なんとかして! 霧でもないのに超迷惑 眩しすぎるリアフォグは必要なのか? 


 晴天の夜、高速道路を走っていると、前のクルマがやたら眩しい。そう、リアフォグランプだ。

 「霧がかかっていて前のクルマが確認しづらい時ならまだしも、晴れていて前がよく見えるのに、なぜリアフォグランプを点けているのか!」と怒ったことはありませんか?

 おそらくリアフォグランプを点けているオーナーの多くは、後方を走るクルマがどれだけ眩しいか、わかっていないだろう。

 ここで改めて、リアフォグランプの正しい使い方を含め、その存在価値を見直してみたい。


文/高根英幸
写真/Adobe Stock ベストカーweb編集部 スバル トヨタ 日産 ダイハツ

【画像ギャラリー】このクルマに乗ってる人は要注意!リアフォグを標準装備するモデルたち


リアフォグランプを点けたマナーの悪いクルマに遭遇

トヨタC-HRのリアフォグランプ(下)は寒冷地仕様とセットでメーカーオプション( kazu8@Adobe Stock)
BMW3シリーズのリアフォグランプ(右側のランプ)。運転している本人はわからないかもしれないが後ろを走るクルマは眩しくてイラっとする。これが長距離走るとなおさらだ

 先日も高速道路で、リアフォグを点灯させながら、右に左にと車線変更を繰り返して周囲のクルマを縫うように追い抜いていくクルマに遭遇した。

 自分では運転が上手いと思っているのかもしれないが、速度違反、追い越しの方法違反、そしてドライバーを幻惑させた行為、車間距離保持違反など、いくつもの道交法違反と周囲のドライバーに迷惑を掛けながら走っていくのは、自己中で浅はかな考えのドライバーであることを披露しているようなものだ。

 それが最新のドイツ製高級大型クーペだったから、余計にガッカリした思いがした。

 フォグランプとリアフォグランプのスイッチが近くて間違えたり、どれがリアフォグランプのスイッチなのかわかりにくいのも理由と言われている。上品でスポーティな高級クーペの印象が、これだけでガクッと下品になってしまう。

 以前よりは減っている印象もあるが、相変わらず霧どころか雨も降っていないのに夜間にリアフォグランプを点灯させているドライバーがいる。

 ヘッドライトをハイビームにしたまま運転しているクルマよりはマシだが、リアフォグランプは一定の車間距離ではとても眩しく、迷惑な存在だ。

 前走車のリアフォグランプが点いていると、テールランプを視界に入れ続けながら追従しているのは目に悪いし、かなりストレスにもなる。

リアフォグランプの使用を規制する法律はないのか?

どれがリアフォグランプのスイッチなのかわかりにくいところも、リアフォグランプを点けたまま走ってしまう原因か? リアフォグランプのスイッチは左下

 リアフォグランプという名前の通り、この灯火器は濃霧(フォグ)の時に使用することで、後続車に自車の存在をアピールするためのものだ。

 欧州では濃霧が発生する地域も多く、追突事故を防ぐために1980年代後半あたりから搭載されるようになってきた。

 夜間に視界が良いにもかかわらず、リアフォグランプを点灯させているドライバーのなかには、「リアフォグについての規定はないので、法律上は違反行為とならない」と思っている人もいるのかもしれない。

 確かに道路交通法第52条の車両等の灯火では「2:車両等が夜間(政令等で定める場合は夜間以外も含む)他の車両と行き違う場合または他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない」とされている。

 これはハイビームで周囲のクルマに迷惑をかけないよう規定されているものだ。後続車に対する配慮は含まれていない。

 だが、道交法で定められているその他の条項には、晴天時のリアフォグランプの使用が抵触するものがあるのだ。

 道交法に限らず法律には本則だけでなく、様々な細かい規則を定めるための附則というものがある。

 道交法第76条の「禁止行為」では道路上で行なうことを禁止する様々な危険な行為、迷惑行為を定めている。

 この本則には抵触しないものの、各都道府県の道路交通法施行細則または道路交通法施行規則には、「みだりに車両等の運転者の目をげん惑するような光を道路に投射すること。」という条項がある。

 これは後続車の運転者に対しても適用することができるので、後続ドライバーの目を幻惑するリアフォグランプを必要性のない状態で点灯していれば、この法律に抵触する。

次ページは : 日本でも必要性は高まっているが事故の原因にも

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ