なぜVWゴルフは「クルマの通」に好まれるのか? 地味だけどプロからは絶賛!!


 フォルクスワーゲンが誇る、欧州Cセグメントのハッチバック「ゴルフ」。日本では、まだ7代目が販売されているが、欧州地域では、すでに8代目へとモデルチェンジをしている。

 1974年に初代が発売されて以降、半世紀近くにわたって、グローバルで愛されているクルマだ。

 特に、自動車ジャーナリストや評論家、自動車メディアなどによる評価が、昔から非常に高いクルマで、世界中の自動車メーカーもベンチマークとして見ており、常にそのクルマの作りは注目されている。

 なぜ、ゴルフはジャーナリストに好まれるのか。その答えは、シンプルな見た目からはかけ離れた奥深い性能と、通好みのセッティングにある。

文:吉川賢一、写真:VW、池之平昌信、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】日本未発売のVW 8代目ゴルフをみる


なぜジャーナリストはゴルフを引き合いに出すことが多いのか?

7代目ゴルフ

 ゴルフは、とにかく、内外装ともに「真面目過ぎてつまらない」といわれるほど、真面目で質実剛健なクルマだ。外装のデザインも実にシンプルで、はっきり言えば地味。

 しかし、荷物をたくさん載せ、毎日数百キロも高速移動をするような使い方をしても、ドライバーに疲れを感じさせない。

 タイヤ、サスペンション、シート、ボディ剛性、空力、パワートレイン、そして運転支援技術など、ドライビングに関するすべてが、高い水準で考え抜かれているクルマだ。

 ドアを閉じたときの「ガシン」という音からも、クルマへの信頼感が感じられる。内装に関しても、素材の手触りまでしっかりと作り込みがなされており、質感の高いインテリアを実現している。

 また、流行りのメーターディスプレイを他社に先駆けて採用するなど、先進性にも優れている。

動性能が優れており、すべてにおいてバランスがとれたクルマである

 そしてなにより、ゴルフは、動性能が優れている。高速安定性、コーナリング、乗り心地、ロードノイズ、パワートレイン振動、動力性能、ブレーキング、小回り、燃費、全てにおいて、バランスが良くとれたクルマだ。

 うねりのある道でも、ボディが揺れはするがおさまりは良く、進路も乱されずに、何事もなかったかのように走り抜ける。

 音振性能にも優れており、ロードノイズが非常に静かで、ワンランク以上、上の車格のクルマにも並ぶほどだ。ゴルフが一家に一台あれば、日常生活でクルマを使うシーンで、たいていは満足できる。

 このように、筆者も含めた自動車ジャーナリストや評論家たちの間では、VWゴルフを高評価としていることが多いのだが、実は、ひとつひとつの性能を取りあげれば、国産車のハッチバックでも優れているところは多くある。

ゴルフは一般解ではなく、特殊解の一つと考えるべきクルマ

マツダ3のディーゼルエンジンも良い。それでもゴルフが良いのはなぜか?

 例えば、燃費ならばカローラスポーツHYBRIDの方が良いし、車室内の広さはインプレッサスポーツの方が広く感じるし、ディーゼルエンジンもマツダ3の方がエンジンノイズも静かだしトルクの出し方も品が良くも感じる。

 そして、この3台とも、コーナリング性能に関しても、ゴルフに負けているとは決して思えない。

 高速直進安定性も、ACCとレーンキープアシストを入れて走るのが一般的になった今では、どのクルマも並んでいるような状況だ。それでも、ゴルフが好まれる理由とは何か。

次ページは : ゴルフが好まれる理由とは?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ