ベンツGクラスの中古車を手に入れるベストな方法とは?


 すでにご存じの方もいらっしゃる方もいるかもしれないが、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾氏がメルセデスベンツGクラスを購入し、それが納車されたことを自身の公式YouTubeチャンネルで報告した。

 ベンツGクラスは芸能人をはじめとしたセレブ御用達としても知られる超人気の高級SUVだ。なぜ、これほどまでに芸能人に人気なのか?

 セレブたちは、きっとベンツGクラスの新車を買っていることだろうが、新車で買えるはずもない、せめて憧れのGクラスを中古でも欲しい……という嘆いている人も多いはずだ。

 そこで、中古で買うGクラスならば、どの価格帯、グレードが狙い目なのか、中古車事情に詳しい伊達軍曹が徹底レポート。


文/伊達軍曹
写真/メルセデスベンツ

【画像ギャラリー】発売から40年変わらない地上最強のモテ四駆 ベンツGクラスの変遷を写真でチェック!


なぜベンツGクラスは人気なのか?

現行モデルのG350d。新車価格は1237万円。ボディサイズは全長4660×全幅1930×全高1975mm。搭載するエンジンは286psを発生する3L、直6ディーゼルターボ
インパネは新設計され、EクラスやSクラスに採用された2つの12.3インチディスプレイを装備、伝統の意匠を生かしながらモダンなものに。無骨な外観からは想像できないほどデジタル化されている

 オリエンタルラジオの藤森慎吾氏がメルセデスベンツGクラスを購入した、と聞いて世間の多くは「納車は1年待ちだった」「価格は1000万円以上だった」という藤森氏の発言に反応して、「ゲレンデヴァーゲンってそんなに高いのか!」「1年待ちになるぐらい人気なのかよ!」などと驚いているようだが、筆者のようなモテないカーマニアから言わせれば「何を今さら」である。

 オリラジ藤森氏が購入したのは現行型新車の「G350d」であるようだが、その直近の納車スケジュールはおよそ5ヵ月から6ヵ月待ちであり、車両価格は1000万円ではなく1237万円。

 4L、V8ツインターボの「G550」だと1685万円になり、最上級グレードに相当する最高出力585psの「メルセデスAMG G63」は実に2194万円だ。

 そしてそんな高額なSUVを藤森氏だけでなく多くの紳士淑女が買いまくっているのが2020年の現実である。ちなみに2000万円超となるG63が販売全体の約4割を占めているという。

人気が炸裂しているのは現行新車だけではない。

 先代ベンツGクラスの中古車も、特に高年式のキラキラしたAMGモデルやG350dデジーノあたりには軽く1000万円オーバーの値札が付けられ、それらがガンガン売れ続けているのだ。

 ベンツGクラスはなぜ、新車も中古車もバカ高いにもかかわらず、こんなにもよく売れるのか?

 ベンツGクラスが人気の理由は「“なんちゃって”ではなく“本物”だから」ということだろう。

 近年は「流行っているので、とりあえず作ってみました」的なオフローダーも増えているが、その昔はゲレンデヴァーゲンと名乗っていたメルセデスベンツGクラスの源流は、本物の「軍用車」なのだ。

 ダイムラーの傘下だったオーストリアのシュタイア・ダイムラー・プフ社が作っていたNATO軍制式採用車両を、メルセデスとプフの共同作業により乗用車仕様にしたのが、1979年登場の初代W460型Gクラス。

1979年にデビューしてから1990年までの型式はW640、それ以降はW643と改良を受けているが、基本的なデザインは大きく変わっていない

 そして、その基本構造や基調デザインを大きくは変えずに最近まで作り続けていたのが先代W463型Gクラスであり、もろもろ現代的にはなったものの、型式名としては「W463」のまま製造されているのが、オリラジ藤森氏も購入した現行型Gクラスなのである。

 もちろん、本物の軍用車を源流とするオフローダーだからといって、Gクラスでガチな荒野を走る人はごく少数であろうし(藤森氏もたぶん走らないだろう)、ましてや戦場に行くわけでもない。

 だがそれはそれとして、男は一般的に「本物」に憧れ、幻想を抱き、そしてお金を使ってでも手に入れたくなる生き物。

 そうであるがゆえに、たとえ主戦場がアフガニスタンやイラクではなく「夜の六本木」だったとしても、メルセデスベンツGクラスは男たちの熱視線を集め続けるのだ。

次ページは : 芸能人はなぜGクラスが好きなのか?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ