新型ベンツGLAの魅力と実力 最強のエントリー高級SUVか!?

 2020年6月25日、メルセデス・ベンツ日本が開催したWeb発表会において、SUV「GLA」の初のモデルチェンジ、および予約注文の受付開始を発表した。7 月頃から納車が始まるという。

 GLAは、メルセデスのエントリーSUVで、現行モデルは2014年にデビュー。先代のAクラス(W176)をベースに、都市部での走行が似合う、クーペ風のスタイリッシュなデザインで人気のモデルだ。 2019年にAクラスが新型のW177型に切り替わったことで、GLAも新世代へと置き換えられることとなった。

 今回は、この新型GLAの特徴を確認しつつ、新型GLAの強みと弱みについても確認していこうと思う。

文:吉川賢一/写真:Mercedes-Benz、BMW、LEXUS、Audi、TOYOTA

【画像ギャラリー】メルセデス、レクサス、BMW…プレミアムブランドのエントリーSUVを写真でチェック!


完璧なる正常進化を果たした新型GLA

 今回の新型GLAが世界で初公開されたのは2019年12月。その後、2020年4月28日になって、4月末より欧州市場で販売を開始し、順次、その他の地域でも販売を開始すると発表した。

 新型GLAのボディサイズは、4410×1834×1611mm(全長×全幅×全高)。初代モデルと比較して、全長は14mm短く、全幅は30mm広く、全高も104mm高くなり、これまでのハッチバックSUVから、いわゆるミドルサイズSUVへと進化した。参考に、RAV4は4600×1855×1685mmなので、全長、全幅、全高ともにGLAの方が若干小さく、実に扱いやすいサイズだ。

初代GLAよりもSUV感が強くなったように見える。グリル内には、メルセデス・ベンツのSUVに共通する特徴的なデザインのルーバーが装備される

 特に全高を高めたことで、ヘッドクリアランスは大きく広がり、窮屈さはなくなった。またホイールベースも30mm広がり2729mmになったことで、後席の足元は広くなり、先代の弱点だった後席居住性も大きく改善している。

新型GLAは前後のオーバーハングが短く、全体にパワフルでありながら、クーペ
のようなスタイリッシュな、曲線を用いたデザインが特徴

 日本市場で販売される新型GLAのパワートレーンは、現時点、最高出力150PS(110kW)、最大トルク320Nmを発生する2.0リッター直4ディーゼルターボのみとなる。それを8G-DCTと組み合わせ、駆動方式は4WDの「4MATIC」を用意する。価格は税込502万0000円だ。

 また、日本での発売は未定だが、まるでジェット機のような途切れることのない加速感覚を実現するというハイブリッドシステム「EQ Power」(直噴ターボエンジンと高出力モーターの組合せ)を搭載したモデルも予定されており、さらに、フルEVの「EQA」も開発中だ。

 もちろん、ACCやレーンコントロールアシスト等、現時点考えうる先進装備はフル装備されるし、「ハイ、メルセデス」でお馴染みの対話型インフォテイメントシステム「MBUX」も採用される。

 また4MATIC車には、「オフロードエンジニアリングパッケージ」なる機能も標準装備。オフロード走行モードを選択すると、エンジン出力制御やABS制御によって駆動力をコントロールし、本格的なオフロードコースでも高い走破性を発揮する。

フロントからリアにかけてボディの下部を飛び石などから守るプロテクターが装備されている

 というように、現時点分かっている情報を並べると、今回の新型GLAには、まるでスキがない。GLCに比べてサイズも小さく、先進支援技術系の標準採用を踏まえるとメルセデスにしてはリーズナブルであり、まさにエントリー高級SUVといえる。

 さて、弱みはどうしたものかと考えると、一つだけあった。それは、新型モデル「GLB」の存在だ。冒頭で触れたWEB発表会において、GLBの日本導入も、合わせて発表されていた。

新型GLAの弱みは、身内にあり!

 GLBは、GLAとGLCの隙間を埋めるCセグメントのコンパクトSUVだ。ボディサイズは4634×1834×1658 mmと、GLAよりも224mm長く、48mm背が高く、3列シートも選べる。車幅はGLAと同じで、広すぎず、都内でも取り回しが良いサイズ。ざっくりRAV4と同じくらいのサイズ感だ。

GLBのグリルにも、メルセデス・ベンツのSUVに共通する特徴的なツインルーバーデザイン
が施され、スクエアなデザインのヘッドライトと共にSUVらしさを強調

 パワートレーンはGLAと同じ2.0リッター直4ディーゼルターボを搭載する前輪駆動のGLB 200d(税込512万円)と、2.0リッター直4ガソリンターボのGLB250 4MATICスポーツ(最高出力224PS(165kW)最大トルク350Nm、税込696万円)の2種類。

 グリルの2本のサイドバーやボディ全体のボクシーな印象は最上級SUVのGLSとイメージが共通しており、武骨に見えるスタイリングがカッコいい。GLCは大きすぎて手が出しにくい、とはいえGLAよりももう少し荷物を積みたいという方には、GLBの方を選択肢として選ぶ可能性が高い。

 このように、「新型GLAの売れ行き」という点だけを考えれば、GLBが邪魔となる可能性はあるが、メルセデスの中で喰いあう分には問題はないのだろう。顧客の関心に引っかかるように、抜け目なく新型モデルを投入するメルセデス・ベンツの戦略には恐れ入る。

国産車の雄「RAV4」と比べると?

 新型GLA 200d 4MATICが税込502万円、RAV4の2.0リッターガソリンモデルは最上級のG”Z package”でも341万円、ハイブリッドでも388万8500円(HYBRID G)だ。

売れ筋グレードのRAV4アドベンチャーは319万5500円、2.0Lガソリン仕様でこの価格はコストパフォーマンスに優れる

 RAV4のGグレードには、ダイナミックトルクベクタリングAWD(ハイブリッドはE-Four)や、MAD&SAND/NORMAL/ROCK&DIRTの走行モードが選択できるマルチテレインセレクトも備えており、オフロード走行も余裕でこなせるポテンシャルがある。

 となると、およそ100~150万円は価格が高いGLAは、コストパフォーマンスの面では割高感が否めない。しかし、コスパだけでメルセデス・ベンツを選ぶお客様はいないだろう。

 メルセデスブランドの信頼性の高さを欲し、最新のメルセデスのSUVのスタイルを好む方にとって、新型GLAはエントリーメルセデスとしておすすめができる一台だ。

【画像ギャラリー】メルセデス、レクサス、BMW…プレミアムブランドのエントリーSUVを写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ