【エクストレイル、パジェロスポーツ…】世界で売れてる日産&三菱車ベスト5


 トヨタでもVWでもなく、日産・ルノー・三菱連合が2017年上半期(1-6月)の世界新車販売台数で初めてトップに躍り出た。

 でも、日産や三菱で、世界で売れている車種と言われてもピンと来ない。さっそく調査を進めると、世界で売れてる日産&三菱車は、日本とは異なる、かなり意外な顔ぶれだった!!

文:ベストカーWEB編集部/写真:編集部、NISSAN


日産、三菱は何割!? “世界首位”販売の内訳

 2017年上半期のメーカー(グループ)別世界販売台数トップ3は、1位が日産・ルノー・三菱で526万8079台、2位がフォルクスワーゲン(VW)の515万5600台、トヨタは3位で512万5600台に留まった。

 1位、日産・ルノー・三菱連合の526万8079台の内訳を見ると、なるほど「三菱効果アリですね!」というのも頷ける。2位VWとの差はおよそ11万台なので、三菱の台数がなければ世界首位は実現しなかったのだ。

■2017年1-6月期 日産・ルノー・三菱 販売台数内訳

  • ・日産:289万4488台(54.9%)
  • ・ルノー:187万9288台(35.6%)
  • ・三菱:49万4304台(9.3%)

日産の日本販売上位はノート、セレナ

 グループの稼ぎ頭、日産といえば、日本ではノートe-POWERやセレナが好調。参考までに日本における2017年上半期の販売台数トップ5車種は以下のとおりだ。

■日産 2017年上半期 販売台数トップ5【日本】

1位:ノート/8万4211台
2位:セレナ/5万4344台
3位:エクストレイル/2万9383台
4位:マーチ/9082台
5位:リーフ/7169台

 トップ3は、ノート、セレナ、エクストレイルの順。それ以下は台数的にかなり大きな隔たりがあることがわかる。カテゴリーで見ると、コンパクト、ミニバン、SUVでセダンは一車種もランクインしていない。

 ところが、日産広報部に問い合わせてビックリ! 全世界=グローバルでの販売台数トップ5の顔ぶれは日本とは激変するものだった。

次ページは : 意外なセダン強し!? 日産の世界販売ベスト5モデル