エンジンルームで子猫誕生!? 「猫の日」にJAFが猫救援依頼数を発表


■1ヶ月で19件、寒くても、暖かくなっても注意!!

 「猫の日」(2月22日)に向けて、JAF(一般社団法人日本自動車連盟)が、「猫」にまつわる救援依頼数や注意喚起を発表した。

 JAFによる発表は以下のとおり。(※本企画使用写真はすべてイメージ写真です)


● 2018年1月の「猫が原因」による JAF出動回数は19件

 1月1日〜31日までのJAF救援出動のうち、猫が原因のものは19件だった。うち13件が「エンジン始動後に異変に気づき連絡した」というもの。

 JAFでは「猫ばんばん」を推奨しており、乗車前にボンネットを叩いて、愛車周りにひそむ猫への注意喚起をうながしている。

 なお同期間(2018年1月)のJAFロードサービス実施状況は22万8020件(うち二輪車向けは5537件)。出動理由のトップ3は1位/過放電バッテリー(7万5121件)、2位/タイヤのパンク、バースト、エアー圧不足(2万8132件)、3位/落輪、落込(2万5495件)。

次ページは : ●「寒い時期」だけじゃない 沖縄でも猫による救援依頼