舞い状態にある。30万円突破は確実。アクアはヤリスHVが発売になってから販売不振状態にあり、値引きで勝負している。25万円引きは可能。

 ネッツ店かカローラ店が最も安く買える確率が高い。プレミオは35万円、アリオンは30万円引きが目指せる。

■【レクサス編】値引きゼロ。しかし下取り額上乗せだ

●具体的な“狙い目”モデルをピックアップ!

 IS、GS、LSの3つのセダンが買い時。ISは10月、LSは12月にそれぞれビッグマイナーチェンジする。GSはISの改良に合わせて生産中止する。

 いずれも車両本体からの値引きゼロを基本にしているので、下取り車の買い取り額上乗せなどでのカバーを目指す。各モデル実質15万~20万円引きを目指せる。

 ISはベンツCクラスなど、GSはBMW5シリーズなど、LSはベンツSクラスなどと競合させる。レクサス店は同じ地域に別法人の店舗が複数あり、下取り車の評価額などが異なるので、可能なかぎり数店舗回り交渉する。

■【日産編】値引き幅が大きい車種揃い!

 日産は主軸モデルのほとんどが安く買える状況にある。ノート、エクストレイルはフルモデルチェンジが1年以内の実施と近いので、これをネタに強気で攻めよう。今年は反転攻勢の重要な年と位置づけているのでこれも激安を後押ししている。

●具体的な“狙い目”モデルをピックアップ!

 ノート、エクストレイル、セレナ、エルグランドの4車が買い時。ノートは9月、エクストレイルは2021年1月あたりがフルモデルチェンジの時期だから、次期型の購入検討を匂わせながら攻める。

 ヤリス、RAV4、ノア3兄弟、アル/ヴェルなどトヨタ車と競合させる。日産店、プリンス店の同一車競合も絡ませる。

 目標値引き額はナビ、ETC付きでノート30万円、エクストレイル35万円、セレナ35万円、エルグランド37万円あたりだ。トヨタ、ホンダの登録車ビッグ3のなかでは今最も値引き幅が大きい車種揃いといえる。

■【ホンダ編】オデッセイは37万円値引きを目指せ!

 ホンダは戦略モデルの値引き拡大に加え、残価設定クレジットの1.9%の低金利対象車を増やし、攻勢を強める方向にある。

●具体的な“狙い目”モデルをピックアップ!

 N-BOXは9月、オデッセイは10月にビッグマイナーチェンジ、ヴェゼルは来年1月、N-ONEは今年11月にフルモデルチェンジするのでこの4車が買い時になる。

 N-BOXはタント、スペーシア、ルークスなどとシェア争いを演じている最強ライバル車だから、多彩な競合作戦が効果的。17万円引きが狙える。

 N-ONEはワゴンRなどと対抗。18万円引きを目指す。オデッセイはアルファード/ヴェルファイアに絞って対決させる。37万円引きが目標。

 ヴェゼルはC-HR、スバルXVと対抗。25万円引きが可能だ。

■【スズキ・ダイハツ・マツダ・スバル・三菱編】

 このほかスズキ、ダイハツ、マツダ、スバル、三菱の各社も今年中盤以降にフルモデルチェンジ、マイナーチェンジを実施する戦略モデルを多く抱えているので、激安で買える確率が高くなる。

スズキ】フルモデルチェンジ、マイチェンに合わせて交渉!

 ソリオ、スイフト、スペーシア、アルトが買い時。ソリオは今秋にもモデルチェンジ、スイフトは今夏、スペーシアは年末にそれぞれマイチェンするので、これにタイミングを合わせる。

 アルトは来年あたりが世代交代の時期。値引き額はナビ、ETC付きでソリオが24万円、スイフト23万円、スペーシア16万円、アルト15万円。

 ソリオはタンク/ルーミーなど、スイフトはフィットなど、スペーシアはN-BOXなど、アルトはミライースなどとそれぞれ対決させる。スズキの販売店は同じ地区に複数あるので、可能なかぎり数店舗を回る。

●【ダイハツ】OEMの兄弟車とも競合させるといい

 ブーン、トール、ムーヴが買い時。ブーンはモデルチェンジの時期が見えていないが好条件で買える。トールは今秋当たりにビッグマイナーの見込みだから、次第に好条件になっている。

 ムーヴは8月頃がモデルチェンジの時期で格安。ナビ、ETC付きでの値引き額はブーン22万円、トール23万円、ムーヴ17万円あたりを狙う。

 ブーン、トールはトヨタにOEM供給をしているので、これら兄弟車を中心に対抗させる。ムーヴはワゴンR、N-WGN、デイズと競合させる。扱うダイハツ店の正規店、業販店同士の対決も絡ませて攻める。

●【マツダ】各車トヨタのライバル車と競合させろ!

 マツダ2、マツダ3、CX-5、マツダ6が買い時。これらSKYACTIV技術を採用したモデルは3~4年前から、残価設定クレジットの残価を3~5年後で新車価格に対して35~55%とライバル他車よりも5ポイント以上高く設定して、これを保証する代わりに値引きを抑えて販売するという「スカイプラン」を実施している。

 このため実質値引き額はナビ、ETC付きでマツダ2が18万円、マツダ3が19万円、CX-5は21万円、マツダ6は23万円が限度になっている。各車トヨタのライバル車と競合させるとよい。

●【スバル】別会社の店舗と競合させるのがテだ

 レヴォーグ、レガシィ、フォレスターの3車が買い時。レヴォーグは今秋の9月、レガシィは来年1月あたりにモデルチェンジ、フォレスターは今年6月頃がマイチェンの時期だから、これをネタに強気に攻める。

 ナビ、ETC付きでレヴォーグ34万円、レガシィ36万円、フォレスター33万円引きあたりが可能。

 レヴォーグはカローラツーリング、マツダ6ワゴンなど、レガシィはカムリなど、フォレスターはRAV4などのライバル車と対抗させる。スバル店は同じ地区にひとつしかないので別会社の店舗との競合も絡ませる。

●【三菱】RVRは大幅値引きが可能になっている

 アウトランダー、RVR、ミラージュの3車が買い時。アウトランダーは今秋の10月にモデルチェンジ、ミラージュは4月中旬にもマイチェンするのでこのタイミングを活用する。

 RVRはモデルそのものが古くなっているので大幅値引きが可能。ナビ、ETC付きであればアウトランダー(PHEVを除く)35万円、RVR29万円、ミラージュ21万円あたりが狙える。

 ミラージュは在庫一掃に入っているので、次第にグレードなどにかぎりがある。アウトランダーはRAV4、RVRはヴェゼル、ミラージュはヤリスと競合させる。

*   *   *

■遠藤氏イチオシの値引き作戦は?

 買い方のベスト作戦は週末にトヨタ、日産、ホンダの戦略モデル同士を中心に最強ライバル、同じ車種を扱う別法人との競合を絡ませながら攻めると大幅値引きがゲットしやすくなる。

 購入交渉スケジュールは週末の土曜日にスタートして、翌週の日曜日午後か夕方あたりに決着をつけるような9日間コースがお薦めといえる。

 値引きは車両本体、オプション&付属品を分けて進める。下取り車があればこちらの買い取り額の上乗せ交渉も別に行うとトータルの値引き額を最大にすることが可能になる。

【画像ギャラリー】RAV4 エクストレイル N-BOX フォレスター! 狙い目値引きモデルたちをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ