新型ルノークリオ(ルーテシア)の魅力!! 王道ど真ん中ホットハッチ、これ売れるぞ!!

 欧州市場ではボディサイズによって「セグメント」という呼び方で区分けをしている。中でも、最も需要が多いのが、全長4100mm以下のコンパクトカーが所属するBセグメントだ。そして、この熾烈な争いが繰り広げられている欧州Bセグメントで一位を獲得しているのが、ルノーのコンパクトハッチバック「クリオ(日本名ルーテシア)だ。

 欧州では2019年にモデルチェンジが行われ5代目が販売されているが、ここ日本では、まだ4代目が販売されている。本記事では、欧州ナンバーワンのフレンチハッチバック「ルノークリオ」の魅力に迫ってみようと思う。

文:吉川賢一/写真:RENAULT、VW、FORD、PEUGEOT、DACIA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】いまこれがアツい!2019年欧州BセグTOP5のクルマを写真でチェック!


欧州販売台数ランキング。Bセグメントでの販売台数1位はルノークリオ、VWポロが2位、フォードフィエスタが3位だ

グラマラスで高クオリティ

 Bセグメントは、日本でいうところのヤリスやフィット、ノートといったコンパクトカーに近いサイズのカテゴリーだ。ただし日本の5ナンバーサイズのような厳密なボディサイズの基準はなく、おおよそのサイズ感で分けられており、全長3800 mmから4200 mm、全幅は1695mmから1750mm程度のサイズであれば、「Bセグメント」と呼ぶ。

 2019年5月に販売開始した、5代目となる新型クリオのボディサイズは4050×1798×1440(全長×全幅×全高[mm])、ホイールベースは2583mm。先代に対し、全長は45mm短縮、全幅は48mm広がり、全高は5mm下がった。また、ホイールベースは17mm短縮されている。全長は短いながらも、VWゴルフ並にワイドボディとなり、フェンダー周りのボリューム感が増し、非常にグラマラスになった。

メガーヌと共通のシグネチャーランプは、フロントの印象を引き締めている

 また、エクステリアの雰囲気は一見、4代目と変わりないようにも見えるが、メガーヌのようなヘッドライトのシグネチャーや、窓の淵についたメッキモールなど、細部のクオリティが向上している。インテリアは、ダッシュボードに縦型の大型モニターを備えていたり、サイドサポートがしっかりと効いたボリューム感のあるフロントシートなど、非常に高クオリティだ。

大きな縦型の液晶モニターが目立つ。ピラー窓も広いので前方左右の死角も少ない

 パワートレインは、直列3気筒ガソリン、直列3気筒ガソリンターボ、直列4気筒ガソリンターボ、直列4気筒ディーゼルターボと、欧州車らしくバラエティに富んでいる。そして、ここにさらに注目のフルハイブリッドシステムが追加となる。

新世代のハイブリッドシステム「E-TECH」も

2020年6月より、新開発のハイブリッドシステム「E-TECH」を搭載するクリオE-TECHの受注が開始となった。このE-TECHは、ルノーのエンジニアリングによって開発され、ルノー日産三菱アライアンスで、構造部品を共用する。新型クリオのE-TECHシステムは、1.6リットル直列4気筒エンジンに2つの電気モーター、マルチモードギアボックス、蓄電容量1.2kWhの230Vリチウムイオンバッテリーを組み合わせる。エンジンとモーターを合わせたシステム最大出力は140psだ。

E-TECHは、スターター兼発電用モーターと駆動用モーターの2基搭載する

 E-TECHシステムでは、クラス最高レベルのレスポンス、優れた燃費、減速時の素早いバッテリー充電など、最大限の効率を追求しているという。

 ルノーによると、都市部の走行では、その8割をEVモードで走行が可能。市街地走行では同クラスのガソリン車と比較して、最大4割の燃費向上、EVモードで最高速75km/hでの走行が可能だ。WLTPモードでは23.2km/L、CO2排出量は96g/kmを達成するという。

全幅が1798mmと、ほぼゴルフと同じ車幅になったことで、よりスタイリッシュなエクステリアを手に入れた新型クリオ

 CMF-Bを使うジュークやマイクラ、そして三菱の新型RVRには、間違いなく搭載されるだろう。ただし、立派なギアボックスを持っており、エンジン動力による走行も可能な様子を見ると、日産のe-POWERのように常にモーター駆動のシステムとは異なる。

 スピードレンジが高い欧州で販売する日産車・三菱車への搭載にとどまる可能性が高いが、ワンペダルドライブも可能ということから、このシステムが次世代e-POWERとして導入される可能性もある。となると、WLTCモード燃費23.2km/Lという控えめな数値は、ライバルに対してはやや心許ないが。

気になる日本市場への導入は?

 こうして、正常進化をした5代目クリオは、先代に続いて欧州市場でヒットしており、冒頭で紹介したように、2019年もBセグメント1位を達成している。

 気になる日本市場への導入時期だが、欧州での発売開始から1年後の2020年前半~夏頃という情報があったが、販売店による予約や事前受付は2020年6月時点でまだ始まっておらず、どうもこのコロナ禍により導入が遅れているようだ。販売台数が半減以上となった欧州の生産工場の状況など加味すると、半年ほど遅れる可能性もあるだろう。

 車幅が1800mm近くあるコンパクトハッチは、日本車にはない。一日でも早く、導入してほしい一台だ。

【画像ギャラリー】いまこれがアツい!2019年欧州BセグTOP5のクルマを写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ