スープラ タイプR アルファ… これが金メダル!!! 2Lスポーツ 王座決定戦

 輸入車勢に多くの強力モデルが存在する2Lスポーツのカテゴリー。もちろん国産にも、スープラ、マツダ3など最近発売された新型なども含め魅力的なモデルはあるが一番大事なのは買った人が後悔をしないこと。はたしてどのモデルなら“買って損なし”なのか?

 自動車評論家 岡本幸一郎氏に、コストパフォーマンスも加味してランキングをお願いした。輸入モデルが強豪ひしめくなかでの、国産勢の健闘にも期待したい!

【画像ギャラリー】いま買うならどれ? 2Lスポーツカーのラインナップをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年4月のものです
文:岡本幸一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2020年5月10日号


■600万円以下 国内で買える“後悔しないスポーツモデル”は??

 買って損はないということで、運転する楽しさに加えて、価格の上限をもの凄ーく頑張れば誰でもなんとか手に入れられるであろう600万円を目安にコストパフォーマンスを重視して選んでみた。

 そもそも日本勢は2Lのスポーツモデルというとノミネートできるクルマ自体が限られるのに対し、逆に輸入車は2L直4ターボを何らかの形でラインナップしており、モデルは豊富。

 そのなかで価格がさほど高くなく、乗って楽しめ、お題のとおり買って損はないと思われるクルマは?

 金メダルは、いきなり少し600万円をオーバーするけど、スープラSZ-Rに与えたい。

●金メダル…トヨタ スープラSZ-R

BMWとの協業により17年ぶりに復活。SZ-Rは3グレード用意されるなかのミドルグレードとなり、258ps/40.8kgm発生の2L、直4ターボを搭載する。お値段は600万9259円

 いま乗っていたらそれだけで非常にポイント高いし、ハンドリングは一級品でドライブして楽しい。

 むしろ直6を積むRZよりも軽快で楽しいくらいだ。逆に100万円ほど安いSZは、見た目も装備もショボイのであまりオススメしない。

 MINIはクーパーS以上が2L4気筒ターボで、クーパーSでも充分に楽しいんだけど、少し頑張ればはるかに刺激的で特別感のあるJCW(ジョン・クーパー・ワークス)が狙える。

●銀メダル…MINI ジョン・クーパー・ワークス

ジョン・クーパー・ワークスはコンバーチブル、クラブマン、クロスオーバーにも設定されるが、MTを選択できるのは普通のミニのみ。170psを6速MTで操れ! 448万円

 価格は一見高いけど標準装備品が充実するので、決して割高ではなく、むしろ考え方によってはクーパーSに対しても買い得感がある。

 さらに頑張れるなら限定の「GP」もあるぞ。全世界3000台の限定生産で、日本には240台が割り当てられる。576万円もするけど、走りも凄そうだし、値落ちも小さそう。買って損はないという意味では本命かも。

 銅メダルは、ぜひもっと多くの人に目を向けてほしいという思いも込め、ジュリアに与えたい。

●銅メダル…アルファロメオ ジュリア ヴェローチェ

280ps/40.8kgm発生の2Lターボに8速ATが組み合わされるFRセダン。589万円

 FRになり、ここしばらくのアルファとは走りが見違えており、ハンドリングは俊敏で、エンジンも痛快に吹き上がる。

 見た目もご覧のとおりスタイリッシュだ。本命はヴェローチェ。ぜひ乗る機会を作って、この走りを味わってみてほしい。

 4位以下だが、究極的なFF車といえるシビックタイプRもやっぱり凄い。

●4位ホンダ シビックタイプR

モデル切り替えの関係で現在はカタログ落ちしているが、夏には改良版が登場する予定

 エンジンもハンドリングも絶品で、空力を駆使してFFながら信じられないほどトラクションを実現している。

 これを400万円台で味わえるというのだから、買って損はない。

 登場から時間が経過したなかにも魅力的なクルマはある。その筆頭がFRのほうのBMW2シリーズだ。

●5位…BMW 220i クーペ M Sport

搭載する直4ターボは184pss/27.5kgmの出力を発生。ミッションは8速AT。553万円

 ストレートシックスを積むM2やM240iはもちろん魅力的だが、価格も高いので、予算内に収まる2L直4の220iを挙げたい。コンパクトFRならではのハンドリングは文句なくドライブして楽しい。

 同じく適度なサイズとパワーを持つFR車として人気の高い86/BRZも、そろそろ次期型の情報が出はじめた今、完熟の域に達した現行型を狙うというのも大いにアリだ。興味のある人がいたら背中を押してあげたい。

●6位…トヨタ/スバル 86/BRZ

2012年デビュー。2017年の改良で走行性能が向上した。水平対向4気筒エンジン搭載(写真はBRZ)

 あとはこんな感じ。アウディTTとカマロはエントリーモデルなら意外と安いことに気づくべし。この2台なら走りはもちろん、手に入れた満足感も高いに違いない。

 WRXはEJ20を搭載するSTIが昨年末で受注が終わったけど、DITのFA20を積むS4ならまだ買える。

●8位…スバル WRX S4

STIの受注終了後ひとり気を吐くWRX S4。搭載する2L水平対向4気筒ターボは300ps/40.8kgmの出力を発生

 こちらもこんなクルマが約350万円で買えるなんて驚異的にコスパ高し。ただし、惜しむらくはCVTであること。これで出来のいいATかDCTならよかったんだけどね。

 出て間もないマツダ3は、もう少し全体的に改良されることに期待だけど、デザインが大好きとか鳴り物入りのSKYACTIV-Xに早く乗りたいという人は今買うのもいいだろう。

●10位…マツダ マツダ3

昨年デビューしたばかりのマツダ3。156ps/20.3kgm発生の2L NAを積み、250万円台から狙える20Sがオススメ

 コスパ的には20Sのほうが買い得感が高くてオススメ。ハンドリングはセダンよりファストバックのほうがスポーティな味付けだ。

 あとは次期ゴルフGTIが上陸したら上位入賞は確実か。

■最終結果
・金メダル…トヨタ スープラ SZ-R
・銀メダル…MINI ジョン・クーパー・ワークス
・銅メダル…アルファロメオ ジュリア ヴェローチェ
・4位…ホンダ シビックタイプR
・5位…BMW 220iクーペ M Sport
・6位…トヨタ/スバル 86/BRZ
・7位…アウディ TT 40TFSI
・8位…スバル WRX S4
・9位…シボレー カマロLT RS
・10位…マツダ MAZDA3ファストバック20S

【画像ギャラリー】いま買うならどれ? 2Lスポーツカーのラインナップをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ