新型ハリアーお得なグレード選び 300万円以下の最安グレードに不満はないか?


 新型ハリアーの注目度は絶大で、非常事態宣言明けてから開始された事前予約も好調で、デビューした2020年6月17日の時点ではグレードによってはかなり長い納車待ちとなっていると言われている。

 今後ハリアーの購入を考えているが何を買っていいか迷っている、という人も多いハズ。クルマは高い買い物だけに後悔したくない。

 ガソリンとハイブリッドの価格差、FFと4WDの価格差、グレード間の装備差及びそれに伴う価格差などをもとに、渡辺陽一郎氏が新型ハリアーのグレード選びを指南する。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、池之平昌信

【画像ギャラリー】2020年上半期最大の注目車の新型ハリアーはどのボディカラーが似合う?


ガソリン、ハイブリッド合わせて10グレード

 最近発売された新型車の中で、特に注目される車種が上級SUVのトヨタハリアーだ。先代型の人気も高く、2020年6月にフルモデルチェンジされる直前まで、1カ月に約2000台を登録していた。新型に対する関心も高い。

 新型ハリアーのエンジンとプラットフォームは、基本的に2019年に発売された現行RAV4と共通だ。エンジンは直列4気筒2Lのノーマルタイプと、2.5Lのハイブリッドを用意する。駆動方式は、すべての仕様に前輪駆動の2WDと4WDを設定した。

旧型からハリアーは高級SUVとしての資質満点だったが、新型はさらに質感を高めて登場し、ユーザーの注目を集めている

 グレード構成は、ノーマルエンジン、ハイブリッドともに、ベーシックなS、中級のG、上級のZに大別され、GとZにはレザーパッケージも用意する。つまり合計5グレードの構成となった。

 新型ハリアーでは価格も注目されるだろう。先代型は最も安い2Lノーマルエンジンの2WDエレガンスが300万円を少し超えたが、新型にノーマルエンジンを搭載した2WD・Sは299万円だ。まずはこのグレードの買い得度を考えたい。

ハリアーは2L、NAと2.5Lハイブリッドをラインナップし、それぞれ5グレード、合計10グレードが用意されている

299万円のガソリンSでも実用上の不満は生じない

最もベーシックな2LガソリンSは、17インチアルミ、進化した安全装備など装備されながら299万円という低価格で登場。安かろう悪かろうではない

 Sは単に価格の安さだけを訴求する廉価グレードではない。

 夜間の歩行者や昼間の自転車を検知できる衝突被害軽減ブレーキ、全車速追従型クルーズコントロール、サイド/カーテン/ニーエアバッグ、3灯式LEDヘッドランプ、8インチディスプレイオーディオ、DCM(専用通信機能)、17インチアルミホイールなどを標準装着する。

 さらに後退時の緊急自動ブレーキや後方の並走車両を知らせるリヤクロストラフィックオートブレーキなどもオプションで選べるから、実用的にはSでも不満は生じない。299万円でも選ぶ価値のあるグレードだ。

 ただし上級SUVの装備が欲しい場合は、Sでは物足りないこともあるだろう。

外観ではヘッドライトがSのみが3灯式LEDで(写真下)、そのほかのグレードはプロジェクター式LED(写真上)となり、顔の印象は違う

 アダプティブハイビームシステム(ハイビーム状態を保ちながら対向車や先行車の眩惑を防ぐ機能)、シートの電動調節機能、リアゲートの電動開閉機能などは、Sではオプションでも装着できないからだ。

 アダプティブハイビームシステムは、安全性を高めるから、Sにもオプション設定して欲しい。

Sはブラック内装しか設定されていない。G、Zはファブリック+合成皮革となるが、Sのみオールファブリック

次ページは : 中間グレードのGはバランスがいい

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ