トヨタ「GRスープラ」がまさかオープンカーに!「スポーツトップ」の市販化も期待したい!?


 2019年、17年振りの復活を果たしたトヨタ スープラには、今なお絶大な人気を誇る先代『A80型スープラ』のディテールが巧みに取り入れられている。そんな新型をベースに、アイコニックな特徴を与えたカスタマイズモデル『GRスープラ スポーツトップ』が、米国トヨタにて制作された。

 それは懐かしの「エアロトップ」仕様である。着脱可能なルーフを与えることで、気軽にオープンカーの開放感が味わえるスープラ・エアロトップの魅力が再現されたのである。米国トヨタが提案する新たなスープラの制作の裏側と魅力を紹介しよう。

文/大音安弘
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】一度は生で見てみたい! GRスープラ・スポーツトップとヘリテージエディションを写真でチェック!!


■SEMAショーの応援メッセージを込めたカスタマイズ・スープラ

SEMA360オンラインイベントで発表された2台のGRスープラ。白いボディのスポーツトップ(写真手前側)、赤いボディのヘリテージエディション(写真奥側)

 トヨタは、2020年12月21日に、米国にてカスタマイズカー『2021 GRスープラ スポーツトップ』をオンラインにて発表した。ホワイトのボディにブラックルーフの組み合わせは、スープラ初の2トーンスタイルとなるが、同時にルーフを取り外すと、秘めた情熱を連想させる真っ赤なインテリアが覗く。なんともお洒落な仕様である。

スープラ伝統のスポーツトップは、Tバールーフのようなセンターバーはなく、見渡す限りのオープンエアーが広がる。ワンオフで制作された左右2つのルーフパネルは、トランクに収納可能

 このカスタマイズ・スープラは、依然として世界で猛威を振るう新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、開催中止が決定された世界最大級のカスタマイズカーイベント「SEMAショー2020」の応援メッセージを込めて発表されたもの。

 2020年のSEMAショーは、「SEMA360」と名付けたオンライン形式のショーケースとして開催。トヨタもSEMA360を通じて、4台のカスタマイズを発表した。今回のお披露目は、その第2弾となり、アメリカのカスタイズ文化の象徴するSEMAショーの継続を願うトヨタの想いが込められている。

■人気のヘリテージエディションを発展!

 カスタマイズモデル「2021 GRスープラスポーツトップ」は、新たに制作されたモデルだが、SEMAショー2019で大きな反響を呼んだ「2020GRスープラヘリテージエディション」と共通のアイコンが与えられているのも特徴だ。

アメ車的佇まいのスポーツトップ(写真左側)。A80スープラをオマージュして制作された、ヘリテージエディション(写真右側)

 ヘリテージエディションは、1990年代に活躍したA80型スープラのディテールを取り入れ、チューニングとカスタマイズを行ったスープラだ。

 その特徴的なアイテムとして、丸目3灯式テールランプやアーチ形の大型リヤウィングが挙げられる。さらに前後の専用ディフューザーを与え、搭載される3.0Lの6気筒ターボエンジンは、最高出力を500ps以上まで高めるチューニングが加えられていた。

 スープラスポーツトップは、そのアイコニックなエクステリアをそっくり受け継ぎながら、着脱式ルーフを与えたものとなる。しかし、着脱式ルーフ仕様となるため、6気筒エンジンのチューニングについては言及されておらず、標準車に準ずるスペックようだ。ただヘリテージエディションの特徴となるでもあるリヤディフューザーは、新設計することで効率を向上。さらにセンターマフラーや足回りについては、ヘリテージエディション同様の仕上げが施されている。

次ページは : ■ただのルーフカットモデルにあらず……

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ