トヨタ ハイラックスの歴史と魅力 RVブーム牽引 “復活車”

2017年9月、日本国内では6代目モデルが2004年に生産終了して以来、13年ぶりにハイラックスが「復活」。8代目モデルとなる久々の新型は、326万7000〜374万2200円という価格で発売されている。そんなハイラックスは、1990年代にRVブームを牽引した車のひとつ。当時何がウケて、どんな魅力を持っていたのか? 改めてその歴史を探りたい。

文:片岡英明/写真:編集部、TOYOTA


約50年前に誕生したハイラックスの転機は4代目

日産車のダットサン・トラックと並ぶピックアップ・トラックの代表モデルがトヨタのハイラックスだ。日本では2004年に販売を打ち切ったから知らない人が増えてきた。

だが、海外では名の通ったメジャーブランドで、世界中に多くのファンがいる。初代ハイラックスが誕生したのは1968年。海外では着実に評価を高めていったが、日本ではプロや一部のマニアだけに知られる存在だった。

転機が訪れるのは、4代目ハイラックスが登場してからである。

1984年から日本で発売開始された4代目ハイラックスのシングルキャブ(写真は海外仕様)

「サーフ」の登場でアウトドア派への人気に火が付く

初代ハイラックスサーフ(1984-1989)

1983年の秋、トヨタは第25回東京モーターショーにハイラックスRV・4WDを参考出品した。

ショートボディの荷台にFRP製のシェルを被せてレジャービークルに仕立てたのである。そして1984年夏に、これを手直しして量産化したのが「ハイラックスサーフ」だ。2WDと4WDを切り替えるパートタイム式4WDで、5速MTにはハイレンジとローレンジを持つ副変速機を備えている。

スタイリッシュで、痛快な走りを楽しめるサーフは、アウトドア派を中心にファンを広げていった。最初のサーフは4ナンバーのバン登録で、2ドアだ。ベースとなったハイラックスには4ドアのダブルキャブを設定している。

このダブルキャブはハイラックスの主役で、最新のハイラックスにもラインアップされた。が、サーフはスポーティ感覚をアピールするため2ドアとしたのだ。

1986年8月、トヨタは5ナンバー、乗用車登録のハイラックスサーフワゴンを追加した。2Lの直列4気筒ガソリンエンジンは、電子制御燃料噴射装置のEFI仕様となり、サスペンションも乗り心地に振った味付けだ。

また、5速MTに加え、電子制御4速ATを設定し、多くの人がオフロードや雪道走行を楽しめるようにしている。ガングリップタイプのスポーティなデザインのセレクターレバーも、サーフ人気を後押しした。

ハイラックスサーフは、スキーやスノボ、サーフィンなどに熱中しているアクティブスポーツ派を魅了する。ダート派はオフロード・エクスプレス、オートキャンプや登山などを好むアウトドア派はリゾート・エクスプレスとして愛車に選んだ。

ハイラックス&サーフはなぜ大ブレイクした?

5代目ハイラックス(3Lディーゼル搭載のSSR-X)のワイドボディ仕様

1989年5月にハイラックスとともにモデルチェンジしたサーフは、ルーフ全体をスチールボディに改め、快適性を大幅に高めている。また、使い勝手のいい4ドアモデルを設定し、上質な3L、V型6気筒エンジン搭載車も送り込んだ。

それだけではない。2代目では大型のフェンダーを採用したワイドボディも仲間に加えたのである。カッコいいし、ワイドタイヤも履けるから大ブレイクした。

サーフは若者からファミリー層まで、ファン層を大きく広げることに成功する。

ハイラックスとハイラックスサーフの人気を後押ししたのは、経済性に優れ、トルクも豊かなディーゼルエンジンの存在だ。

海外ではCO2排出量の少ないディーゼル信奉者が多い。そこで積極的に進化させた。2.4Lの直列4気筒ディーゼルにターボを装着するとともにEFI化している。また、4速ATとの組み合わせも実現させた。

もっとも強い印象を残したのは、1993年夏のマイナーチェンジを機に送り出した3Lの1KZ-TE型直列4気筒SOHCディーゼルターボだ。V6のガソリンエンジンを凌ぐ、速い走りを見せつけたのである。130ps/29.5kgmのスペックは、当時としては驚異的だった。2.4Lのディーゼルターボと比べると出力は30%、トルクも20%の上乗せだ。実際、冴えた加速を見せたし、追い越しも余裕でこなした。静粛性も高いレベルにある。

ランクル70の好評もハイラックス復活を後押し

1995年12月にバトンを受けた3代目ハイラックスサーフは、インタークーラーを追加してさらにポテンシャルを高めた。

また、この世代からランドクルーザープラドとシャシーを共用する兄弟車になっている。だから走りの実力もアップし、性格もSUVチックになった。

だが、ピックアップ・トラックのハイラックスらしい軽快感が色濃いのは2代目のディーゼルターボだ。最新のハイラックスは、この黄金期の作品とダブって見える。

往年の名車のテイストを盛り込んだFJクルーザーは、クリーンヒットを飛ばした。また、期間限定で発売したランドクルーザー70シリーズも好評を博している。

8代目のハイラックスを日本市場に送り出したのは、この2車と同じように売れると踏んだからだろう。

新型ハイラックスは2.4Lディーゼルターボエンジンを搭載し、日本市場再登場を果たした

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ