NSX,CH-R,カムリが…?! SEMAショーに見るぶっとび日系メーカーカスタム 日本でも売ってくれ!

最近でこそ、ディーラーでもカスタムカーの車検や点検を受けることが可能になってきました。しかしふり返ればつい20数年前まではアフターパーツへの交換すらできない状況もあったわけで、時代は変わったなーなんて実感も受けます。とはいえ、まだまだ日本のメーカーのカスタムへの理解度はあまり高くありません。しかし海の向こうアメリカではメーカーが率先してカスタムカーを展示しています。それもかなり大規模な。10月31日から11月3日までラスベガスで開催されたSEMA(米国自動車用品工業会)ショーからふり返ってみましょう!!

文:ベストカーWeb編集部 写真:トヨタ、ホンダ、SEMA


■カスタム文化の本場アメリカは熱かった!!

クルマのカスタムといえばアメリカのスケール感に勝る国はないだろう。車検などの法規制や、大らかな文化の影響もあるが、クルマ好きとしては想像を超えるカスタムの数々に圧倒されてしまう。今回はSEMAショー(米国自動車用品工業会主催のトレードショー)から、日本メーカーのアメリカ法人が出展した超度級のカスタムカーをご紹介しよう。

SEMAショーは一般客は入ることができない。あくまでもアフターパーツなどのビジネスショーなのだ
SEMAショーは一般客は入ることができない。あくまでもアフターパーツなどのビジネスショーなのだ

■ホンダはNSXのチューンドカーを出展

第2世代になったホンダNSX。アメリカでは「アキュラ」ブランドからリリースされている。もちろん日本と同じく超高額マシンだが、現行型からハイブリッドの4WDになり、なかなかチューニングという面では制御系が複雑になり難しくなりつつある。そんなNSXをホンダUSAとホンダ車を得意とする「Science of Speed」がタッグを組みチューニングしました。

ペイントの仕上がり、エアロの装備も非常にナイス。もちろん中身だって速い
ペイントの仕上がり、エアロの装備も非常にナイス。もちろん中身だって速い

パッと見は単なるエクステリアのチューニングに見えてしまうが、「Science of Speed」のこだわりは凄い。まずホイール。「ホンダに合うのはジャパニーズブランドでしょ」と言ったかは不明だが、ヨコハマゴムがプロデュースする「ADVAN GT」をインストール。そのサイズはフロントが20インチ×9J、リアは21インチ×12Jという極太サイズ。アメリカにも鍛造ホイールメーカーは数多あるのだが、あえてADVANを選ぶあたりが通好みかも。ちなみにタイヤはピレリのトロフェオRというモータースポーツ用タイヤ。本気だ。

NSXの足元はADVANのホイールがキリッとひき締める
NSXの足元はADVANのホイールがキリッとひき締める

また排気系ではステンレスのダウンパイプの装着で37hpの出力アップの600hpを実現。ターボへの過給前の空気を効率よく冷やすことでこれだけのパワーアップにつながっている。外装もGT3のようなエアロキットを纏い、ラグジュアリーなNSXを少しレーシーに衣替えしている。派手なんだけど、やり過ぎない。ここらへんがアメリカのチューニングカーですね。

初代NSXへのオマージュとしてルーフをグロスブラックで塗っているなど「NSX愛」を感じる仕上がりに、NSX母国のクルマ好きとしてはウルっときちゃいますね。いまはアメリカが母国ですけど。

■トヨタはC-HRとカムリを投入

絶対に、ともいえないがたぶん日本のトヨタはやってくれないであろう荒技をトヨタUSAは披露してくれた。それがC-HRのエンジンスワップ!!しかも2AZ-FEという、これまた知る人ぞ知る直4の2.4Lエンジンに換装しちゃったのだ。もちろんチューニングは著名なチューナー「ダン・ガードナー・スペック(DG-Spec)」と手を組みおこなっている。

見るからにタダモノならぬ感じのC-HRだが……
見るからにタダモノならぬ感じのC-HRだが……

エンジン内部にも手が入れられておりチタンとインコネルのバルブラインなどで強化し、タービンはギャレット製のものを使用。23psiというとんでもないブースト圧で600hpを発揮してしまうという。トランスミッションはCVTをトヨタ純正部品の5MTに換装し、大パワーにも対応している。タイヤはトーヨープロクセスRRでサイズは275/35R/18。

C-HRに載った2AZ-FE。日本だとエスティマなどに使われていたエンジン。タービンがでかい……
C-HRに載った2AZ-FE。日本だとエスティマなどに使われているエンジン。それにしてもタービンがでかい……

DG-Specの代表のダン・ガードナーいわく「見せかけではなくて、プロジェクトが始まって以来、何度このクルマでサーキットを走り込んだか!! ショーコンセプトではなくてサーキットで思いっきり走れるクルマなんだ」とかたっている。実際、カリフォルニアのウィロー・スプリングスという国際サーキットでは、マクラーレン650Sやポルシェ911 GT3、そして日産GT-R NISMOのラップタイムを抜いて、最速ラップタイムを更新しているとか。恐ろしい〜。

もう1台は日本でも話題のカムリ。もともとNASCARでの活躍もあってアメリカでは人気の車種だが、こちらはNASCARの2016年「デイトナ500」のチャンピオン、デニー・ハムリン選手が提案する1台。注文はひとつだけ。「常に勝てるクルマであること」。いやー、かっこいいけどクルマ作る人からしたらかなりの無茶ブリよ!?

ルックスはなかなかいい感じ。色遣いだけはアメリカ的な好みかも!?
ルックスはなかなかいい感じ。色遣いだけはアメリカ的な好み!? こんなエアロならほしい若者もいるかも

こちらも著名チューナーの「GMPパフォーマンス」を起用。20×10Jの「アメリカンレーシング」のホイールに、285/35R/20のタイヤを履いている。アメリカンホイールのスタンダードともいうべきホイールデザインだが、アメリカ育ちのカムリにはよく似合う。AEM製のパーツで吸排気のチューニングも施されているのだが、やはり150mmも拡幅されたど迫力のオバフェンがいいです。

こういうアメリカンホイールをはきこなせるのはカムリらしさ
こういうアメリカンホイールを履きこなせるのはカムリらしさ

 

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ