シビックがN-BOXの3倍で世界首位!! ホンダ 世界で売れてる車 ベスト10


 ホンダの売れ筋モデルといえば、かつてトヨタ カローラから販売首位の座を奪ったフィットや、今や日本で一番売れているN-BOXなど、軽やコンパクトが多い。では、世界販売ではどのホンダ車が一番売れているのか? 

 なんと世界首位はシビックで、その台数はN-BOXの3倍超! ほかにも意外な車種がベスト10にランクインしていた。

文:ベストカーWeb編集部/写真:HONDA


日本でのホンダ販売ベスト10は?

 フィットやN-BOX、最近では小型SUVのヴェゼルなど人気モデルを持つホンダ。日本での軽自動車を含んだ販売ベスト10車種とその台数は次のとおり。

■ホンダ 2017年1-11月 販売台数ベスト10【日本】

1位:N-BOX/20万20台

2位:フリード/9万8900台

3位:フィット/9万833台

4位:N-WGN/7万642台

5位:ヴェゼル/6万923台

6位:ステップワゴン/4万240台

7位:シャトル/2万5871台

8位:オデッセイ/1万9107台

9位:N-ONE/1万2673台

10位:グレイス/8488台

(全国軽自動車協会連合会、ホンダ広報部データより作成)

 圧巻はN-BOXの人気っぷり。2位のフリード以下にダブルスコアの大差を付けての堂々1位。2位は定番のフィットを上回ったフリード。また、軽自動車のN-WGNがヴェゼルを凌ぐ台数で4位となっている。

 では、注目の世界販売ベスト10モデルとその台数は?

日本市場とガラリと変わる!! ホンダ世界販売1〜5位

1位:シビック/60万2983台

シビック

 世界で最も売れているホンダ車は、日本でも復活したシビック。日本発売は2017年10月からで、直近の11月単月販売台数は1088台。

 これを11倍しても約1万2000台だから、世界でいかに売れているモデルかがよくわかる。世界合計60万台超は、日本で一番売れているN-BOXの3倍超だ。

2位:CR-V/53万6963台

CR-V

 2位は日本未発売モデルのCR-V。日本では2016年に生産終了となったものの、北米などではフルモデルチェンジを受け、5代目となる新型(写真のモデル)が2016年に発売済み。日本でも2018年に復活予定で、人気のミドルSUVだけに注目度大だ。

3位:ヴェゼル・HR-V/52万6272台

 登録車では日本でもベスト3に入るヴェゼルが3位にランクイン。北米や欧州ではHR-Vとして売られている。HR-Vといえば日本で1998年〜2006年まで発売されていた小型SUV。

 1代限りで絶版となったものの、今はヴェゼルに姿を変え、世界で人気のモデルとなっているのだ。

4位:フィット・ジャズ/39万3147台

ジャズ

 大本命と思われたフィットは、グローバルでは4位。北米では日本と同じフィットとして売られ、欧州やアジアではジャズの車名で販売中。

 日本を含めアジア諸国、北米、欧州など幅広い地域で販売されていることを考えると、シビックの予想以上の凄さが改めて際立つ。

5位:アコード/38万2164台

アコード

 日本ではトップ10圏外で1-11月期3122台と伸び悩むアコードながら、グローバルでは人気が際立ち5位にランクイン。

 北米仕様は、写真のとおり新型モデルでシビックに近いデザイン。エンジンは1.5Lと2Lのターボで、『日本で売られているアコード』とは違うモデルとなっている。

次ページは : 日本専売車が大健闘!! ホンダ世界販売6〜10位

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ