なぜレヴォーグが2020年新車のなかで一番評価されたのか?

なぜレヴォーグが2020年新車のなかで一番評価されたのか?

 2020年も多くの新型車が登場した。スズキの2代目ハスラーやダイハツの意欲的な軽SUVタフト、大ヒットSUVとなったライズやハリアー、ヤリスシリーズ、そしてホンダからは同社初の量産型EVであるHonda eやフィット、その中で「この年を代表する1台」として日本カー・オブ・ザ・イヤーの大賞を獲得したのはスバルの新型レヴォーグだった(選考対象車は13車種)。

2019年11月から2020年10月末までに発売された国産車
2019年11月から2020年10月末までに発売された国産車

 多くの話題車、ヒット車が登場した2020年は「豊作」と言えるのだろうか。そしてその中で「この年の1台」に選ばれたレヴォーグは、その栄冠にふさわしい性能だったのか。2020年に登場した新型車を総括していただくべく、国沢光宏氏に分析をお願いした。

文/国沢光宏

【画像ギャラリー】 2020年は「豊作」だった? ヒット車多数の主なデビュー車たち


■2020年は登場車種13台、2015年は24台

 2015年の日本COTY(カー・オブ・ザ・イヤー)の対象車は、国産車だけで24モデルもあった(編集部注/大賞受賞車は「マツダ ロードスター」)。それ以前も大雑把に言って平均20モデルといったイメージ。1年間に新型車&新エンジン搭載車が24車種も発売されてたということです。けれど2016年になるとわずか9車種。以降、2020年までずっと10~13モデルという”不作”の年が続く。

5年前の2015年は24車種もの新型車が登場。その中で「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の大賞を受賞したのは、現行型ロードスターだった
5年前の2015年は24車種もの新型車が登場。その中で「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の大賞を受賞したのは、現行型ロードスターだった

 とはいえ2015年当時は、野球に例えれば「とにかく振っていけ!」みたいな状況だったように思う。車種を見るとN-BOXスラッシュやSX4-Sクロス、ホンダ・ジェイドに代表される、デビューしたときから「厳しいでしょう!」みたいなクルマが少なくなかった。かたや最近の傾向は「新型車を出すなら厳選して」。内容的には濃い。

 しかも軽自動車とアメリカ市場向けモデルを除き、日本の2020年CAFE(企業平均燃費規制)とヨーロッパの2021年CAFEに対応しなければならないため、今までよりワンランク燃費を向上させなければならない。ヤリス3兄弟はトヨタのヨーロッパ戦略車種として開発されたモデルだし、フィットも日本CAFEのため重要なモデルです。

次ページは : ■60名中25人が1位に、23人が2位に

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!