スズキ ジムニー 48年の“ブレない”歴史 新型登場で知りたい!

 年内に4代目の新型が発売するジムニー。今回のフルモデルチェンジは、実に20年ぶりの刷新だ。そして、ジムニーは2018年4月で生誕48周年を迎える。

 約50年という歴史を持つ車自体数えるほどしかないが、さらに驚くべきは、現代まで同じコンセプトを維持し続けていること。

 新型でもそのコンセプトは変わらないという。そんな新型の登場に先立ち、ジムニーが持つ48年の“ブレない”歴史を改めて振り返る。

 新型ジムニーや現行型ジムニー関連記事は本稿末尾をご参照ください。

(※燃料タンク容量に一部誤記がありましたので修正しました。大変失礼しました。 2018.3.17 17:45)

文:片岡英明
写真:池之平昌信、SUZUKI


48年前、360cc時代に登場した軽4WDの先駆け

初代ジムニー【1970~
初代ジムニー【1970~1981年】/写真は初期モデルのLJ10型。まさにミニジープという出で立ちだ

 スズキが1970年春に送り出した世界最小の本格派クロスカントリー4WDがジムニーだ。

 ボディサイズや排気量に制約がある軽自動車という枠のなかで、まとまりのいいデザインを採用した。

 また、ハイ/ローの副変速機を備えた本格的な4輪駆動システムも特徴のひとつだ。歴代のジムニーは、オフロードや雪道で卓越した走破性能と踏破性能を誇っている。

 その最初のモデルがLJ10型だ。エンジンはキャリイL40(4代目)に積まれている359ccの空冷2サイクル2気筒(FB型)を搭載した。

 トランスミッションは4速MTだ。ちなみに副変速機にPTOと呼ぶ動力取り出し装置を組み込んだPTOウインチをオプション設定している。登坂能力は27.5度、最高速度は75km/hだった。

 フレームは強靭な梯子型のラダーフレームだ。サスペンションは前後とも半楕円リーフスプリングのリジッドアクスルで、これは1990年代まで基本構造を変えることなく採用されている。

 タイヤは悪路走行を意識した大径の16インチだ。脱着可能な幌を採用し、フロントウインドウは前に倒すことができた。最初は運転席の後ろに簡易的なリアシートを備えた3人乗り仕様である。

 1972年5月には水冷エンジンを積むLJ20型に進化した。また、幌タイプに加え、快適なルーフ付きのバンタイプも登場する。

 1975年には待望の4人乗り仕様が誕生。1976年4月には新規格に合わせ、539ccのLJ50型2サイクル3気筒エンジンを搭載している。

モダンさも手に入れた2代目

2代目ジムニー【1981~1998年】/写真は1986年登場のJA71型。17年間に渡り販売されたモデル
2代目ジムニー【1981~1998年】/写真は1986年登場のJA71型。乗用車としての性能も向上させつつ、1998年の軽規格改正まで販売された

 ジムニーは1981年春に初めてモデルチェンジを行った。実用一点張りのデザインからモダンなデザインに変わっている。1986年には4サイクル3気筒エンジンを仲間に加え、パワフルなEPIターボ車も登場した。

 翌年にはインタークーラー付きターボに進化させている。1990年春に規格改正により排気量657ccのF6A型直列3気筒SOHCターボを積んだ。

 後期モデルでは3速AT車や5速MTが加わる。1995年11月には初めて乗用車仕様を送り込み、このときにK6A型直列3気筒DOHC4バルブターボに換装した。

 サスペンションを4輪リーフからコイルスプリングによる3リンク式リジッドアクスルとしたのもこのときだ。

伝統を継承。現行型は約20年経っても「現役」

3代目ジムニー【1998年~】
3代目ジムニー【1998年~】/写真は最終特別仕様車のランドベンチャー。新軽規格に対応しつつも、伝統のラダーフレーム構造を維持。3代のなかで最も長く売られたモデルとなる

 3代目ジムニーは1998年10月に登場した。エクステリアは、先にモデルチェンジしたシエラの後継、ジムニーワイドと似ている。

 伝統のラダーフレームはホイールベースを220mmも延ばした。ボディサイズは2代目よりも大きく、安全性能も大幅に向上させている。

 フルメタルボディだけと割り切り、主役となるのはワゴンだ。キャビンの居住空間も広がり、快適性を大幅に高めた。

 駆動方式はハイ/ローの2段切り替え式トランスファーを装備するパートタイム4WDだが、2代目の最終モデルに採用したドライブアクション4×4を受け継ぎ、走行中でも2WDと4WDの切り替えを可能にしている。

現行型のリアシート。大人でも短時間の移動なら充分許容する居住性と持ち味の走破性を両立させている
現行型のリアシート。大人でも短時間の移動なら充分許容する居住性と持ち味の走破性を両立させている

 エンジンは総アルミ製のK6A型3気筒DOHC4バルブターボで、排気量は658ccだ。トランスミッションは5速MTのほか、新たに電子制御4速ATを設定した。

 サスペンションは、前後とも3リンクにコイルスプリングを加えたリジッドアクスルだ。

 3代目では同軸上にあったショックアブソーバーとスプリングを別軸に変更した。その効果は大きく、舗装路ではしなやかな乗り心地と軽快なハンドリングを実現している。

 サスペンションが軽やかにストロークし、コーナーでも踏ん張りがきく。ロールは許すが、したたかな接地フィールだ。

 3代目から標準装備された電動パワーステアリングも軽く扱いやすい。初期モデルより操舵時の正確性が高められている。

 ストローク感たっぷりの良質な乗り心地も特筆できるところだ。舗装の継ぎ目やギャップを通過しても衝撃を上手に吸収する。一般道では2WD走行だし、燃料タンクも40Lと大きいからロングドライブでも安心感があるだろう(ワゴンRで27L)。

◆  ◆  ◆

 時代とともに進化し、変わってゆくのが工業製品である車の宿命。いっぽうで、時代は変わっても、変わらない価値もある。ジムニーは、変わらない価値の大切さに気づかせてくれる、数少ない現代の車なのかもしれない。

 今年7月デビュー予定の新型ジムニー情報や関連記事はこちら。

スズキ次期ジムニーに新情報キャッチ! 「シエラ」も登場!!

やっぱりジムニー最強説! 現行型試乗で実感した唯一無二の価値

惜別現行型ジムニー!! ジムニーが新型にチェンジする事情、そしてパジェロミニという唯一のライバルをふり返る

新型ジムニーの予想CG。これまでのジムニーのコンセプトを守りつつ、正統進化で登場する
新型ジムニーの予想CG。これまでのジムニーのコンセプトを守りつつ、正統進化で登場する

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ