ジムニーシエラ 売り上げ急増の理由 英国の販売終了で納期短縮?

ジムニーシエラ  売り上げ急増の理由 英国の販売終了で納期短縮?

 売れ行きは昨年の3倍増!! いまジムニーシエラが売れている理由とは?

 スズキの小型SUV「ジムニーシエラ」が売れている。本格SUVのジムニーシリーズは、軽自動車のジムニーと登録車のジムニーシエラの2本立て。

 これまではジムニーの売れ行きが目立っていたが、前年比の販売伸び率で上回るなどジムニーシエラの売れ行きが伸びているのだ。

 なぜいま“軽じゃないジムニー”が売れているのか。自動車評論家の渡辺陽一郎氏が解説する。

文:渡辺陽一郎、写真:スズキ、日産、トヨタ

【画像ギャラリー】現行型ジムニー&ジムニーシエラと2010年に発売した誕生40年記念車をみる


相変わらず納期は1年? ジムニー販売の現状は

2018年にフルモデルチェンジし誕生した現行型ジムニーの納期は1年前後と長い
2018年にフルモデルチェンジし誕生した現行型ジムニーの納期は1年前後と長い

 身近なSUVなのに、なかなか手に入らないのが軽自動車のジムニーと小型車版のジムニーシエラだ。価格は手頃だが、納期は1年前後と長い。

 スズキの販売店に尋ねると、以下のようにコメントした。

「ジムニーの納期は、今でも約1年とご案内しています。ジムニーシエラは直近になって少し短くなり、1年は掛かりません。それでも8~10か月です」

「両車とも発売した後、納期が長いことから2019年の初頭に生産台数を増やしましたが、ほとんど短縮されませんでした。お客様からの受注台数が減らないからです。

 とても嬉しいことですが、納期が一時的に縮まっても、少し時間が経過すると再び伸びます。それでも最近は、ジムニーシエラの納車台数が少し増えました」

新開発1.5Lエンジン搭載している小型乗用車、現行型ジムニーシエラも同時に発売開始した
新開発1.5Lエンジン搭載している小型乗用車、現行型ジムニーシエラも同時に発売開始した

 2018年7月に発売された時の国内販売目標台数は、1年間にジムニーが1万5000台(月平均1250台)、ジムニーシエラは1200台(同100台)であった。

 この販売計画は、あまりにも少ない。フルモデルチェンジを控えた2017年の時点で、ジムニーは月平均で約1100台、ジムニーシエラも100台前後を販売していたからだ。

 現行型は20年ぶりのフルモデルチェンジだったから、当然に待っていたユーザーも多い。現行型の国内販売目標台数が先代型と同等か微増では、納期が長引いて当然だ。

次ページは : 前年比でジムニーは1.6倍、シエラは3倍の販売増

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!