新型ノートは絶好調ヤリスの牙城を崩せるか? e-POWER専売になって販売好調!?

 日産の人気コンパクトカー、新型ノートが2020年12月23日に発売された。約8年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型だが、シリーズハイブリッドの「e-POWER」専売となった。

 日産の意気込みを感じる一台だが、コンパクトカーカテゴリーには強力ライバルがひしめいている。トヨタ「ヤリス」とホンダ「フィット」だ。両者ともに2020年2月にフルモデルチェンジを行っており、その商品力も高い。

 先代型が人気を博していたノートだが、新型になってもその勢いを維持できるのか!? ライバルとの長所・短所を比較しながら、その勝負の行方を予想する。

文/国沢光宏
写真/編集部、NISSAN

【画像ギャラリー】フルモデルチェンジで見た目も走りも一新!新型ノートの全貌がコレだ!


■ディーラーは活況!先代型も優等生ポジションだったノート

 日産「新型ノート」の人気が高い。発売直前の週末、(自身が所有する)リーフの急速充電をするべく日産ディーラーに行くと、けっこうな賑わいとなっていた。営業マンに話を聞いたら新型ノートの商談が多いそうな。先代ノートからの乗り換え客だけでなく、他銘柄から入ってくる人も多いのだという。果たして新型ノート、絶好調状態のトヨタ「ヤリス」とガチ勝負できるだろうか?

シンプルがら走りのよさを感じさせるスタイリング、e-POWER専用車など、新しいキャッチフレーズ「やっちゃえ日産」を見事に具現化した戦略モデルになる予感

 以下しっかり分析してみよう。2020年11月は、軽自動車を含む販売台数はヤリスが5カ月連続でベストセラーになっている。参考までに書いておくと11月の登録台数は1万9921台。そのうち5ドアHB(ハッチバック)の「ヤリス」が9883台、コンパクトSUVの「ヤリスクロス」が1万38台といった具合。言うまでもなくノートのライバルはヤリスのほうだ。

最大のライバルとなると思われるヤリスは、ヤリスクロスやGRヤリスといった派生モデルを次々と追加し、新型ノートを万全の体制で迎え撃つ

 もう少し幅広いライバルで言えばホンダ「フィット」もトヨタ「アクア」も、ということになります。2017年の販売状況を見ると、このカテゴリーで最も売れていたのがノート。僅差でアクア。続いてフィット、ヤリスの先代にあたるヴィッツの順。アクアはモデル末期のため、当面ヤリスとフィット、ノートの激しいバトルになることだろう。

 ちなみに新型ノートの場合、e-POWER(日産式ハイブリッド)しかない。ヤリスとフィットの台数には普通のエンジンも3~4割含まれているため、本来なら圧倒的に不利。されど今や電動化車両が超追い風になっているし、ガソリン代まで含めた総合コストでハイブリッドは普通ガソリンエンジンより安価というバックボーンもあります。

 新型ノート、1位に返り咲けるだろうか興味深い。結論を出す前にライバルの分析からしてみましょう。まずヤリス/ヴィッツの売れ行きが伸び悩んでいた理由を挙げるなら、ライバルよりキャビンスペース狭かったためだと思う。ヴィッツは、ヨーロッパ市場のBセグメントとして開発されたためキャビンスペースを重要視していない。

 ほとんど同じ価格帯に属すノートやフィットと比べ、明らかにリアシートやラゲッジスペースが狭い。コンパクトなクルマほどキャビンスペースの広さを望む傾向だからして(軽自動車が好例)、迷ったらヴィッツは厳しい戦いになっていた。実際、先代ノートとヴィッツを乗り比べると、誰だって「ノート広くていいね!」になると思う。

 先代フィットも、先代ノートと同じくらい広いキャビンスペースを持っている。けれど先代フィットは、デビュー直後に不具合が多発した! 買った時期にもよるが、初期型だと6回ものリコールを出している。なかでもハイブリッドに不具合は集中しており、フィットをショッピングリストの載せるユーザーは激減したと考えていいだろう。

 というなかでe-POWERを売りにした先代ノートは弱点なく絶好調! トヨタの場合、コンパクトカーを買おうという人がディーラーチャネルの関係でアクアとヴィッツに割れたこともあり、何度もノートはコンパクトカークラスのベストセラーになったワケです。3年前はノートにとってすべて追い風だったと言い換えてもよかろう。

e-POWER追加で、2018年度乗用車ブランド別新車販売台数(軽自動車を除く)No.1を獲得するなど最近の日産車の販売を牽引してきた旧型ノート

■価格以外はライバルに勝る高評価! カテゴリートップを獲得する実力はあり

 長い前置きになった。アクアを除く3車種が新型になった今、売れるのはどのモデルかということです。それぞれ弱点を挙げてみたい。ヤリスについて言えば、やはりキャビンスペースの狭さだと思う。なかでも厳しいのはリアシート。大柄な男性だとレッグスペース足りず、ヒザがフロントシートの背もたれに突き刺さる感じ。

 フィットはデザインの評価が低い。確かにTVのCM見たって「見に行こう」というスイッチは入らないです。実際、来客が少ない最大の理由になっているようだ。そして試乗すると「凄いね!」というブブンも少ない。アクセル開けた時のレスポンスは3モデルで最も鈍く、走る楽しさ薄め。「華がない」と言い換えればわかりやすいと思う。

ガチのライバルとなるヤリス、フィットも2社の持つハイブリット技術が投入された最新モデル。ここにノートも加わったことで2021年の新車販売争いは激しいものになりそうだ

 新型ノートで弱点とされているのが価格である。自動ブレーキなど安全装備は全グレードに標準装備しているものの、運転支援機能プロパイロットを付けようとすると最上級グレードだけのオプション設定になったり、LEDヘッドライトもオプションだったりと、案外高いクルマになってしまう傾向だ。ある程度割り切った装備に押さえなければならない。

 といった点を踏まえて、ノートの競争力を評価してみよう。まずコンパクトカーでニーズの高い「広いキャビン」は余裕の合格。広いと言われるフィットに勝るとも劣らないスペースを確保しており、ヤリスと並べて評価すると普通なら「ノートでしょう!」と思うハズだ。リアシートを使う頻度が高い人だったら迷わないでしょう。

ナビ画面と連続性のあるフル液晶モニターのインパネ、コンソールとの連続感が特徴のセレクトレバー部など、内装にも新生日産の息吹を随所に感じるノート。後席も十分な広さを確保!

 走りはフィットが厳しい。アクセルを開けた時の加速感でヤリスに負け。大容量バッテリーを搭載するノートは追い越し加速のスペックからするとヤリス以上。街中の速度域だと、圧倒的にノート優位だと思う。

 ノートの開発チームによれば、「走り出した瞬間、誰にでもハッキリ元気のよさをわかってもらえる性能にしました」。

 走りでも使い勝手でもノート優位だと思う。燃費のみヤリスがダントツに優れているものの(例えばフィットやノートでリッター25km/Lの使い方ならヤリス28km/Lといったイメージ)、25km/L以上走れば十分以上にいいと判断するなら、広さや走りを総合して評価するといい勝負という判断になるかもしれません。

 ノートにとって最大の弱点は価格でしょう。プロパイロットやLEDヘッドライト、純正ナビ、ブラインドスポットモニター、革巻きハンドル等々アレコレ付けていくと300万円に届いてしまう。ノートを買うのなら必要な装備を吟味する必要がある。といったことを考えても、この3車種の中じゃカッコいいし存在感も高い。

しばらくはヤリスと好勝負するくらい売れると予想しておく。

【画像ギャラリー】フルモデルチェンジで見た目も走りも一新!新型ノートの全貌がコレだ!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型WRX S4 今秋登場確定情報入手! |ベストカー2月26日号

 ベストカー2月26日号が、本日発売。 巻頭を飾るスクープは、今秋登場するスバルの新型WRX S4です!   現行型が1月24日に受注終了となったことで、新型はどうなってるのか不安に思っておられるかもしれませんが、ご安心ください。ベストカー…

カタログ