新型ヤリスクロス全情報ゲット 8月31日発表発売! 7月中旬から先行予約開始!!


 トヨタは2020年4月23日に、オンライン上で新型コンパクトSUV、ヤリスクロスを世界初公開、2020年秋に日本市場で発売すると明らかにしている。

 2020年6月24日に日産のコンパクトSUVが発表されるまで、残すところあと数日になったが、この段階で、キックスにするか、ヤリスクロスにするか悩んでいる人もいるのではないだろうか。

 ということで、現時点で判明している、ヤリスクロスの全貌と、ライバルと比べてどうなのか、流通ジャーナリストの遠藤徹氏が解説する。

文/遠藤徹
写真/ベストカーWeb編集部 トヨタ 日産 ホンダ

【画像ギャラリー】新型ヤリスクロスと日産キックスなど競合ライバル車を写真でチェック!


7月中旬から先行予約開始!

ヤリスクロス専用デザインのヘッドライトやグリル回り、クロスオーバーSUVらしい樹脂製フェンダーやサイドガードなどが特徴
こうしてベースとなったヤリスと比べてみるとかなりエクステリアデザインが違うことがわかる
ルーフのブラックが太いCピラーのところまでアクセントとして入っている。リアテールランプ回りの造形も凝っている

 トヨタは新型クロスオーバー、ヤリスクロスを8月31日に発表、発売する見込みである。

 このほど傘下販売店に専用ウェブサイトによる商品概要を提示、これに基づき販売店では既納ユーザーを中心にティザーキャンペーンをスタートさせており、先行予約は7月中旬から始まるという。

 この段階で、新型ヤリスクロスについてわかっている情報のすべてをお伝えしていこう。

 新型ヤリスクロスは、ヤリスのTNGAによる「GA-B」プラットフォームをベースに本格的なコンパクトクロスオーバーSUVに仕立てている。プラットフォームはヤリスと共用だが、ボディパネルはまったく別の専用設計。

 通常、ハッチバック車をクロスオーバー化する際に、車高を上げて樹脂製バンパーやフェンダーアーチ、ルーフレールなどを装着するのがほとんどだが、ヤリスクロスのボディパネルはまったくの専用設計となっている。

 大流行しているクロスーバーSUVの市場に、本腰を入れて投入する、トヨタの本気を感じさせるものだ。

 ボディサイズは全長4180×全幅1760×全高1590mmで、ヤリスに比べると全長はプラス240mm、全幅はプラス65mm、全高はプラス90mmとひと回り大きい3ナンバーサイズとなっている。

 ライバルのホンダヴェゼルに比べると全長はマイナス160mm、全幅マイナス30mm、全高マイナス15mmだから、わずかに小ぶりといえる。

 ホイールベースはヤリスよりも10mm長い。最低地上高は170mmでヤリスよりも30mm高く、ヴェゼルよりも15mm低い。

全長4180×全幅1760×全高1560mm。ダイナミックで洗練されたフォルムだ
6月24日に発表される日産キックス。全長4295×全幅1760×全高1585mmとヤリスクロスより115mm長く、全幅は同じ、全高は75mm低い
人気のライズは全長3995×全幅1695×全高1600mmとひと回り小さいサイズ

■同クラスのクロスオーバーSUV車とのボディサイズ比較
●トヨタヤリスクロス:全長4180×全幅1760×全高1560mm
●トヨタライズ:全長3995×全幅1695×全高1620mm
●日産キックス:全長4295×全幅1760×全高1585mm
●ホンダヴェゼル:全長4330×全幅1770×全高1605mm
●トヨタC-HR:全長4385×全幅1795×全高1550mm

ヤリスクロスに搭載されるパワートレインは1.5Lと1.5Lハイブリッド

 ヤリスクロスに搭載されるパワーユニットは1.5Lガソリン&同ハイブリッドを搭載し、それぞれ2WD、4WD、CVTとの組み合わせる。

 1.5Lが120ps/14.8kgm 、1.5Lハイブリッドが91ps/12.2kgm+モーターの80ps/14.4kgmと、ヤリスに搭載している1.5L、ガソリン&同ハイブリッドと同じである。

 WLTCモード燃費はハイブリッド2WDが31.1km/L、同4WD28.0km/L、ガソリン2WD19.4km/L、同4WD18.0km/Lで車重の軽いヤリスを下回るが、同クラスSUVの中では最も省燃費のレベルを確保している。

ほぼヤリスと共通のデザインとなるヤリスクロスのコクピット
ヤリスより居住性は格段に広い

 室内はワイドな3ナンバーサイズで背が高いのでヤリスよりも格段に広いスペースを確保。

 座面が高く視界は広く運転操作性は良い。電動ハッチゲートはハンズフリーで開き、操作しやすい。

 上下に位置を変えられる分割式ラゲッジ床面ボード、荷物が走行中に動かないようにするベルトも装備される。

 リアシートは3分割式で左右に乗員が座っても、長尺物を積めるアームレストスルーも採用。運転席回り、ダッシュボードなどのデザイン、レイアウトはヤリスとほぼ同じだ。

マウンテンバイクも前輪を外せば積むこともできる。ラゲッジ容量は通常時390L。ちなみにヴェゼルは393L、ライズは369L

次ページは : ヤリスクロスのグレード構成はヤリスと同じ

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ