シビックがN-BOXの3倍で世界首位!! ホンダ 世界で売れてる車 ベスト10

 ホンダの売れ筋モデルといえば、かつてトヨタ カローラから販売首位の座を奪ったフィットや、今や日本で一番売れているN-BOXなど、軽やコンパクトが多い。では、世界販売ではどのホンダ車が一番売れているのか? なんと世界首位はシビックで、その台数はN-BOXの3倍超! ほかにも意外な車種がベスト10にランクインしていた。

文:ベストカーWeb編集部/写真:HONDA


日本でのホンダ販売ベスト10は?

 フィットやN-BOX、最近では小型SUVのヴェゼルなど人気モデルを持つホンダ。日本での軽自動車を含んだ販売ベスト10車種とその台数は次のとおり。

■ホンダ 2017年1-11月 販売台数ベスト10【日本】

1位:N-BOX/20万20台
2位:フリード/9万8900台
3位:フィット/9万833台
4位:N-WGN/7万642台
5位:ヴェゼル/6万923台
6位:ステップワゴン/4万240台
7位:シャトル/2万5871台
8位:オデッセイ/1万9107台
9位:N-ONE/1万2673台
10位:グレイス/8488台

(全国軽自動車協会連合会、ホンダ広報部データより作成)

 圧巻はN-BOXの人気っぷり。2位のフリード以下にダブルスコアの大差を付けての堂々1位。2位は定番のフィットを上回ったフリード。また、軽自動車のN-WGNがヴェゼルを凌ぐ台数で4位となっている。では、注目の世界販売ベスト10モデルとその台数は?

日本市場とガラリと変わる!! ホンダ世界販売1〜5位

1位:シビック/60万2983台

 世界で最も売れているホンダ車は、日本でも復活したシビック。日本発売は2017年10月からで、直近の11月単月販売台数は1088台。これを11倍しても約1万2000台だから、世界でいかに売れているモデルかがよくわかる。世界合計60万台超は、日本で一番売れているN-BOXの3倍超だ。

2位:CR-V/53万6963台

 2位は日本未発売モデルのCR-V。日本では2016年に生産終了となったものの、北米などではフルモデルチェンジを受け、5代目となる新型(写真のモデル)が2016年に発売済み。日本でも2018年に復活予定で、人気のミドルSUVだけに注目度大だ。

3位:ヴェゼル・HR-V/52万6272台

 登録車では日本でもベスト3に入るヴェゼルが3位にランクイン。北米や欧州ではHR-Vとして売られている。HR-Vといえば日本で1998年〜2006年まで発売されていた小型SUV。1代限りで絶版となったものの、今はヴェゼルに姿を変え、世界で人気のモデルとなっているのだ。

4位:フィット・ジャズ/39万3147台

 大本命と思われたフィットは、グローバルでは4位。北米では日本と同じフィットとして売られ、欧州やアジアではジャズの車名で販売中。日本を含めアジア諸国、北米、欧州など幅広い地域で販売されていることを考えると、シビックの予想以上の凄さが改めて際立つ。

5位:アコード/38万2164台

 日本ではトップ10圏外で1-11月期3122台と伸び悩むアコードながら、グローバルでは人気が際立ち5位にランクイン。北米仕様は、写真のとおり新型モデルでシビックに近いデザイン。エンジンは1.5Lと2Lのターボで、『日本で売られているアコード』とは違うモデルとなっている。

日本専売車が大健闘!! ホンダ世界販売6〜10位

6位:シティ/22万1340台

 6位にはシティがランクイン。かつてトールボーイとして一世を風靡した「シティ」の名は、主に東南アジア向けの小型セダンとして復活。日本で発売中のグレイスに準じたモデルで、欧米では販売されていない。

7位:N-BOX/20万380台

 7位には、なんと日本専売モデルのN-BOXがランクイン! 20万380台(=ホンダ公表値。冒頭の20万20台は軽自協集計値のため誤差があるもののほぼ同数)は、もちろんすべて日本で売れた台数。日本が誇る軽自動車は、世界でも売れ筋車種なのだ。

8位:ブリオ/13万3260台

 日本未発売モデル。フィットよりさらにひと回り小型のコンパクトカー、ブリオが世界8位にランクイン。タイ、インドなどをメインに販売され、北米、欧米では未発売の車種。全長は3.6m級とパッソ/ブーンとほぼ同サイズだ。

9位:パイロット/11万7583台

 続いても日本未発売モデル。世界8位は、ブリオとはうって変わって全長5m級のラージSUV、パイロット。北米を中心に、バーレーンなど中東でも販売されている。3.5L、V6エンジンを搭載し、トランスミッションは6AT、9ATを採用するホンダ最大の3列シートSUVだ。

10位:フリード/10万2862台

 世界ベスト10、最後の1台は日本で2位、登録車では1位のフリードがランクイン。日本販売の台数(9万8900台)を見てもわかるとおり、世界販売のうち9割強を国内が占める。ただ、完全な日本専売ではなく、香港など一部の国でも発売中だ。

※データはホンダ調べ

◆  ◆  ◆

 世界で売れているホンダ車は、日本でのそれとは予想以上に異なる顔ぶれ。“世界で最も売れているホンダ車”はシビックだった。

 いっぽう、軽自動車のN-BOXやほぼ日本専売のフリードがランクインするなど、“日本で売れているホンダ車”は世界規模でも売れている。海外シフトが叫ばれるけれど、日本の市場もまだまだ存在感が大きいのだ。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ