電動化まであと9年! マツダのクリーンディーゼルは生き残れるのか?


 クルマ好きのユーザーから高い人気を得ている日本車メーカーとしてマツダが挙げられる。スカイアクティブ技術と魂動デザインにより、運転の楽しい数々のクルマを手掛けてきた。

 そして、近年のマツダの成長を担ってきたのは、クリーンディーゼルエンジンといっても過言ではないだろう。しかし、そのクリーンディーゼルエンジンが苦境に立たされている。2030年に東京都、2035年から政府が、電動化政策を推し進めているからだ。

 そもそもクリーンディーゼルエンジンは、ハイブリッドと並んで環境性能に優れたエンジンではなかったか。なぜクリーンディーゼルエンジンが苦境に立たされることになったのか?

 マツダは欧州市場でマツダ6のクリーンディーゼル搭載車の販売を終了し、北米市場ではわずか1年あまりでCX-5のクリーンディーゼル搭載車の導入を終えた。

 この先、マツダのクリーンディーゼルエンジンは生き残れるのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】もう買えなくなる? 今日本で販売されているクリーンディーゼル車


クリーンディーゼルエンジンをいま一度考える

写真はマツダのスカイアクティブDエンジン。日本では2012年の初代CX-5発売を皮切りにクリーンディーゼルのラインアップを拡大してきた

 クリーンディーゼルエンジンは、実用回転域の駆動力が高く、燃費性能も優れている。しかも軽油の価格は、レギュラーガソリンに比べて1L当たり約20円安い(燃料の本体価格は軽油のほうが高いが、税額の違いで安く買える)。

 税制的にもクリーンディーゼル車は、クリーンエネルギー自動車に位置付けられ、2020年度までは購入時に納める環境性能割と自動車重量税が徴収されない。

 このようにクリーンディーゼルターボは、ユーザーにとってメリットが多い。燃料代は同サイズのハイブリッド並みに安く、前述の通り動力性能は上まわるから、競争力の優れたエンジンでもある。

 クリーンディーゼルターボに力を入れるマツダでは、排気量も1.5L、1.8L、2.2Lの3種類を用意して、車種に応じて使い分ける。搭載車種はコンパクトカーのマツダ2(旧デミオ)から、LサイズSUVのCX-8まで幅広い。マツダでディーゼルを搭載しないのは、MX-30、ロードスター、OEM車のみだ。

 マツダはMX-30にマイルドハイブリッドを搭載したが、運転の楽しさに重点を置いたスポーティな性格を考えると、クリーンディーゼルターボの親和性が高い。かつてアクセラにトヨタ製ストロングハイブリッドを搭載したが、売れ行きが伸び悩み、クリーンディーゼルターボに特化した経緯もある。

マツダの回答は「クリーンディーゼル車の販売は全面的に撤退するわけではない」

北米市場ではCX-5クリーンディーゼルの販売が振るわず、現地から撤退することになった
もともとクリーンディーゼルが人気だった欧州でも、2020年10月いっぱいでマツダ6クリーンディーゼルの販売を終了することが決まった
2020年11月9日に発表されたマツダ中期経営計画見直しを見るとしっかりSKACTIV-Dの制御Updateという内容が見える
2020年11月9日に発表されたマツダ中期経営計画見直し。クリーンディーゼル車のラインアップは残しつつ、新しいSKYACTIV-Xエンジンの開発を進めていく見通し

 ディーゼルエンジンは、もともと欧州市場で人気が高く、マツダもクリーンディーゼルターボを代表技術に位置付けたが、最近は欧州で大気汚染が問題視されるようになった。排出ガス規制が厳しくなったこともあり、欧州ではディーゼル車が人気を下げている。

 その結果、マツダは欧州でマツダ6のディーゼルの販売を終えると決めた。マツダ3のエンジンも、欧州では2LのガソリンとスカイアクティブXのみだ。ディーゼルの後継がスカイアクティブXという見方もできるが、メカニズムが複雑だから価格も大幅に高い。

 北米市場においても、2019年7月にCX-5のクリーンディーゼル車を投入していたが販売が振るわず、1年あまりで撤退することになった。

 今後のクリーンディーゼルターボについてマツダに尋ねると、以下の返答であった。

 「マツダ車が搭載するエンジンは、各地域のニーズに合わせて決めている。新しいスカイアクティブXを導入する一方で、従来からのディーゼルやガソリンエンジンの開発も進めている。ディーゼルの供給を抑えるようになった地域もあるが、全面的に撤退するわけではない」。

次ページは : クリーンディーゼルの優遇税制がなくなる!?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ