トヨタにさらなる大物SUVあり? ノートに派生車種登場!!? ほか国内最新情報大放出!!!


 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 2020年の新車販売台数は459万8615台で前年比11.5%減。トヨタも6.4%減と前年を下回ったが、登録車のシェアでは50%を突破した。

 そんななか、トヨタはSUVのニューモデルにまだ伏兵が!? また日産もノート派生新型車を予定との報も。

 ほか、ホンダの2021年ラインナップ、トヨタディーラーのオプションプレゼントキャンペーンなどの情報も合わせてお伝えする!

※本稿は2021年1月のものです
文/遠藤 徹、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2021年2月26日号

【画像ギャラリー】2021年はこの2台が主役…!? 新型ヴェゼル&新型ノートをギャラリーでチェック!!!


■トヨタのSUVラインナップにはまだ「本命」があるかも???

 トヨタは今夏~秋にも新小型SUV「カローラクロス」を発売し、次いで2022年にはランドクルーザープラドをフルモデルチェンジする予定ですが、トヨタの次世代SUVラインナップはこれだけにとどまらないようです。

 ラグジュアリークラスではクラウンベースのSUVを2022~2023年頃に投入、小型車ではシエンタベースSUVなども投入に向けて開発を進めているといわれます。

 この2台についてはまだ「噂」レベルであり、続報が入り次第あらためてお伝えしますが、発表まで漕ぎ着けられれば、ラグジュアリー、アッパーミディアム、ミディアム、コンパクトなどと、きめ細かいクラス分けをして、それぞれのクラスに街乗り志向とオフロード志向の2つのタイプを用意し、フルラインナップ体制を目指すと思われます。

 従来の乗用車から派生させる場合、車名は「ヤリスクロス」や「カローラクロス」のように、「クラウンクロス」、「シエンタクロス」と“クロス”の名称を冠することになり、登録台数は各基幹モデルに組み入れられることになりそうです。

2022~2023年に投入されると伝えられるクラウンベースのSUV(画像はベストカー編集部による予想CG)

■日産、今春ノートベースの派生ハッチバック車を発売

 日産は今春にノートベースの新型ハッチバック車を発売する見込みです。

 現行ノートの全幅を1750mm程度にアップし、その分室内幅も拡大。外観や内装を豪華にして、プレミアム感を持たせたモデルになる模様です。

 パワーユニットはノートと同じ1.2L e-POWERを搭載します。2WD車と4WD車を用意し、さらにオーテック仕様もラインナップします。

 車両本体価格はノートより40万~50万円ほど高い、270万~350万円程度の設定となります。

 トヨタのカローラスポーツ、ホンダのシビック、スバルのインプレッサスポーツ、マツダ3ファストバックなどと競合させるモデルとなり、「ノート」のネーミングを冠するかどうかはまだ明らかになっていません。

2020年12月に新型ノートを発売した日産だが、このノートがベースの新型派生モデルが今春にも登場するという情報が入ってきた。写真は新型ノート

次ページは : ■日産は今年、登録車2位の座を奪還できるか?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ