伝説のコースで本気のレースが1人1万円ちょいで楽しめる!!「エコカーカップ」参戦記!!


 読者諸兄は富士スピードウェイで年に2回開催されている「エコカーカップ」をご存じだろうか。

 ドラテクだけでなく、知恵とチームワークをフル動員して「速さ」と「燃費」と「タイムを揃える慎重さ」を競うレースである。

 JAFライセンスはいらないし、ヘルメットとグローブさえあればレーシングスーツもいらない。愛車で気軽&安価に参加できる、いま一番お薦めのレースといえる。

 【※エコカーカップのレギュレーション等は公式サイトでぜひご確認ください】

 このたびトヨタ自動車広報部より「出てみない?」とのお誘いを受け、よーしいっちょうやったるか!! と、ベストカーWeb編集部の編集部員S、T編集長、カメラマン池之平昌信さん、

 そして自動車ジャーナリストの鈴木直也氏と4名で富士スピードウェイに乗り込んできました! そしたらなんとまあ楽しいこと楽しいこと!

 この楽しさをぜひ皆さまに分け合いたく、本記事をお送りいたします!!

文:鈴木直也&ベストカーWeb編集部 写真:池之平昌信


■最新アクアで参戦!! これなら勝てる!?!?

文:鈴木直也

 モータースポーツから引退して久しいぼくだけど、たまにはレースっぽいこともやってみたい。

 そんな折に嬉しいオファー。ベストカーWebのT編集長から「一緒にエコカーカップ出ませんか?」というお誘いが舞い込んだ。

 この“エコカーカップ”、競技ライセンス不要のお手軽なサーキットイベントなのだが、その内容はとっても奥が深くて面白い。

 基本的なルールは、富士スピードウェイのフルコースを決められたラップタイム(われわれの出場した180分耐久では1周3分15秒)で走り、フィニッシュした順位と燃費のトータルポイントで順位を決めるというもの。

 これだけなら「なんだ、簡単じゃん!」とタカをくくってもおかしくない。

 今回われわれのベストカーWEBチームは先日マイチェンしたばかりの新型アクアでエントリー。燃費性能はいうまでもなく国産トップクラスだし、コンパクトで低重心だからフットワークも軽快。

 まずはライバルのメディアチームを抑えて予選を29位(エントリーは75台)でこなし、順調に決勝にコマを進めることとなった(予選はタイムアタックのラップタイム順)。ナメてたわけじゃないけど、ここまではえらく順調だったのだ。

レギュレーションで「最低5回ピットストップすること」があり、4名のドライバーは全員走ることに。作戦は「なるべく3分15秒近くで走って、10周回ったらピットイン」という、非常に大雑把……もとい大胆なものだった

■「ちょうど3分15秒で走る」という難しさを実感

 ところが、じっさいに決勝をスタートしてみると、これがドえらく難しい!

 まず、出走75台というものすごいトラフィックの中では、予定したペースで走ることがそもそも至難の技となる。

 今回わがチームはラップタイム管理用にiPadに「DigSpiceⅢ」のGPSロガーシステムを用意して万全の体制で臨んだのだが、トラフィックに巻き込まれるとセクター単位で予定どおり走るなんてとてもムリ。

 どうしても最終コーナー付近から残りタイムを調整するハメになってしまう(もし3分15秒より早くコントロールラインを越えてしまった場合はペナルティ)。

 燃費を気にすればトラフィックにはまってタイムをロスするし、空きスペースを求めて抜いてゆこうとすると燃費が落ちる。

 しかも、速く走りすぎても(ラップタイム3分15秒以下)遅く走りすぎても(180分で50ラップ未満)ペナルティが待っている。

 そんな中、1度ならず2度もドジを踏んでペナルティを食らう大失態を演じたのが他ならぬこのワタシ(早着2回)。

 35位という振るわない結果に終わったのは、チームメイトの足を引っ張ったぼくに大きな責任がある(スンマセン)。

 ま、言い訳するわけではないが、このエコカーカップで上位を狙うのは、かくのごとく容易ではないのだ。

全長約4.6kmの富士スピードウェイ本コースとはいえ、75台も走るとコーナーはご覧のありさま。これをいかに速く抜けるかが勝負の決め手になる

次ページは : ■燃費を落とさずペースをキープする繊細さ