日本では不人気車が世界でバカ売れ!? 世界販売首位の日産・三菱【世界で売れてる車ベスト5】

 トヨタでもVWでもなく、日産・ルノー・三菱連合が2017年上半期(1-6月)の世界新車販売台数で初めてトップに躍り出た。でも、日産や三菱で、世界で売れている車種と言われてもピンと来ない。さっそく調査を進めると、世界で売れてる日産&三菱車は、日本とは異なる、かなり意外な顔ぶれだった!!

文:ベストカーWEB編集部/写真:編集部、NISSAN


日産、三菱は何割!? “世界首位”販売の内訳

 2017年上半期のメーカー(グループ)別世界販売台数トップ3は、1位が日産・ルノー・三菱で526万8079台、2位がフォルクスワーゲン(VW)の515万5600台、トヨタは3位で512万5600台に留まった。

 1位、日産・ルノー・三菱連合の526万8079台の内訳を見ると、なるほど「三菱効果アリですね!」というのも頷ける。2位VWとの差はおよそ11万台なので、三菱の台数がなければ世界首位は実現しなかったのだ。

■2017年1-6月期 日産・ルノー・三菱 販売台数内訳

・日産:289万4488台(54.9%)
・ルノー:187万9288台(35.6%)
・三菱:49万4304台(9.3%)

日産の日本販売上位はノート、セレナ

 グループの稼ぎ頭、日産といえば、日本ではノートe-POWERやセレナが好調。参考までに日本における2017年上半期の販売台数トップ5車種は以下のとおりだ。

■日産 2017年上半期 販売台数トップ5【日本】

1位:ノート/8万4211台
2位:セレナ/5万4344台
3位:エクストレイル/2万9383台
4位:マーチ/9082台
5位:リーフ/7169台

 トップ3は、ノート、セレナ、エクストレイルの順。それ以下は台数的にかなり大きな隔たりがあることがわかる。カテゴリーで見ると、コンパクト、ミニバン、SUVでセダンは一車種もランクインしていない。

 ところが、日産広報部に問い合わせてビックリ! 全世界=グローバルでの販売台数トップ5の顔ぶれは日本とは激変するものだった。

意外なセダン強し!? 日産の世界販売ベスト5モデル

1位 エクストレイル・ローグ/43万1417台

日本での2017年1-6月販売台数:2万9383台

 全世界で最も売れている日産車はエクストレイル。北米市場などではローグの車名で売られている。ローグはもともとデュアリスとプラットフォームを共用するミドルSUVで、エクストレイルと別モデルだったが、現行型からエクストレイルの姉妹車に。まさに世界的なSUVブームを反映する順位となった。

2位 セントラ・シルフィ/34万1187台

日本での2017年1-6月販売台数:1770台

 2位は意外や意外、日本では2017年上半期に1770台、月平均にして300台以下しか売れていないシルフィ。北米ではセントラとして販売されている。世界ではこんなに売れていたのね〜、シルフィ様。

 2016年末のLAショーで公開された、1.6Lターボ搭載のセントラNISMOをぜひ日本に導入し、販売の起爆剤にしてほしい!!

3位 キャッシュカイ/25万3667台

 日本未発売車種。「え? これ、エクストレイルでしょ!?」というぐらい激似ながらエクストレイルよりひとまわり小さなSUV。でも、れっきとした別車種。というか、日本で2014年まで販売されていたデュアリスの2代目モデルなのだ。

 デュアリスは初代からほとんどの国でキャッシュカイ、あるいはローグとして販売されていて、デュアリスとして販売されていた日本は少数派。

4位 アルティマ・ティアナ/21万2222台

日本での2017年1-6月販売台数:2161台

 4位は、ラージセダンのティアナ。日本での2017年上半期販売台数は2161台なので、世界レベルで見た方が圧倒的に売れている一台。北米などではアルティマとして売られ、こちらはティアナと異なるスポーティなフロントマスクを採用するのが特徴だ。

5位 ヴァーサ・サニー・アルメーラ/17万7271台

 日本未発売車種。……とはいえ、日本で2016年にひっそりと消滅したラティオと同じ車。日本では2006年に伝統のサニーが絶版に。その事実上の後継車たるラティオも生産中止となった今、一部のアジア諸国で、この車がサニーとして売られているのは嬉しいような悲しいような……。

 続いて、三菱の世界で売れてるトップ5にはどんな車種がランクインするのか!?

三菱の日本販売トップはデリカD:5

 三菱の日本における販売台数トップ5は以下のとおり。

■三菱 2017年上半期 販売台数トップ5【日本】

1位:デリカD:5/6736台
2位:デリカD:2/4224台
3位:アウトランダー/4125台
4位:ミラージュ/2078台
5位:RVR/1212台

 4WDを売りにしたSUVなどが上位にいるのは三菱らしい。世界でもその傾向は同じだが、三菱広報部回答のグローバル販売台数トップ5には、日本には売っていない車種もランクイン。また、“売れ方”も大きく違う!!

日本未発売車種もランクイン!! 三菱世界販売トップ5モデル

1位 アウトランダー/10万9000台

日本での2017年1-6月販売台数:4125台

 堂々1位はPHEVを含むアウトランダー。日本ではリコール等の影響で、台数が伸びていないものの、全世界では2017年上半期で約11万台の販売をマーク。月平均でも1万8000台ほどを売り上げている計算になる。

2位 トライトン/7万6000台

 日本未発売車種。2011年までは日本でも販売されていたタイ生産のピックアップ。タイに行くといすゞのピックアップや三菱のトライトンを見るケース多し。日本では見かけないピックアップは、三菱が世界的に強いジャンルなのだ。

3位 RVR/7万5000台

日本での2017年1-6月販売台数:1212台

 日本では月販200台程度と若干寂しい数字だが、世界トータルでは月1万台以上を売り上げるRVR。欧州などではASXという車名で、1.6Lディーゼルターボエンジン搭載グレードなども販売されている。

4位 ミラージュ/4万3000台

日本での2017年1-6月販売台数:2078台

 日本でも発売中のミラージュは、タイ生産のコンパクトカーとして2012年に復活。日本では月販300台程度と苦戦気味だが、新興国向けのモデルとしてグローバル4位の販売台数を売りあげる。北米や欧州でも販売中だ。

5位 パジェロスポーツ/3万8000台

 日本未発売車種。チャレンジャーって覚えていませんか? 2001年まで日本でも販売されていたSUVなのだが、その3代目が現在、中東、アフリカ、欧州などでパジェロスポーツの名で販売されている。パジェロ譲りのラダーフレームシャシーを持つ本格SUVだ。

◆  ◆  ◆

 世界で売れてる日産&三菱車は、日本で売れてる両社の車とは、かなり違う。日本であまり日の目を見なくても世界で売れてる車があるように、世界でそれほど需要がなくても日本で求められる車もぜひ一層充実させてほしいものだ。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ