アルファード ハリアー RAV4…カテゴリー別【絶対王者】に勝てるクルマ選手権


 各カテゴリーには「絶対王者」として君臨するクルマがある。総合力に優れ、販売も好調なパターンもあれば、販売台数は少なくとも、類まれなる性能や魅力を発揮して他車の追随を許さないというパターンもある。

 下に挙げたのは現在「絶対王者」として君臨しているクルマたちだが、総合では及ばずとも、ピンポイントの部分でなら勝るライバルもいるのではないかというのが本企画の趣旨。自動車評論家 岡本幸一郎氏とともに、各カテゴリーの「ここなら勝てる!」クルマを探す!!

●2020年夏の絶対王者たち…アルファード/ヴェルファイアハリアー/ヤリス・フィット/RAV4/スイフトスポーツ/ロードスター/GT-R

【画像ギャラリー】総勢22台! 各カテゴリーの絶対王者と負けず劣らずの伏兵たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年9月のものです
文:岡本幸一郎/写真:ベストカー編集部ほか
初出:『ベストカー』 2020年10月10日号


■ミニバン絶対王者 トヨタ アルファード/ヴェルファイアに勝てるクルマは?

トヨタ ヴェルファイア

●ポイントは……
・SUVとの融合という独自の世界観
・アルファードを上回るコワモテ顔

 シートアレンジの多彩さで凌駕するセレナというオチもアリだけど、それではつまらないと思うので、ここではぜひミニバン界で異彩を放つデリカD:5を取り上げたい。

三菱 デリカD:5…国産ミニバンで唯一、SUVテイストと性能を備えたデリカD:5。それだけに長年のファンも多く、ある意味アルファードよりも「絶対王者感」はあるかもしれない。悪路の強さは比類なし!

 独特のキャラクターが一部の層から熱烈に支持されて、独自の世界観を確立しているのがD:5の凄いところ。その愛されっぷりはハンパない。

 お互いとやかく言われた顔のコワモテ度もD:5のほうが上回るし、インテリアの高級感も現行型では肉迫した。

 あと、ぜひ知っておいてほしいのが「リブボーンフレーム」という環状骨格構造を採用していることだ。

 これにより高い車体剛性を実現し、操縦安定性や衝突安全性に優れるほか、開発関係者いわく「ガケから落ちてもデリカなら助かる可能性が高い」のだ。

■シティ派SUV絶対王者 トヨタ ハリアーに勝てるクルマは?

トヨタ ハリアー

●ポイントは……
・パワーユニットの種類と魅力
・ターボとハイブリッドの力強さ

 見てのとおりデザイン優先なので、車内や荷室の広さは数値的には競合に対して見劣りする。とはいえそのあたりは承知の上でこうしているわけで、そこをとやかく言うのは適切でないし、実用上も充分な広さが確保されている。

 そこで、肝心の走りでみていくと、やや弱いのがパワートレーンだ。例えば出来のよいディーゼルやパワフルなガソリンターボを選べるCX-5に比べると、ハリアーは少々物足りなさを覚える。

マツダ CX-5…2.5Lガソリンターボと2.2Lディーゼルターボを備え、ハリアーにはない独自性を発揮するCX-5。インテリアの質感の高さもハリアーに勝るとも劣らない

 さらにCX-5は独自のGVCや先進的なAWDも効いてハンドリングの実力も侮れない。

 TNGAを得た新型ハリアーはそのあたりも互角かそれ以上ではあるが、CX-5もそんなデバイスを持っていることを忘れてはいけない。

ハリアーより低価格で高級感を味わえるCX-5。四駆性能の高さも魅力のポイント

 あるいは、すっかり影の薄くなったCR-Vが実はかなりのものだ。

 ガソリンターボ、ハイブリッドともハリアーをしのぐ力強さだし、走りの質感だって、CR-Vもこのクラスとしては望外なクォリティをいちはやく実現したことに驚かされたものだ。

ホンダ CR-V…北米、中国でヒット中のCR-V。ハリアーにはない3列シートの設定もポイントが高い

 加えて7人乗りの設定がある点も強み。北米や中国で大ヒットしたのも納得だ。

次ページは : ■コンパクトカー絶対王者 トヨタ ヤリス&ホンダ フィットに勝てるクルマは?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ