独走ハスラーに仇敵出現 SUV界の超新星 新型タフトの長所と短所


 2020年6月10日、ダイハツの新型軽クロスオーバーSUV、タフトが発売となった。

 新型タフトのグレード構成は、NAエンジンを搭載するベーシックなXと中級のG、上級のGターボになる。合計3グレードだ。

 価格はいずれも2WDで、Xが135万3000円、Gが148万5000円、Gターボが160万6000円。4WDはそれぞれ12万6500円高だ。

 そこで、新型タフトのベストバイグレード、長所と短所について、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が徹底解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/ダイハツ

【画像ギャラリー】ベストバイグレードはどれ? 新型タフトのグレードの違いを写真でチェック!


タフトのグレード構成はどうなっている?

6月10日に発売された新型タフトはハスラーの牙城を崩せるか?
新型タフトのグレードは3種類

 クルマの売れ筋&注目のカテゴリーは、今は新車販売台数の約37%を占める軽自動車と、約15%のSUVだ。

 この2つの要素を兼ね備えた新型車として、ダイハツタフトが発売された。ガラスルーフのスカイフィールトップを全車に標準装着するなど、装備に特徴を持たせている。

 そこでタフトのベストバイグレードはどのグレードなのか、そして長所と短所を解説していきたい。

 タフトのグレード構成は、NAエンジンを搭載するベーシックなXと中級のG、上級のGターボになる。合計3グレードで、トランスミッションはすべてCVT(無段変速AT)だ。駆動方式は前輪駆動の2WDと4WDを全車に用意した。

 装備は充実しており、ベーシックなX(2WDの価格は135万3000円)にも、衝突被害軽減ブレーキ、サイド&カーテンエアバッグ、LEDヘッドランプ、スカイフィールトップ、電動パーキングブレーキなどを標準装着した。

エントリーグレードのX(2WD)は135万3000円。ホイールハウスやルーフカラーはボディ同色、15インチスチールホイール、マニュアルレベリング機能付きフルLEDヘッドランプ(クリアランスランプ、オートライト付き)を装備
タフトXのインパネ。エントリーグレードだが装備は充実している。上級グレードに装備されるインパネセンターシフトやエアコン吹き出し口などに付くオレンジアクセントはなし
タフトXのシート。他のグレードにあるオレンジステッチはない。またフロントセンターアームレスト(ボックス付き)、助手席シートアンダートレイは装備されない

割安な印象のGグレード

148万5000円(2WD)のG。LEDフォグランプ、ブラックフィニッシュのルーフやルーフレール、ホイールハウスのほか、シルバー塗装の15インチアルミホイールなどが装備され、Xからプラスされた装備を考えるとお買い得
本革ステアリング&シフトノブ、TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、運転席&助手席シートヒーターなど装備が充実するタフトGのコクピット
タフトGのシート。オレンジステッチが入り、フロントセンターアームレスト(ボックス付き)や助手席シートアンダートレイが装備される

 中級のG(2WDの価格は148万5000円)は、Xにアダプティブドライビングビーム、スーパーUV&IRカットガラス、ルーフレール、LEDフォグランプ、15インチアルミホイール、TFTカラーマルチインフォーメーションディスプレイ、運転席&助手席シートヒーターなどを加えている。

 プラスされた装備の価格換算額は合計22万円相当だが、Xに対する価格上昇は13万2000円だからGは割安だ。

 Gにプラスされた装備の中で、アダプティブドライビングビームは、対向車や先行車を検知すると、ハイビーム状態を保ちながら複数あるLEDのいくつかを消灯して相手車両の眩惑を抑える。

 小型車でも採用車種の少ない先進装備で、eKクロススペースは、同様の装備を7万7000円でオプション設定した。

 したがって、アダプティブドライビングビーム+ルーフレール+アルミホイールの価格換算額を合計すると、13万2000円の価格上昇額がほぼ埋まってしまう。ほかの装備はサービスで装着される計算が成り立つ。

次ページは : Gターボは最新の安全支援機能を装備