得なのか、損なのか!? 騙されないための特別仕様車選び

 車には、同じ車種でも複数のグレードが用意されている場合がほとんど。なかでも常時用意されているグレード以外に、期間を区切って販売されるのが「特別仕様車」だ。お得なイメージが強い特別仕様車だが、実は少し割安なだけでは「得」ではないケースもあるという。また、特別仕様車だった先代スイフトRSのように、好評から“特別仕様”のはずが、モデルチェンジまで売り続けられたというケースも。さまざまな形があり、実に奥が深いのが特別仕様車の世界なのだ!

文:渡辺陽一郎
ベストカー2018年4月10日号


見極め点は「追加装備と価格上昇」

C-HR S“LEDエディション”(267万円)/LEDヘッドランプは上級グレードのみに15万1200円でオプション設定されるが、LEDエディションは2万4000円の上乗せで装着した。外装品も含めて16万円相当の装備が加わり、13万6000円も割安だ
C-HR S“LEDエディション”(267万円)/LEDヘッドランプを2万4000円の上乗せで装着。外装品も含めて16万円相当の装備が加わり、13万6000円も割安だ

 多くの特別仕様車は、安価なグレードに上級グレードの装備、あるいはオプション設定される装備を標準装着して、価格上昇を少額に抑えたタイプが多い。

 従って特別仕様を見極めるには、追加された特別装備と、ベースのグレードと比べた時の価格上昇を確認したい。

 例えば、トヨタC-HRのS・LEDエディションは、Sにオプション価格15万1200円のバイビームLEDヘッドランプ、LEDクリアランスランプなどを加え、前席側のアウトサイドドアハンドルはメッキ仕上げにした。

 これらのプラスされた装備の価格換算額は、総額16万円相当になるが、特別仕様車の価格アップは2万4000円に抑えている。LEDヘッドランプなどをオプションで装着するよりも13万6000円安いのだ。

 このように特別仕様車の割安度は「特別仕様車に追加された装備の価格換算額-特別仕様車とベースグレードの価格差=割安価格」という具合に算出される。割安価格が多いほど買い得だ。

 装備の価格換算は難しいが、オプションの価格、あるいは特別装備を標準装着した上級グレードと非装着グレードの価格差などから割り出せる。上級装備が割安に備わる特別仕様車を選びたい。

いくら割安なら得な特別仕様車なのか?

エクストレイル 20Xiハイブリッド(307万1520~327万7800円)/20Xに28万5000円相当の装備を加えて価格上昇は25万4880えんだが、割引率は10%にとどまる
エクストレイル 20Xiハイブリッド(307万1520~327万7800円)/20Xに28万5000円相当の装備を加えて価格上昇は25万4880えんだが、割引率は10%にとどまる

 ただし、特別仕様車に装着される特別装備は、オプションと違って選択の自由がない。そのため、特別装備にはせめて値引きがないと買い得とはいえない。目安はオプション価格の85%くらいだ。

 例えば、特別仕様車にオプション価格が10万円の特別装備が装着されたら、ベース車と比べた時の価格上昇は、8万5000円以下でないと買い得といえない。つまり、15%程度は値引きされて当然だが、それが10%前後の買い得ではない特別仕様車も多い。

 また、特別仕様車の購入を検討する時は、特別装備の内容も入念に確認する。いくら割安に装着されても、用途や好みに合わない装備では選ぶメリットが乏しいからだ。

 判断に迷うのは、エアコンのオート機能+上級シート表皮+LEDヘッドランプ+アルミホイールという具合に複数の装備が加わり、不要な装備も混ざっている場合だろう。

 このような時は、欲しい装備をオプション装着した買い方と、特別仕様車で支払い総額を比べるべきだ。

 上級グレードのみに装着されるオプション対象外の装備を加えた特別仕様車もある。特別装備に魅力を感じたなら、特別仕様車を選ぶことになるが、欲しい装備と価格上昇のバランスは確認したい。

特別仕様車は販売のカンフル剤

セレナ ハイウェイスターVセレクション(293万4360-319万4640円)/必要性の高い3列目のスライド機構など27万円相当の装備を追加。価格上昇は25万5960円でさほど安くないが、選ぶ価値はある
セレナ ハイウェイスターVセレクション(293万4360-319万4640円)/必要性の高い3列目のスライド機構など27万円相当の装備を追加。価格上昇は25万5960円でさほど安くないが、選ぶ価値はある

 通常、特別仕様車は3カ月から1年で完売するが、車種によっては継続設定され、従来のグレードの一種のようになる。

 例えば、セレナの「X・Vセレクション」と「ハイウェイスターセレクション」がそれだ。特別仕様車とグレードの区分が曖昧になっている。

 セレナの場合、Vセレクションを割安にして、なおかつプロパイロットなど人気の上級装備をオプションで用意した。Vセレクションは割安なので、この特別仕様車が廃止されると、通常グレードのほうは割高に感じてしまう。

 言い換えれば、多くのユーザーがVセレクションを選ぶように誘導しているわけだ。そうなれば生産を集中できて、メーカーにとって効率がいい。

 特別仕様車が設定される背景には理由がある。その筆頭に挙げられるのは、売れゆきに不安が生じた時の対処だ。

 新型車が好調に売れている時に特別仕様車を設定することはない。発売から時間が経過したり、売れゆきが伸びない時、あるいは強力なライバル車のフルモデルチェンジが迫っている時などに特別仕様車は用意される。

 従って特別仕様車は、人気動向のバロメーターにもなり得る。特別仕様車が発売されたら、販売面で何か不安な要素があるのだ。

“不親切さ”解消狙い設定する場合も

デミオ 13Sテーラードブラウン(171万7200-192万2400円)/ベース車から内装色を変更し、シート生地も上級化。価格上昇は3万7800円だが、内装の変化に魅力を感じないと選ぶ価値がない
デミオ 13Sテーラードブラウン(171万7200-192万2400円)/ベース車から内装色を変更し、シート生地も上級化。価格上昇は3万7800円だが、内装の変化に魅力を感じないと選ぶ価値がない

 装備や価格に問題があり、是正する目的で特別仕様車を設定することもある。C-HRは、前述のようにLEDヘッドランプが上級グレードだけにオプション設定され、この価格が割高だ。

 しかも、ベーシックなSとS-Tではハロゲンランプしか選べず、この不親切さを解決するために発売から約11カ月後にLEDエディションを用意した。

 C-HRは趣味性の強いSUVだから、ハロゲンランプで満足するユーザーは少ない。そうなると従来は、価格が最も安い買い方でも、G-TのLEDヘッドランプ装着車になって合計額は約293万円だ。

 しかし、特別仕様車のS-T・LEDエディションなら約254万円だから、価格が約40万円下がる。C-HRのLEDエディションは価格も割安だが、それ以上にLEDヘッドランプの設定上の不満を解消した効果が大きい。

 いっぽうで、特別仕様車にはデミオのテーラードブラウンのような、内外装の色彩やシート生地を変更したタイプもある。

 実用装備はほとんど加わらないから、純粋な趣味性で選ぶ特別仕様車だ。価格は少額でも値上がりするから、内外装が好みに合わないと価値は乏しいといえる。

 特別仕様車を選ぶ時は、まず特別装備が自分の使い方や好みに適しているかを確認したい。この判断で合格したら、次はベースのグレードを明らかにする。

 「何が装着されて、価格はベースのグレードに比べてどの程度上乗せされたのか」を見る。このチェックにも合格したら、選ぶ価値の高い特別仕様車だ。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ