日本の高級車を目指すべき!? レクサスがベンツ&BMWに対して足りないモノ

■レクサスは「日本で求められる価値」を磨く必要がある

レクサスの最上級セダンはLS。かつて日本ではセルシオとして誕生した原点に戻り、日本で何が求められているかを知り、それを磨くこともレクサス流の回答のひとつかもしれない
レクサスの最上級セダンはLS。かつて日本ではセルシオとして誕生した原点に戻り、日本で何が求められているかを知り、それを磨くこともレクサス流の回答のひとつかもしれない

 クルマについても同様のことが言える。基本性能を高めることは必要だが、何もメルセデスやBMWと同じ性能を持つ必要があるだろうか。

 日本とドイツではクルマの使われ方は大きく違う。メルセデスやBMWは本国でのクルマの使われ方を理解し、操安性や基本性能を高めた。

 メルセデスやBMWがブランド発足直後にこだわったのは、自分たちにしかできないクルマ作りだ。今までよりも安全性の高いクルマをメルセデスが、気持ち良く運転できるクルマをBMWが作り上げてきた。これが今日まで続いている両社のイメージにもつながっている。

 レクサスがメルセデスやBMWのようなブランドになるためには、本国(日本)で求められるクルマを知る必要がある。初代LS(セルシオ)を登場させたときには、自然と出来ていた考え方だ。
 
 今日のレクサスに足りないものは、まぎれもなく自国への愛情だろう。

 レクサスが日本に目を向けて、レクサスの形を作り上げることが、メルセデスやBMWになるために必要なことだろう。日本車の長所を磨き、世界の常識を覆した初代LSでの成功体験を、今に生かしてもらいたい。

【画像ギャラリー】レクサスはドイツ勢に追いついていないのか!? レクサスとベンツ&BMWの違いとは!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します