トヨタ新型ヤリスクロスついに正式発表!! ライバルを蹴散らせるか


 TOYOTAは、新型コンパクトSUV「ヤリス クロス」を、8月31日より全国のトヨタ車両販売店で、発売開始した。

 「ヤリス クロス」は、軽快な走りや、先進の安全・安心技術の数々、驚異的な低燃費という、ヤリスシリーズならではの魅力を、いま最も需要のあるコンパクトSUVに詰め込んだ、新しい価値を提供する一台だ。月販目標台数は4100台だという。

 世界中の自動車メーカーはいま、「コンパクトSUV」に大注目している。日本国内では、ホンダヴェゼルや日産キックス、トヨタのライズやC-HR、といった人気モデルがひしめき合い、競争が熾烈化している状況だ。この大人気カテゴリに、後発となるヤリス クロスが殴り込みをかける構図となる。

 本記事では、発売によって明らかとなった価格を中心に、ヤリス クロスの詳細を確認していこうと思う。

文:吉川賢一 
写真:池之平昌信、TOYOTA

【画像ギャラリー】これは売れるぞ!! 2020年後半の大本命!! ヤリス クロスの全貌を写真でチェック!!


追従性の良さにびっくり!!

 ヤリス クロスの車体骨格には、ヤリス同様、コンパクトカー向けのGA-Bプラットフォームが採用されている。この基本設計に優れるGA-Bプラットフォームによる効果に加えて、フロア面やバックドア開口部などへは、構造用接着剤も付加されたことにより、軽量かつ高剛性、低重心なボディが作り上げられている。

試乗会はクローズドサーキットにて行われた 軽量で高剛性なボディが、ヤリス クロスの運動性能を引き上げる要因となっているのだろう

 FF車のリアサスには、トレッドが50ミリ広い欧州向けヤリスのリアトーションビームを使用。これにより安定感が増し、さらには横剛性も向上したことで、軽快なハンドリングと上質な乗り心地を両立している。4WD車のリアサスは、ダブルウィッシュボーン式だ。

 プロトタイプのステアリングを握らせてもらったが、ステアリング入力をしてからクルマの鼻先が動き出すまでの「タイムラグ」が少ない。ステアリングギア比をクイックにしても、そのような動き出しにならないクルマもあるなかで、ヤリス クロスはさほどクイックなギア比ではないにもかかわらず、ステアリング操作に対する追従性が良い。これには驚かれた。

全長4180ミリと短いので、狭い場所での取り回し性能もよい

 ボディサイズは、4180×1765×1560mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2560mmと、同社のライズより大きく、C-HRよりもやや小さい。ヤリス クロスは、そのちょうど中間を埋めるサイズ感となる。

 ただし、外から見るよりも車内は広く、ゴルフバッグ(9.5 インチ)2個を収納できるほどに荷室は広いなど、パッケージングにも優れている。

コンパクトSUV史上最高の低燃費!!

 パワートレインは2種類。直列3気筒1.5リッターのハイブリッド&リダクション機能付の「THS-II」と、1.5リッターの直3ガソリンエンジン&ダイレクトシフトCVTだ。それぞれにFFと4WDが用意されており、4WDシステムは、ハイブリッド車がE-Four、ガソリン車はダイナミックトルクコントロール4WDとなる。

 ガソリン車には、路面状況に応じた走行支援を、3つのモードから選択できるマルチテレインセレクトも装備している。WLTCモード燃費は、2WDで19.8km/L(”G”グレード)、4WDも18.2km/L(”G”グレード)と、1.5リッタークラスとしては相当に良い数値だ。

 さらに、ハイブリッド車は、クラス世界トップレベルの低燃費30.8 ㎞/L(2WD”X”、4WD”X”は28.7km/L)を実現している。現時点で、これほどの燃費を達成したコンパクトSUVは存在しておらず、この驚異的な燃費性能は、ヤリス クロスの強力な武器だ。

次ページは : 洗練された中に、SUV らしい力強さも

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ