GT-Rが心配だ!! 発売から10年、進化が止まっていないか!?

 日産が世界に誇る「GT-R」。その性能の高さは折り紙付きで、2007年の登場以来、いまだに世界の名だたるスーパーカーと互角な性能を誇る。

 その陰には毎年のアップデートがあり、ニュルブルクリンクでのラップタイム更新など、明確な性能の高さを示してきた。

 もちろん生みの親の水野和敏氏が日産を去った後も進化は続いているが、ここにきて少し異変が起きている。2018年モデルの発表はあったものの、走りに関するアップデートがないのだ。

 盗難防止装置の改善、Apple CarPlayへの対応のみという進化に、GT-Rの今後が気になって仕方ない!! そんなBC編集部がGT-Rの今後を調べました

文:ベストカー編集部/写真:日産
ベストカー2018年1月10日号


■これまでGT-Rの進化は価格アップの価値があった

 2007年10月24日、東京モーターショーのプレスカンファレンスの場で正式にデビューが発表されたR35型GT-R。

 日本国内での発売開始は12月6日からとなったが、早いもので『日産GT-R』が誕生してから10年の歳月が経過したのだ。

 デビュー時のGT-R標準グレードの価格は777万円。正直これはずいぶんと安いと感じたものだ。最も高価なプレミアムエディションでも834万7500円だった。

 GT-Rは毎年のように何かしらの進化がある。ある年はサスペンションチューニングの細かいセッティングの見直しだったり、またある年はエンジンの改良だったり、また別の年にはボディまで含めた大がかりな改良だったり……。

 いわゆる「イヤーモデル」と呼ばれる改良、進化の足跡を辿ってきた。

 当初最高出力480ps、最大トルク60.0kgmでスタートしたVR38DETTエンジンは、2011年モデルで530ps/62.5kgmへ、さらに2012年モデルで550ps/64.5kgmへとパワーアップされ、ここ直近では2016年3月に発表、7月11日より国内販売が開始された2017年モデルで570ps/65.0kgmにまで引き上げられている。

 3回のエンジンスペック変更により、初期型と比べると最高出力で90‌ps、最大トルクで5kgmものスペックアップが図られたことになる。

 いっぽう価格の改定はこれまで6回実施されている。デビュー時の価格は前述のようにバーゲンプライスともいっていいものだったこともあり、デビュー2年後、2009年12月の一部改良による2010年モデルでは標準グレードの価格が84万円引き上げられて861万円となった。

 もっともこれはサスペンションチューニングの変更に加え、スペックV用のリアディフューザーを全車標準装着化するなど、それなりに手の入った結果でもある。

最後の"水野モデル"となった2013年型。エンジンのチューニングで中速域のレスポンス向上、サスペンションのリファインなどが行われている(ピュアエディション:875万7000円)
最後の”水野モデル”となった2013年型。エンジンのチューニングで中速域のレスポンス向上、サスペンションのリファインなどが行われている(ピュアエディション:875万7000円)

■MY2018は実質的な”走り”のアップグレードはなし!!

 さらに翌2010年10月には初めて外装の変更、エンジンパワーアップなども伴う大がかりなマイチェンを実施。

 これが2011年モデルとなるのだが、標準グレードに相当するピュアエディションの価格は869万4000円と、前年型に対して8万4000円の引き上げにとどめている。

 こうして進化と価格アップを繰り返してきたGT-Rだが、2017年11月16日に発表された一部改良=2018年モデルではついにピュアエディションの価格が1023万840円となり、全グレードが大台にのることとなった。

 これまで1000万円を切る価格設定としてきたGT-Rとしては「ついに1000万円オーバー」となったのだ。ところが前型=2017年モデルからの変更点は以下の2点のみ。

①国交省認可サッチャム欧州カテゴリーII 防盗システムを全グレード標準装着
②Apple Car Play全グレードで対応

 2017年モデルピュアエディションの価格は996万840円だったので、27万円の価格アップにもかかわらず……、だ。

 内外装に大きな変更はまったくないし、エンジンや足回りなども変更なし。うーん、これはGT-Rが進化の手を止めてしまったということなのか!? 

 デビューから10年を迎えて、次期型モデルが具体的に見えてきたという声もないなか、GT-R消滅へのカウントダウンなのか!? と心配になる。

昨年11月に発表された2018年モデル。27万円の価格アップに対してあまりにもその進化は小さい
昨年11月に発表された2018年モデル。27万円の価格アップに対してあまりにもその進化は小さい

■MY2016がスキップされた過去に関係は?

 ここ最近の変更で記憶に残るのが2013年11月に実施された2014年モデルだ。GT-R開発リーダーを務めた水野和敏氏が日産を定年退職したのち、水野氏の手を離れたGT-Rとしてシャシー、ボディなどに大きく手を入れたのだ。

 内外装やエンジンスペックの変更はなかったものの、乗り心地や操縦性に大きな変化が生じた。

 従来、「基本的なシャシーセッティングはベストなもの1つ」というコンセプトを貫いてきた水野氏の考えとは異なり、サーキットに特化させたNISMOをラインアップに加えるいっぽう、標準系は乗り心地を意識したセッティングとした。

 当然賛否両論はあろうが、GT-Rが大きく方向性を変化させたのが2014年モデルであった。

 次の大きな変更は2年後の2016年3月に発表され7月より販売開始となった2017年モデル。

 フロントマスクやリアスタイルも含めた外観が大きくリニューアルされ、エンジンパワーも引き上げられた。2014年モデルからの2ステップを経て、本格的にGT-Rへと姿を変えたのがこの2017年モデルといっていいだろう。

 この間、「2016年モデル」に相当するイヤーモデルはスキップされて存在していない。この時と同じ、ということなのか!?

 「商品計画の詳細をお話しすることはできません」と日産は公式には言うけれど、前回2016年モデルがスキップされた時には「GT-Rの開発をストップすることはありません。

 前年に大きな変更を実施しています。これはニューモデル開発に匹敵する大がかりなものだったので、わずか1年で次の変更をするという必要性がなかったということ。当然、次のステップに向けた開発は日々実施しています」と開発陣は言っていた。

 その回答が翌年に登場した2017年モデルだった。空力をより追求したボディ形状を採用し、シャシーも大幅に手を入れている。

 この大がかりな開発に時間を要した、ということだ。ならば、今回2018年モデルは事実上の『進化なし』だが、2019年モデルに向けた大きなステップアップを狙った開発が進行しているのか!? 動向を注視したい。

"匠"が手組みするエンジンなどGT-Rにしかできないことは多くある。10年培ったそのブランドをどう活かすか注目していきたい
“匠”が手組みするエンジンなどGT-Rにしかできないことは多くある。10年培ったそのブランドをどう活かすか注目していきたい

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ